バッグ

20Lリュックのサイズ感とおすすめ12選!どれくらいの大きさか紹介します!

20Lのリュックは街中で使いやすいサイズ感と言われていますが、「20Lって大体どのくらい?」と迷いやすい所だと思います。そこで20Lリュックのサイズ感や、おすすめの物をまとめてみました!

20Lのリュックと言われても、サイズ感にピンとこない方も少なくはないと思います。

背負っているモデルの写真はたくさん掲載されていますが、実際にどれぐらいの物が入るかが分かりませんからね。

また、20Lのリュックを選ぼうとしても、色々なリュックが販売されているので、どれにしようか悩みやすい所だと思います。

そこで、20Lのリュックを持っていて、以前スノーボードショップでバッグなどのアクセサリー担当として働いていた経歴を持つ筆者が、サイズ感やおすすめの物をご紹介していきます。

良かったら参考にしてみてください。

・リュックのサイズ感に関しては、メーカーやモデルによって多少変わってきますので、参考程度に読んでみてください。

20Lリュックのサイズ感

今回筆者がサイズ感の参考としてご紹介するリュックがこちらになります。

・DAKINE:HELI PRO 20L(緑)

サイズ:53x30x20cm

・THE FRIENDLY SWEDE:SVIA 20L(黒)

サイズ:31x15x44 cm

※サイズは公式サイト調べ

この2つのリュックが、現在筆者が持っている20Lのリュックになります。

緑色のリュックは、アウトドアブランドとしては有名なDAKINE(ダカイン)。

黒色のリュックは、北欧ブランドのTHE FRIENDLY SWEDE(ザ・フレンドリー・スウィード)です。

両方とも20Lなので、それぞれの背負っている感じや、荷物が入る量をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

背負っている時のサイズ感

まずは、20Lのリュックを背負っている時のサイズ感です。

ここで背負っているのは筆者になるのですが、筆者の体型は以下のような感じです。

・身長:約170cm

・体重:約60kg

・標準体型

このような体型の筆者が2つのリュックを背負っている時がこちらになります。

【DAKINE 20L】

【THE FRIENDLY SWEDE 20L】

背負っている筆者としましても、リュックを背負っている感じはもちろんしますが、違和感が少なくて、背負いやすいサイズ感だと感じています。

筆者が電車に乗る時は、リュックを下ろして、自分の体の前に持ってきていますが、横幅が広くないので持ちやすいです。

ただ、手に持っている状態だと、さすがに大きいかなと感じます。

もちろん、人によって体型の違いや、リュックのメーカーによって変わってくると思います。

ただ、個人的に、20Lは街中で使うにはちょうど良いサイズ感だと感じています。

20Lリュックに入る荷物の量

2つのリュックにどれぐらいの量が入るのかを試してみました。

今回試したのは、2つのリュックで、2パターンを試してみました。

まず1つ目のパターンで入れた物がこちらです。

【この時に入れた物】

・パーカー Mサイズ 1枚

・デニムパンツ(ジーンズ) 2本

・半袖Tシャツ Mサイズ 3枚

【DAKINE】

【荷物を入れて、横から見た感じ】

【THE FRIENDLY SWEDE】

【荷物を入れて、横から見た感じ】

洋服ですと膨らみやすいですが、リュックの形が崩れる事はありませんでした。

そして次に、こちらの物を入れてみました。

【この時に入れた物】

・パソコン 15.6インチ

・A4ファイル(中についているクリアファイル30枚)

・2Lペットボトル 2本

【DAKINE】

【THE FRIENDLY SWEDE】

THE FRIENDLY SWEDEの方は構造上の関係で、少し余裕があります。

構造の違いはありますが、両方の20Lリュックには入ってくれました。

20Lのリュックを主に使っている所

筆者が20Lのリュックを主に使っているのが、以下のような状況です。

・街に遊びに行く時

・日帰りの旅行、遊び

・荷物が少ない時の仕事の移動

・スノーボード(ゲレンデ内のみ)の滑走中

このような時に使っています。

20Lは、個人的には少し小さめのバッグだと感じていますが、背負っていて動きやすいので移動もしやすいと感じています。

リュックやパソコンの大きさにもよりますが、パソコンも入る容量ですし、荷物もそこそこ入るので、使いやすいサイズ感だと思います。

20Lリュックおすすめ12選

ここまでで20Lリュックのサイズ感をご紹介してきましたが、ここからはおすすめの20Lリュックをご紹介していきたいと思います。

合わせて参考にしてみてください。

DAKINE(ダカイン)

アウトドアブランドDAKINEの「HELI PRO 20L」。

今回サイズ感でご紹介したバックパックです。

スキー、スノーボードなどのスノースポーツには使いやすい機能が詰まっているモデルになります。

普段使いとしても使いやすいバックパックでおすすめです。

THE FRIENDLY SWEDE(ザ・フレンドリー・スウィード)

北欧ブランドTHE FRIENDLY SWEDEの「SVIA」。

今回サイズ感をご紹介したリュックです。

BOXタイプで、撥水性がある生地が使われています。

荷物も入れやすくて、内側にポケットも付いているモデルです。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

小型タイプで使いやすいのが「SINGLE SHOT」。

容量は23Lですが、収納力は抜群です。

日常から様々なシーンで使いやすい定番モデルになります。

ポケットも複数あるので、使いやすいバックパックです。

Columbia(コロンビア)

有名アウトドアブランドColumbiaの「CASTLE ROCK」。

Columbiaのリュックの中でも定番のモデルになります。

収納できるポケットが外側、内側にあり、小物を分けるポケットも付いています。

カラー展開も多いので、男性、女性問わず使いやすいリュックです。

MILLET(ミレー)

MILLET定番モデルのMARCHE。

日帰りハイキングから小旅行にちょうどいいマルチユースなバックパックです。

登山用バッグを製造しているブランドなので、耐久性は抜群です。

フロントポケットやサイドポケットがあるので、使いやすいバックパックになります。

GREGORY(グレゴリー)

丸みがある四角いフォルムの「EASY DAY」。

外側にポケットがあるので使いやすいですし、背負っていてもスマートにも見えるデザインです。

男性、女性問わず、使いやすいバックパックです。

AVVENTURA(アヴェンチュラ)

値段が安くて、カラー展開がたくさんあるバックパックです。

リュックのサイドには、ペットボトルを入れられるポケットもあり、撥水加工素材が使用されています。

デザイン性も良い、コスパが高いリュックです。

adidas(アディダス)

adidasのシンプルで定番の「クラシック・バックパック」。

20Lより少し小さめのサイズになります。

フロントポケット、サイドポケットが付いているので使いやすい上に、シンプルで使いやすいモデルです。

BURTON(バートン)

スノーボードブランドBURTONの「Prospect」。

普段使いからアウトドアまで使いやすいバックパックです。

バックパックのサイドにはペットボトルを入れられるポケット、フロントには2か所のポケットが付いています。

スッキリとしたデザインなので、色々なシーンで使えます。

eagle creek(イーグルクリーク)

リュックや旅行グッズブランドeagle creekの「WAYFINDER BACKPACK」。

軽量で使いやすいポケットがたくさんついているバックパックです。

シンプルでスッキリとしたデザインなので、幅広い所で活躍してくれるモデルになります。

Coleman(コールマン)

アウトドアブランドで外せないColemanの「QUADRA」。

ボックス型で荷物の出し入れがしやすくて、使いやすさもあります。

リュックの底部分は、耐久性に優れたコーデュラ素材とクッション素材を採用する事により、型崩れと外部からの衝撃を防ぎます。

アウトドアはもちろんの事、普段使い、通勤通学まで使いやすいモデルです。

CHUMS(チャムス)

素材に撥水性があるスウェット生地を使った「ブックパック」。

ソフトなスウェットをメインに、強度のあるコーデュラナイロンを合わせたリュックです。

フラップ裏、リュック内、リュックのサイドにポケットがあるので、使いやすさもあります。

カラー展開がとても多くいので、他の人と同じになる確率が低いですし、おしゃれデザインがたくさんあります。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。20Lのリュックは、個人的にも使いやすいサイズ感だと感じているので、かなり使用頻度が高いです。

スタイル的にも大きくなり過ぎないですし、実は荷物が結構入りますからね。

動きやすさもあるので、移動がしやすくて使いやすいサイズ感だと感じています。

ぜひお気に入りのリュックを見つけて頂けたらなと思います。

この記事で、20Lリュックについて、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!