インタースタイルへ一般ユーザーとして行ってきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今シーズンもまだ中盤ですが、スノーボードブランドの来季モデルをチェックしにインタースタイルへ行ってきました。

“インタースタイルは、サーフ・スケート・スノーのボードカルチャーと、アウトドア・自転車および、感度の高いセレクト系のファッションなどを中心とした、ライフスタイル全般に関わる有意義な商談会とコミュニティーの形成・活性化を目的とし
たビジネス展示会です。(引用 INTERSTYLE公式サイト)

このインタースタイルへ業者ではなく、一般ユーザーとして行ってきました。
展示会は基本的に業者向けのイベントになるのですが、このインタースタイルは簡単な登録を済ませれば一般の人も入場料は無料で入る事ができるので、まだ2月の中旬ですが来季モデルをいち早くチェックする事が出来ました。

会場内にはスノーボードだけではなく、スケートボード、サーフィン、アウトドア等の様々なブランドが出展しており、スケートボードも大好きな筆者としてはかなりテンションが上がるイベントです。筆者は以前スノーボードショップで働いていた経験があり、その時は業者として来た事があったのですが、一般ユーザーとしては初で、久しぶりに来場しました。

色々な写真を撮ってこようかと思っていたのですが、会場内は基本的に撮影が禁止という
事で、会場内の写真は撮る事は出来ませんでした。

一般ユーザーとして入る方法は、インタースタイルの公式サイトから来場申し込みフォームに進み、必要事項を記入して登録すれば、展示会が始まる何日か前に封筒が届き、その封筒自体が入場券として入る事が出来ます。

もしくは、登録をしていなくても直接会場へ行き、受付の前に申し込み用紙があるのでそれに必要事項を記入し、受付へ持って行けば入場する事ができます。

会場はかなりの広さで筆者が行ったこの時に出展していた総ブランド数は830ブランドもあり、全てのスノーボードブランドがあるわけではありませんが、LIBTECH、GNU、SPY、ELECTRIC等の大手ブランドや、THRASHER等の人気ブランドが出展していました。

スノーボード、スケートボードブランドだけではなく、バーベキューやキャンプ等のアウトドアブランドも多く出展していたので、
何かおもしろい物はないかとあちらこちら見回り続けていたらあっという間に時間が過ぎてしまいます。

色々なブランドの色々な品物を見続けていると欲しくなってしまった物や、こんなサイトのライターをやっているのでご紹介したい物が出てきましたが、インタースタイルは業者向けのイベントでこの会場では品物を購入する事が出来ないので、お店で販売されるまで待つしかありません。

中々おもしろい物を見つけたので販売されるのが楽しみです。

ちなみに、パンフレットになってしまいますがこの時の出展していたブランドと、会場内のマップはこんな感じでした。

筆者が行ったこの日は会場内に設置されたスケートパーク内で「PSCN」というプロスケーターが手掛けるアパレルブランドが主催したSKATE BATTLEのイベントが開催されていました。

スケートボードが好きな人なら誰でも知っているような有名な日本のプロスケーター達が一同に集合しており、プロスケーター達の滑りを生で見る事が出来ました。ちなみに「PSCN」の公式サイトはこちらです。
http://www.pscn.tokyo/

まだかなり先の物にはなりますが来季のモデルをいち早くチェックでき、面白い物を発見出来た上にプロスケーター達の滑りも見る事ができとても有意義が一日でした。

来年も時間が合えば来てみようと思います。

投稿者プロフィール

snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。夏はスケートボードをして冬はスノーボード。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです