ゴーグル

【レディース】可愛いスノボゴーグルのおすすめをまとめました!

スノーボードのファッションでも欠かせないゴーグルですが、色々なゴーグルのブランドがあったり、色々な形があるので、どれを選べばよいか悩んでしまう方も少なくはないと思います。

とくに初心者の方や、これからスノーボードを始めようと考えている方の場合、どれも似たような物に見えたり、どのような選び方をすれば良いか分かりづらいですよね。

この記事を書いている筆者は、以前スノーボードショップでゴーグルやグローブ、プロテクターなどのアクセサリー担当として働いていた経歴があるのですが、ショップで働いていた時も、ゴーグルの選び方についてよく聞かれていました。

そこで、ショップで働いていた経歴を持つ筆者が、レディース スノーボードゴーグルの選び方から、おすすめのゴーグルまでをご紹介しようと思います。

よかったら参考にしてみてください。

スノボ レディースゴーグルの選び方

まずはじめに、レディースゴーグルの選び方をご紹介していきます。

選び方の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

デザイン

ゴーグルを選ぶ時に、これが1番大切な事になります。

やはり自分がカッコいい!かわいい!と思える物が1番ですからね。

ゴーグルの形には、丸みがある物、角ばった四角系の物があります。

形に関しては好みがありますし、どちらが良いという事はありません。

雰囲気の違いで言いますと、

・丸みがある物 → かわいい系

・四角形の物 → カッコいい系

こんな感じになります。

もちろん、ウェアの色やニット帽子の色などで雰囲気は変わってきますが、自分の好みに合わせて選んでしまってOKです。

機能性

ゴーグルを選ぶ時には、やはり機能も大切になってきます。

いざゴーグルを付けて滑った時に、すぐにゴーグルが曇ってしまったら意味がありませんからね。

基本的に外せない機能は、こんな感じになります。

・レンズが2重のダブルレンズ → 曇りづらくなる

・顔に当たるスポンジの違い → フィット感が良いゴーグルで曇りづらくなる

こんな感じです。

これにプラスして、人それぞれ好みが変わってくるところが、

・ゴーグルのベルトは、取り外しが出来るバックルが良いか?

・ゴーグルのフレームはあった方が良いか?

この辺りが人それぞれ変わってくる所になります。

もちろん、どちらを選んでも正解なので、好みで選んでしまって大丈夫です。

ちなみに、筆者がショップスタッフだった頃に、女性に人気だったのが、

・ゴーグルのベルトはバックルタイプ

・フレームはあるタイプ

こんな感じなのが人気でした。

ちなみに、更に詳しいゴーグルの選び方について、以前記事を書いた事があるので、よかったら参考にしてみてください。

合わせる所はニット帽、ウェアだけでOK

これは、筆者がショップスタッフをしていた時にもよく聞かれたのですが、ゴーグルはニット帽、ウェアの色に合わせるだけでOKです。

たまに、板やブーツと色を合わせる方もいましたが、正直な話、そこまで合わせる必要はありません。

理由は簡単で、板、ブーツに関しては、スキー場内を歩いている時、滑っている時には雪で見えなくなるからです。

普段はいている靴などは、その時に来ている洋服や、帽子、アクセサリーなどで合わせる事もあると思いますが、スノーボードに関しては、そこまで合わせる必要はありません。

ですので、気にするところはニット帽、ウェアのみで大丈夫です。

メンズゴーグルを選ぶのはあり?

世の中にはメンズゴーグルもたくさんあって、デザインが可愛い物やカッコいい物もあるのでメンズゴーグルにしたいなと思われる方もいると思います。

それでは、女性がメンズゴーグルをつけるのはありか?なしか?

この答えは、ズバリありです。

極論を言ってしまえば、「メンズ」専用ゴーグルというのは無くて基本的にゴーグルは男女兼用のものになります。

ゴーグルの中には視界を広く保つために大きいモデルもありますが、大きいゴーグルをつけていても問題はありません。

分かりやすいのが日本の女子プロスノーボーダー達です。

彼女達が付けているゴーグルはレディース専用ではなく男女兼用のものになります。

中には、小さいサイズになったゴーグルを付けている方もいますが、ほとんどが男女兼用モデルになります。

ですので、男性が付けているゴーグルを付けても何も問題ありません。

ただ、一点だけ注意点がありまして、中には大きすぎるゴーグルもあります。

女性は男性より顔が小さいので、大きすぎるとフィット感が悪くなってしまう場合があります。

この辺りは注意してください。

大きいゴーグルでも、小さいモデルがある

先ほど書いた注意点の「大きいゴーグルには注意してください。」ですが、実は、大きいゴーグルの中には、そのゴーグルをボリュームダウンしたゴーグルもあります。

どういう事かと言いますと、

大きいゴーグルのデザイン、機能性をそのままにして、サイズだけ数パーセント小さくしたゴーグルもある。

という事です。

簡単に言えば、「同じゴーグルでも、サイズ違いがあるよ」という事です。

これは、大手の有名ブランドでは多く見かける事になります。

ですので、気になったゴーグルが大きいな・・と感じましたら、サイズ違いがあるのかを探してみるのも方法の1つです。

オススメのレディースゴーグル

それではここからオススメのゴーグルをご紹介していきます。

ここで紹介するゴーグルの中には、男女兼用のモデルも含まれますが、女性が付けていても何も問題ないサイズ感です。

そして、この中には大きすぎるゴーグルは含めていませんので、女性が付けていても違和感がないゴーグルになります。

もちろん、ここでご紹介するゴーグルは全てダブルレンズで、曇りずらいようにされている物を選びました。

OAKLEY

FLIGHT DECK XM(フライデッキ エックスエム)

世界的に有名な、サングラス、ゴーグルブランドのOAKLEY(オークリー)は、視界の良さ、見た目の良さのどちらをとっても完璧なブランドです。

その中でも、FLIGHT DECK XMは、女性の方や、顔が小さい男性向けに造られた、ミドルサイズのゴーグルになります。

フレームが無いスッキリとしたデザインなので、どんな色にも合わせやすいゴーグルです。

DICE

JACKPOT(ジャックポット)

日本製の国産ブランドのDICE(ダイス)は、日本人の為の、日本の雪山に合わせたゴーグルになります。

DICEのJACKPOTというモデルは、中型のミドルサイズなので女性にも合いやすい大きさのゴーグルになります。

パッと見ですと、角ばっているかのように見えますが、レンズに丸みがあるので、どんなスタイルにも合わせやすいです。

また、ベルトは取り外しが出来るバックルタイプなので、ゴーグルの脱着もしやすくなります。

ELECTRIC

KLEVELAND(クリ―ブランド)

サングラスでも有名なELECTRIC(エレクトリック)は、オリンピックにも出場した「鬼塚雅さん」も使用しているブランドになります。

ELECTRICのKLEVELANDは、フレームがとにかく柔らかいのが特徴で、ゴーグルを付けた時のフィット感がとても良いゴーグルです。

サイズ感は、大き過ぎず、小さ過ぎずのミドルサイズ。

色やデザインの展開が多いので、自分好みのゴーグルを選びやすいモデルです。

DRAGON

DX2(ディーエックス2)

サングラスでも人気が高いDRAGON(ドラゴン)はゴーグルでも性能やデザインで人気が高いブランドです。

DRAGONのDX2は、女性でもつけやすいミドルサイズで、ベルトの裏がバックルタイプになっているので、脱着もしやすいゴーグルになります。

レンズには日本人の目の色に合わせられた、JAPANレンズが使用されているので日本の雪山で見やすいレンズになっています。

ROXY

水着でも人気があるROXY(ロキシー)のゴーグルはレディースモデルのゴーグルになります。

丸みがあるフレームデザインで、ベルトのデザインまでこだわって作られているゴーグルです。

女性の方にも合いやすいサイズ感で、ベルトの後ろはバックルなので脱着もしやすくなっています。

ICEPARDAL

スポーツブランドICEPARDAL(アイスパーダル)は、レディースブランドになります。

流行を抑えたデザインで、ウェアやニット帽に合わせやすいゴーグルです。

眩しさを軽減するレボミラーに加え、ベルトはバックルタイプなので使いやすさもあります。

値段の比較的に安めなので、コストパフォーマンスが高いゴーグルになります。

adidas

BACKLAND

説明がいらない有名スポーツブランドadidas(アディダス)のゴーグルは、デザインも機能性も優れたブランドです。

見やすさはもちろんの事、フィット感も優れたゴーグルになります。

少し大きめのゴーグルにはなりますが、女性の方が付けていても問題がないサイズ感のゴーグルです。

後ろはバックルタイプなので脱着もしやすく、使いやすいモデルです。

VAXPOT

スポーツブランドのVAXPOT(バックスポット)は、低価格で人気が高いブランドです。

VAXPOTには、男女兼用モデルになりますが、少し小さめにしたレディースモデルの展開もあります。

ベルトはバックルタイプで脱着しやすくて、シンプルなデザインなのでウェアにも合わせやすいゴーグルです。

最後に

最後までお付き合い頂きありがとうございます。ゴーグルは色々とありますが、大切なのは自分が気にいったゴーグルを選ぶという事です。

気に入ったゴーグルじゃないと、気分が上がりづらいですからね。

是非お気に入りゴーグルを見つけて頂き、楽しいスノーボードを満喫してもらえたらなと思います!

この記事で、レディースのスンーボードゴーグルに悩んでいる方の、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!