スノーボード ゴーグルとサングラスの使い分け方 メリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スノーボードをする時に大切な視界を守ってくれるゴーグルとサングラス。今回はスノーボードの際にサングラスを着用するメリットとデメリットについてお話させていただきます。

スノーボード=ゴーグルとよく思われ、筆者は以前スノーボードショップのゴーグル等のアクセサリー担当として働いていたのですが、筆者がショップで勤めていた時にもお客さんから「サングラスはデメリットしか思い浮かばず、メリットはなんですか?」と聞かれた事もありました。

確かにサングラスの方がデメリットは多く、ゴーグルの方がメリットは多いですが、サングラスにもメリットはあるので、上手く使い分ければよりいっそうスノーボードが楽しめると思います。

ここでは実際に両方を使い分けている筆者がサングラスをメインに違いをご紹介したいと思います。

サングラスのメリット

ゴーグルの場合ですと暖かいシーズン始めやシーズン終わり頃、トップシーズン中でも晴れて暑い日等は、自分の体温で熱が籠りやすくなるので、どうしてもゴーグル内が曇りやすくなってしまいます。

サングラスの場合、ゴーグルと違いスポンジで顔を覆わないのでレンズがほぼ曇らず、スポンジで覆われない分、圧迫感も無くなります。

また、サングラスのレンズにもゴーグルと同じようにゲレンデの凹凸が見やすくなる「偏光レンズ」になっている物もあるので、物によってはサングラスだから凹凸が見えづらくなるという事もありません。
※偏光レンズについてはswansのHPに詳しく記載されています

当たり前ですが、脱着するのにも楽なので、レンズが濡れてしまった場合でもすぐに対応する事が出来ますし、よく、サングラスはすぐに飛んで行っちゃいそうと思われがちですが、ゴーグルよりは小さいのでサングラスにかかる遠心力が少なく、耳裏にフィットしてくれるのと、ビーニーでフレームが抑えられるので意外と飛んで行きづらいです。

実際、筆者がサングラスをかけて滑っている時にも、転んだり、ジャンプを失敗してもサングラスは飛んでいきませんでした。
(さすがにビーニーも飛んで行ってしまう程の大きな転倒の時等には飛んで行ってしまいますが・・・)

ファッションとしてもオシャレに見えるので、ゴーグルとは違ったスタイルでスノーボードを楽しむ事が出来ます。

サングラスのデメリット

サングラスのデメリットは当たり前ですが悪天候になります。

ゴーグルと違って顔が覆われていない分、雪が入って来ますし、強風の時にはかなりの風が入ってきて目が乾燥し、目が開けてられないという事も起こります。

また、山の天気は変わりやすいので、午前中は晴れていても、夕方前から雪が降ってくるという事もあるので、滑りだす前にしっかりと天気をチェックする事が必要になります。

それに加え、トップシーズン中は天気が晴天でも山によっては標高やゲレンデの場所により気温がかなり低い所もありますので、気温が低いゲレンデですと、晴れていても冷たい風が顔に当たってくるので顔が寒くなり、気分が下がってしまいますし、気温が低いトップシーズン中の新雪は軽い為、パウダースノーが顔にかかった勢いでサングラス内に雪が入り、一瞬で目の前が真っ白という事も起こります。

ゴーグルと比べると小さく、強度が少ないので紛失や破損等もしやすく、
標高が低くて暖かい日のゲレンデでしたらサングラスは使えますが、それ以外のトップシーズン中にサングラスを使うのは中々難しいと思います。

まとめ

上記のようにサングラスは天候に左右されやすいので、暖かいシーズン始めと終わり頃はサングラス、トップシーズン中はゴーグル中心で、たまにサングラスと使い分けるのが良いと思います。

ちなみに筆者はどちらも大きい荷物ではないので、毎回両方共とりあえず持って行き、その日の天候によってどちらを着けるか決めています。

ただ、トップシーズン中はほぼゴーグルの方を着けています。
この記事でゴーグル、サングラスをうまく使い分ける事のお役に立てればと思います。

投稿者プロフィール

snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。夏はスケートボードをして冬はスノーボード。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです