バッグ

30L以上でポケットの多いおすすめリュック11選!多機能なバックパック!

世の中にはたくさんのリュックがありますが、その中から本当に欲しいリュックを探すのはなかなか難しいですよね。リュックを1つとっても、人それぞれ使いたいシーンが変わってきますし、本当に自分に合った物を探すのは苦労するところだと思います。

リュックを探している人の中には、大容量でポケットが多いハイスペックな物を探している方もいると思いますが、やはり色々な物があって探すのも困難です。

色々なブランドやモデルが販売されているので、探すだけでも時間がかかってしまいます。

そこで、バッグ類をよく使い、以前スノーボードショップでゴーグルやグローブ、バッグ類のアクセサリー担当として働いていた経歴がある筆者が、30L以上の容量でポケットの数が多い、おすすめのリュックをご紹介していきます。

よかったら参考にしてみてください。

この記事でまとめたリュック

通勤、宿泊の出張などのビジネスや、スキー、スノーボード、キャンプなどのアウトドアでもいける、シーンを問わずに使えるリュックをまとめました。

この記事では、以下のような物を探している方にはピッタリな記事です。

・多い荷物を入れたい方

・ポケットが多いリュックを探している方

・機能性に優れたリュックを探している方

・様々なシーンで使えるリュックを探している方

色々なリュックがありますが、今回はこれらの事に注目してまとめました。

スポンサーリンク

30Lリュックの大きさ

この記事でご紹介しているリュックの容量は30L~40Lの物になります。

これがどれぐらいの容量かというと、一般的に、1~2泊分の荷物が入る量と言われています。

もちろん、人それぞれが持って行く荷物の量は変わってきますが、30L以上の容量があればかなりの量を入れる事が出来ます。

ちなみにですが、筆者が30L容量のバッグにスノーボード用品を入れてみた所、これぐらいの荷物が入る大きさでした。

こちらが30L容量に入る量です↓

そして、身長が約170cm、体重が約60kgの筆者が持っている様子がこちらです。

ブランドやリュックの形状によって、入る量の誤差はありますので、目安として参考にしてください。

信頼があるブランドから

リュックを選ぶ際に大切なのが、造りの良さや生地の良さ。

機能ばかりが良くても壊れてしまったら、せっかく選んだリュックも台無しです。

また、ジッパーが弱かったりしてしまうと、開け閉めするのにも不安が生まれてしまいますし、壊れてしまったらショックですからね。

ですので、この記事では、タフな使い方にも強いアウトドアブランドやバッグブランド、素材や造りにも徹底しているブランドをご紹介していきます。

見た目のデザインも大切!

当たり前のことを書いてしまいますが、年中使うリュックは、見た目のデザインも大切です。

いくら機能が優れていたり、ポケットが多くて使いやすくても、デザインが気に入らないと愛着がわきませんからね。

ここでは、末永く使ってもらえるように、デザインでも評価が高いリュックをまとめました。

30L以上でポケットが多い、おすすめリュックブランド

ここからは、おすすめのリュックブランドとモデルをご紹介していきます。

筆者自身がショップで働いていた時に人気があったブランドや、大容量で使いやすいリュックになります。

是非参考にしてみてください。

THE NORTH FACE

【Surge(サージ)】

・容量:31L

・ポケット数:12

・PC、タブレットを収納出来る独立コンパートメント

・15インチPC収納対応

・フロントポケットには2ヵ所のフリースライニングポケット

・両サイドには大型のメッシュポケットを配備

アウトドアのトップクラスブランドTHE NORTH FACEの「Surge」。

豊富な機能でアップデートした定番デイパックです。

背負いやすく成型されたバックパネルは、高い通気性とフィット感をもたらすフレックスベントサスペンションシステムを採用。

THE NORTH FACEらしい、耐久性に優れた素材を使用し、擦れやすい底の部分には補強素材が使用されています。

パソコンを独立して入れることができ、ポケット数も多いので使いやすさがつまったリュックになっています。

BURTON

【DAY HIKER 31L】

・容量:31L

・雪や雨などの水分を弾く高耐久素材

・バックパネルからもアクセスできるメインコンパートメント

・パッド付きノートPC収納スペース(43cm x 26.5cm x 4cm)

・フロントのストレッチポケット

スノーボード界のトップブランドBURTON(バートン)の「DAY HIKER 31L」。

BURTON定番モデルの31L容量になります。

雪や雨を弾く耐久性に優れた生地を使用しているので、スノーボードでも安心して使えるリュックです。

パッド付きノートPC収納スペースや、タブレットスリーブ、外部と内部にもポケットが付いているので使いやすさもあります。

背負っていても動きやすさを出してくれる、万能型のモデルです。

公式サイトはこちら↓

Burtonオンラインストア

Avan Harris

【Urban Peak(アーバンピーク)】

・容量:35L

・ポケット数:16

・防水性能

・2台のノートパソコン収納

・180度開閉する開くメインコンパートメント

・USBコネクタを搭載

ビジネスとアウトドアの融合をコンセプトに立ち上げられたブランドAvan Harris(アバンハリス)の「Urban Peak」。

22の機能性を持ち、4WAYで使える所が魅力なリュックです。

素材には耐久性、防水性がある、600D(デニール)ナイロンとポリウレタン加工素材が使われているので、急な雨や、登山中の天候変化にも対応できる仕様になっています。

ビジネスシーンからアウトドア、旅行までも使える、多機能型マルチバッグです。

公式サイトはこちら↓
ビジネスとアウトドアの融合 アーバンピーク

Columbia

【Star Range 30L Backpack II】

・容量:30L

・ポケット数:複数

・クッション付きのPC・タブレットスリーブ

・フロントにU字ファスナーポケットと小物ファスナーポケット

・背面はウェーブ状のパッドとメッシュで通気性と快適性を確保

アウトドアブランドColumbia(コロンビア)の「Star Range 30L Backpack II」。

メインルーム内にはクッション付きのPC・タブレットスリーブ付き。

フロントポケット内には小物を収納できる複数のポケットがあるので便利です。

1260デニールの耐久性が優れた素材に、撥水加工がされているので、急な雨が降っても安心できます。

Eagle Creek

【WAYFINDER BACKPACK 30】

・容量:30L

・ポケット数:複数

・17インチPC収納に適したポケット

・耐水性ジッパー付きラップトップコンパートメント

・内部ジッパー式メッシュポケット

クライミングや、トラベルギアを展開しているアメリカ発ブランドEagle Creek(イーグルクリーク)の「WAYFINDER BACKPACK 30」。

フロントにはアクセスがしやすいポケットを配置し、背面には17インチノートPC等の収納に適したポケットがついています。

小物用のポケットが複数付いているので、必要な物を簡単に整理できる、快適性に優れたバックパックです。

生地には300デニールの耐久性に強いリップストップ生地が使用されています。

GREGORY

【JOURNEYMAN(ジャーニーマン)】

・容量:30L

・ポケット数:9

・180度開閉する開くメインコンパートメント

・スクエア型なので見た目もシンプル

・PC/タブレット専用コンパートメント

・アイテムの収納に便利な内部のジッパー付きメッシュポケットとオーガナイザーポケット

幅広いシーンで人気が高いバッグブランドGREGORY(グレゴリー)の「JOURNEYMAN」。

180度開閉するメインコンパートメントで収納がしやすく、リュック内を整理整頓して持ち運ぶ事が出来ます。

素材は耐久性に優れた420デニーロのパッククロスナイロンを使用し、グレゴリーの特徴である耐久性の高いEVAショルダーストラップ仕様になっています。

シンプルながら性能が良い、シーンを選らばずに使えるリュックです。

Karrimor

【hash cargo 30】

・容量:30L

・ポケット数:7

・メインコンパートメントにサイドからアクセス

・マチ付きのフロントポケット

・15インチPC収納対応

・背面のムレを上へ逃す煙突型バックパネル

アルピニズム発祥の国イギリスのアウトドアブランドKarrimor(カリマー)の「hash cargo 30」。

リュックのトップにある、雨蓋の内側には中身を確認できるメッシュタイプのポケットを配置、サイドからメインコンパートメントにアクセスできる便利なサイドポケット付きです。

両サイドには大きめのポケットも設置されています。

生地には500デニールのHigh tenacity NPを使用、アウトドアバッグブランドながらの耐久性があるリュックです。

公式サイトはこちら↓
カリマー

DAKINE

【NETWORK】

・容量:30L

・ポケット数:複数

・17インチノートパソコン対応

・エルゴノミクス発泡素材パックパネル

・使いやすい外部ポケット

スキー、スノーボード、サーフィンなどのアクションスポーツバッグで人気があるDAKINE(ダカイン)の「NETWORK」。

メインコンパートメントには、細かいアクセサリーを独立して収納できるポケットが多数ついています。

背負っている時に蒸れずらく、人口工学によるバックパネルやショルダーストラップ仕様なので、背負いやすさも考えられたモデルです。

メインは大きく開くので収納もしやすく、外部も使いやすいポケットが複数ついています。

MILLET

【EXP30】

・容量:30L

・180度開閉するメインコンパートメント

・17インチのPCを収納できるパッド入りスリーブ

・リュック、ショルダー、手持ち、キャリーオンの4WAY

・スクウェアでシンプルなデザイン

・フロントには書類や折りたたみ傘などを収納できる幅広ポケット

フランス発の老舗アウトドアブランドMILLET(ミレー)の「EXP30」。

素材には耐久性の高いCORDURA®ナイロンが使用されているので、リュックの中身も守ってくれます。

取外し可能な肩がけできるショルダーストラップと、スーツケースに取り付けられるストラップが付いて、4WAYで使用する事が出来ます。

シンプルなデザインなので、シーンを問わず使う事が出来ます。

MAMMUT

【Seon Courier 30】

・容量:30L

・ポケット数:5

・ロールトップクロージャーシステム

・パッド入りスリーブは15-16.5インチのPCを収容可能

・広々としたメインコンパートメント

1862年創業の歴史を持つスイスのアルパイン・クライミング用品ブランドMAMMUT(マムート)の「Seon Courier 30」。

リュックのトップがロールトップなので、防犯性も高く、メインコンパートメントへの収納もしやすくなっています。

素材はポリエステル600Dを使用、外側と背面のポケットで使いやすさもあるリュックになります。

ポケットがさほど多くありませんが、スリムなシルエットで、日常でも使いやすいデザインです。

【Seon Cargo】

・容量:35L

・ポケット数:4

・大きく開くメインコンパートメント

・パッドで囲まれたPC用ポケット15-15.6インチのPCまで収容可能

・独立したシューズポケット

・ジッパー付きサイドポケット2つ

MAMMUTの「Seon Cargo」。

大きく開くメインコンパートメントが特徴で、荷物の出し入れがしやすくなっています。

PC専用のスリーブもパッドに囲まれているので安心です。

ポケット数は多くありませんが、使いやすさを重視したポケットが複数付いています。

スッキリとした縦長のデザインなので、ビジネスでも旅行でも使やすいリュックです。

THULE

【Crossover Backpack 32L(クロスオーバー)】

・容量:32L

・ポケット数:16

・15インチPC、タブレットを収納可能

・撥水ファブリックとジッパーを組み合わせ

・パッド付き背面パネルを備えたEVAフォームのショルダーストラップ

・立体成型された小物ポケット

“Bring your life”(あなたの人生を運ぶ)をモットーに、世界的に有名なバッグ、キャリア、ルーフブランドTHULE(スーリー)の「Crossover Backpack」。

THULEのリュックの中では定番の人気モデルです。

パッド付き、ジッパー付きのノートパソコン用コンパートメントには、15インチMacBook ProやPC、タブレットを収納可能。

細かいアイテムを収納できるポケットが複数あり、サングラスなどのデリケートな小物を安心して収納できる、立体成形のポケットもあります。

素材は耐久性に強いドビー織りナイロンを使用し、撥水ファブリックとジッパーを組み合わせた、高い保護性能を発揮する軽量バッグです。

【Crossover2 Backpack 30L】

・容量:30L

・耐久性に強い素材を使用

・2本のレールで安全性の強化

・15.6インチPCを保護するパッド入り専用コンパートメント

「Crossover Backpack」をアップデートした、継続モデルの「Crossover Backpack2」。

容量は「Crossover Backpack」より下がりますが、更に耐久性をアップさせた強い素材が使用されており、フロントに配置された2本のレールが保護性能を高めています。

また、データの不正な電波読み取りをブロックするポケットでIDや個人情報を守ってくれる機能も追加。

安全、大容量、使いやすさを追求したリュックになります。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。大容量のリュックは色々がありますが、やはり自分が気に入った物を使うのが1番ですよね。

是非お気に入りを見つけて頂き、快適な外出をしてもらえたらなと思います。

この記事で、大容量リュックで悩んでいる方の、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!