ソールカバーとニットケースの違い、おすすめも紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

皆さんはスノーボードの板を何に入れて移動していますか?いちがいに移動中のボードケースと言っても電車移動と車移動、バス移動と様々だと思いますが、今回は車での移動時にとても便利なソールカバーとニットケースについてお話しさせていただきます。

車での移動の際やボードケースに収納する際にもボードのエッジで他の物を切らない予防や、スノーボードを衝撃から守ってくれるソールカバー、ニットケース。また、オフシーズン中でもスノーボードのソール面(滑る面)の酸化防止もしてくれるので、必ず1枚は持っておきたいカバーです。
ソールカバーは大まかに下記の2種類に分類されます。

ネオプレン素材(ソールカバー)

サーフィンやダイビングのウェットスーツに使用されている伸縮性、耐久性に優れた素材で
ゴム素材で渇きづらさがデメリットですが、素材の性質上、耐久性に非常に優れています。

ニット素材(ソールカバー、ニットケース)

素材の柔らかさを利用した伸縮性、通気性に優れた素材で、ネオプレン素材よりは耐久性が落ちますが、柔らかいので収納のしやすさ、また通気性に優れているので乾きやすさが特徴です。
(カバーは渇きやすいですが、滑り終わった後の帰宅時はカバーからボードを取り出し、ボード、ケース共に乾かしてから収納しましょう。
乾かしていない状態で放置しますと、ボードのエッジが錆びやすくなってしまいます。)

ここではそんなソールカバーのオススメをご紹介したいと思います。

BURTON(バートン)

BOARD SLEEVE

耐久性に非常に優れたネオプレン素材に、ノーズとテールの先端に補強がされている耐久性に非常に優れたカバーです。
ダブルクッションが付いた取り外しが出来るショルダーストラップと、
リュックタイプになる収納式バックパックストラップも付いているので移動時にとても便利なソールカバーです。

eb’s(エビス)

KNIT COVER

ポリエステル製の伸縮性がある柔らかい素材なので収納、取り出しが簡単にでき、通気性があるので乾きやすいカバーです。
ノーズとテールの裏地には補強がされているので、耐久性にもすぐれています。
別売りにはなってしまいますが、リュックタイプになる「BACK BELT」を使用する事により移動時も便利で、
デザインも様々展開されているのでお気に入りの1枚が見つけやすいソールカバーです。
(こちらの商品名はKNIT COVER―○○○○と何種類かありますが、それぞれデザイン違いで品物は全く同じ商品です。)

eb’s(エビス)

KNIT SACK

アクリル製の伸縮性がある柔らかい素材でテール方向から入れるだけなので簡単に収納、取り出しができ、通気性も優れているので乾きやすい便利なカバーです。
ケース入り口にはヒモが付いているので、ボードの長さを選ばないで収納する事ができ、収納時は入口を絞るだけで簡単に収納できます。
また、ノーズの裏地には補強がされているのでエッジで尖端が破れづらくなっています。こちらも別売りのリュックタイプになる「BACK BELT」が使用する事が出来るので移動も便利にできるカバーです。
上記のブランド以外にもおすすめを幾つか。。。

最後に

最後までお読み頂き誠にありがとうございました。ちなみ筆者の私はネオプレン素材のソールカバーを使用しております。ピッタリしてて持ちやすくていいのでネオプレン素材の物を使っています。また、電車や新幹線で行く時にもネオプレン素材のソールカバーで行ってしまいます。ちなみに、働いてた時によく売れていたのはやはりボードケースでしたね。ボードケースの話はまた別で詳しく。。。

投稿者プロフィール

snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。夏はスケートボードをして冬はスノーボード。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです