スノーボードケースの種類とおすすめの選び方、使い分け方を紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スノーボードに行く時に必要なスノーボードケース。いろいろな種類のスノーボードケースがありますが、どのようなケースを買えば良いか悩む方も多いと思います。そこで、スノーボードショップでゴーグルやスノーボードケース等のアクセサリー担当として働いていた経験がある筆者がスノーボードケースの種類と、おすすめの使い分け方をご紹介したいと思います。

スノーボードケースの種類

ソールカバー

伸縮性がある素材でスノーボードのソール面(滑る面)とエッヂ(スノーボード周りについている金属性の部分)を守ってくれるカバーになります。車で行く時や、新幹線やバスツアーで使いやすい物で、自宅保管の時にもボードケースに入れないので、かさばらず、保管時にも使いやすいです。

また、他のスノーボードケースに入れる時にもソールカバーをつけておけばエッヂで他の荷物にも傷をつける事を防いでくれる1枚は持っておきたい便利なカバーです。主にネオプレン素材(ゴムのような素材)とニット素材で作られている伸縮性があるケースで、伸ばしながらスノーボードにかける物になります。

メリット
・スノーボードのソール面とエッジを守ってくれる
・ボードケース収納時に他の荷物の傷付け防止になる
・自宅保管時にかさばらずに収納できる

デメリット
・ソール面、エッジ以外は剥き出しになってしまう

VAXPOT(バックスポット) ソールカバー スノーボード用 BLK VA-3405
VAXPOT(バックスポット)
売り上げランキング: 35,917
DESIVELL/スノーボード ニットケース(MOSS-RED, M/L)
DESIVELL
売り上げランキング: 70,545

ソフトケース

スノーボードやブーツなどを入れる事が出来るパッドが入っていないスノーボードケースになります。パッドが入っていないのでスノーボードケース自体が薄くて軽く、車での移動や新幹線やバスツアーで使いやすいです。自宅で保管する時にもかさばる事がないので保管時にも役立つボードケースになります。移動時の荷物を軽くしたい方にはおすすめです。

メリット
・移動時の荷物が軽くなる
・スノーボード以外にブーツや小物が収納できる
・かさばらないので車の車内に積みやすい
・自宅保管時にかさばらずに収納できる

デメリット
・収納できる量が少ない物が多い
・パッドが入っていない分、ボードケース内の物が衝撃を受けやすい

ハードケース

スノーボードやブーツ、ウェアーなども入れる事が出来るケースにパッドが入っているスノーボードケースです。ボードケースによってはスノーボード用品が1つのケースに入れる事が出来るので荷物をまとめて移動する事ができ、バスや新幹線ツアーで使いやすいです。

車移動でも使う事が出来ますが、パッド入りのケースはマチがある立体的な物が多く、大きいケースが多いので、大人数で行く時や、移動する車のサイズによっては車内に積むのが難しくなってしまう場合があります。

スキー場や、スキー場近くのホテルなどに宿泊施設に送る場合でしたらボードケースにパッドが入っているので、安心して発送する事が出来ます。

メリット
・パッドが入っているのでボードケース内の荷物を守ってくれる
・大きめのサイズが多いので収納できる量が多く、荷物をまとめる事が出来る
・宅急便などの発送でも安心できる

デメリット
・荷物を入れる分、重量が重くなりやすい
・車移動時に人数、車の種類によっては積みづらくなる
・収納時にかさばりやすくなる

リュックタイプのボードケース

リュックのように背負う事が出来るスノーボードケースです。こちらのタイプにはパッドが入っていないソフトケース、パッドが入っているハードケースの両方があります。手で持つ取手、肩掛けができるショルダーベルト、背負えるリュックストラップの3WAYで使う事ができ、車、新鮮館、バスツアーで使いやすいです。

背負う事によって、ショルダーベルトの片方の肩だけではなく、両方の肩に重さが五分五分に分かれるので、ショルダーベルトより楽に移動する事ができます。

リュックストラップは長さを調整する事が出来るのが多いので、背負うと歩行時に自分のふくろはぎ辺りに当たってしまうという場合には、リュックストラップを背中にピッタリと合うように短めのしておく事がオススメです。

メリット
・背負う事で両手が自由に使う事ができる
・ボードケースの重量が両肩に分かれてくれる

デメリット
・リュックベルトを調整しないと脚に当たりやすい
・ボードケースを背負う時に、長さと重さで背負いづらい

キャスター付きボードケース
(タイヤ付き)

大きめのボードケースにキャスター(タイヤ)が付いたスノーボードケースです。ハードケース同様、パッド入り、マチがある立体構造の大きいボードケースでスノーボードの用品を全て入れる事ができます。

重量は重くなりますが、その分キャスターでコロコロと転がして移動する事が出来るので荷物の量が多くなりやすい飛行機の移動で役立つスノーボードケースです。大きいボードケースなので車移動の場合ですと大き過ぎるので、車移動の場合はあまりオススメできません。

荷物をスキー場や、スキー場近くのホテルなどの宿泊施設に宅急便で送ってしまう場合でしたら、パッドが入っているので安心して大荷物を送る事ができます。

メリット
・スノーボード用品を1つのケースにまとめる事が出来る
・ボードケースが重くても楽に移動できる
・パッドが入っているのでボードケース内の荷物を守ってくれる
・宅急便などの発送でも安心できる

デメリット
・ボードケースの重量が重くなる
・サイズが大きいので車移動には不向き
・ボードケース保管時にかさばりやすくなる

おすすめの使い分け方

最後におすすめの使い分け方をまとめておきたいと思います。スキー場にどのようにして行くのが多いのかを思い描くとどのタイプのボードケースが合っているのか見つけやすいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

車移動
ソールカバー、ソフトケース、ハードケース、リュックタイプ

バス・新幹線
ソールカバー、ソフトケース、ハードケース、リュックタイプ

飛行機
ハードケース、リュックタイプ、キャスター付きボードケース

宅急便などの発送
ハードケース、キャスター付きボードケース

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。スノーボードケースは自分がどのような移動方法が多いのかを考えれば自分に合ったボードケースが見つけやすいと思います。筆者の個人的には、どのタイプのボードケースに入れるとしてもスノーボードにソールカバーをかけて他の荷物を気付つけないようにする事がオススメです。この記事でスノーボードケースの選び方のお役にたてればと思います。

投稿者プロフィール

snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。夏はスケートボードをして冬はスノーボード。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!

おすすめの関連記事 (一部、広告含む)

SNSでもご購読できます。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです