バッグ

ミレーのリュック「KULA 30(クーラ30)」をレビュー。バックパックの大きさや使い心地など!

フランス発の老舗アウトドアブランド、ミレー(MILLET)のリュック、「クーラ30(KULA30)」を実際に買って使ってみました。

アウトドアブランドとして有名な「ミレー」ですが、「クーラ30」はちょっとしたアウトドアでも、普段使いでも使いやすいリュックだなと感じました。

入る荷物の量も、仕事や旅行でもちょうど良い感じでしたし、街中でも使いやすいデザインでした。

そこで今回は、今までいくつものリュックやバッグを使ってきた筆者が、「クーラ30」を色々とレビューしていきます。

良かったら参考にしてみてください。

MILLET(ミレー)のリュック「KULA 30(クーラ30)」をレビュー

今回レビューするリュックはこちらです。

はじめに、「クーラ30」の詳細を載せておきます。

・容量:30L

・サイズ: W29_H51_D19cm

・重量:860g

※公式サイト調べ

1930年代フランス発の老舗アウトドアブランド「ミレー」のリュック「クーラ30」。

このリュックを使ってみたところ、アウトドアブランドの良さを入れながら、普段使いとしても使いやすい機能があるなと感じました。

デザインも「THE・アウトドア」という感じでもないので、普段使いとしても使いやすかったです。

また、レインカバーが付属するという所も面白みを感じます。

今回は、そんな「クーラ30」について、色々と書いていきます。

スポンサーリンク

外観

「クーラ30」の表面の生地は、耐久性が強い「CORDURAナイロン」が使用されていて、触っただけでも分かるしっかりとした生地感でした。

リュックの上部には、パッドが入っていない手持ちのベルトが付いていました。

また、上部から見ると、メインルームのジッパーと、リュック表面にあるサブルームは「止水ジッパー」のような形状。

中央に位置するサブルームのジッパーには、「ジッパーカバー」が付いていました。

各ジッパーの隙間から、雨が侵入しづらいように造られていました。

リュック片面の上部には、「給水ホース」を通せる「穴」も開いています。

リュック内にボトルを入れて、ホースを通して飲む事も出来ます。

リュックの両側面には、ナイロン生地で、入口にゴムが入っているポケットがあります。

500mlペットボトルや、折り畳み傘を入れておくには便利です。

また、両側面には、リュックの幅を調整できる「調整ベルト」が付いていました。

バックルも付いていたので、調整がしやすいようになっています。

調整ベルトはポケットの上ぐらいに付いていたので、ポケットに長めの物を入れた時の「支え」としても使えます。

この「調整ベルト」は、メインルームのジッパーと交差しないようになっていたので、リュックを開ける時でも邪魔に感じる事はありません。

続いては、「クーラ30」の背面になります。

背面の全体には、「ウレタン」のような指で押すと少し柔らかみを感じる「芯」のような物が入っていて、その上にパッドが付いていました。

この「芯」が入っている事で、リュックが型崩れせず、背負い心地の良さを上げてくれています。

背面のパッドは、通気性が良いメッシュ生地が使われていました。

立体的な形状をしていて、背負っている時の背中への当たりも良かったです。

また、両脇のパッドは少しだけ硬め、中央のパッドは柔らかめと、位置によって変わっていました。

少しだけ硬めと言っても、指で押してみるとクッション性は良い物が使われています。

ショルダーベルトも同じで、パッド入りのメッシュ生地が使われていました。

実際に荷物を入れて背負ってみると、背負い心地は良かったですし、肩への負担も少なかったです。

この辺りは、アウトドアブランドの良さだなと感じます。

ショルダーベルトの上部には、背負い心地を調整するベルトが付いています。

「ショルダースタビライザー」など、色々な名前で呼ばれているベルトです。

ここを調整する事で、リュックが背中に近づくように調整できるので、背負い心地を調整する事が出来ます。

ショルダーベルトには、「チェストストラップ」や、スマホホルダーなどぶら下げられる「Dリング」、収納タイプの「ポケット」が付いていました。

そして、ミレーの特徴でもあるロゴが入った「ハンドレスト」が付いています。

ミレーの「ハンドレスト」とは、歩いている時などに、手で掴んでおくベルトです。

「ハンドレスト」を掴んで歩くと、「楽」に歩きやすくなります。

※個人の感覚によって変わります。

収納ができるポケットは、入口にゴムが入っているナイロン製で、小物を入れておくには便利なポケットでした。

少し幅広なスマホも入ってくれましたので、結構使いやすいです。

ただ、入口のゴムは結構キツメでした。

「チェストストラップ」は上下に移動が出来るようになっているので、自分に合った位置に調整する事が出来ます。

また、ストラップの1部分には「ゴム」が使用されているので、使っている時の圧迫感も少ないです。

ちなみに、「チェストストラップ」は取り外しは出来ません。

そして、バックルには息を吹くと鳴る「笛」にもなっています。

アウトドアブランドのリュックでは、付いている率が高いのがこの「笛」のバックルです。

いざとなった時の防犯対策としても使えます。

外観の最後は、「ウェストベルト」になります。

バックルにはブランドのロゴが刻印されていて、しっかりとした材質の物が使われていました。

また、調整ベルトには、邪魔に感じやすいベルトをまとめておける、「ゴムバンド」も付いています。

歩いている時でもベルトが邪魔に感じる事はありません。

この「ウェストベルト」は取り外す事も出来ました。

ベルトは、付け根の所に引っかかっているだけになりますので、簡単に取り外す事が出来ます。

生地はしっかりとしていますし、背負い心地の良さも、さすがはミレーだなと感じました。

デザイン的にも「THE・アウトドア」という感じでもないので、通勤や普段使いとしても使いやすいデザインでした。

レインカバーが付属している

「クーラ30」にはレインカバーが付属しています。

レインカバーが入っているのはリュックの下部で、ポケットに収納されていました。

ジッパーを開けてレインカバーを取り出すと、ベルトとつながっている状態で出てきます。

ベルトでつながってはいますが、取り外す事も出来るようになっているので、不要な場合は外して置く事も出来ます。

生地は水分を弾くナイロンのような素材で、周りにはゴムが付いていました。

実際に取り付けてみると、このような感じになります。

レインカバーの中央には、薄いバックルで付いていました。

これを合わせれば、レインカバーが外れないようになります。

この状態で背負ってみると、次のような状態になります。

この状態で、上から見るとこんな感じになります。

上部までしっかりと覆いかぶさってくれますし、背負っていても違和感などは一切なく、普通通りに背負う事が出来ました。

リュック上部の手持ちハンドルも出るように造られているので、手持ちをする事も出来ます。

付属でレインカバーが付いてくるので、別の物を買わなくて済みますし、突然雨が降ってきても安心できます。

ただ、レインカバーを収納している時に1点だけ気になる所がありました。

それは、リュックの下部に収納している事によって、「メインルーム」の底部が少しだけ盛り上がってしまう事。

後ほどの「中身(メインルーム)」でも触れますが、中身が盛り上がってしまう為、荷物を入れる時に少し入れづらさを感じました。

とはいっても、いきなり雨が降った時にカバーを付ければ濡れないで済むので、やはり良い機能だなと感じます。

中身(メインルーム)

続いては、「クーラ30」のメインルームになります。

ダブルジッパーが使われているメインルーム内の生地は、ナイロン生地で造られていました。

ちなみに、メインルームのダブルジッパーだけは、別売りのカギを用意すればロックする事も出来ます。

メインルームの底部を覗いてみると、収納してあるレインカバーのふくらみが分かります。

レインカバー自体は厚い物でも、大きい物でもないので、手や荷物で押せば潰れてくれます。

ただ、やはり荷物を入れると少し違和感があるかなと感じました。

とは言っても、「レインカバーのおかげでクッション性がある」とポジティブにとらえる事も出来るので、この辺りは個人の考え方かなと思いました。

もしもどうしても嫌に感じてしまう場合は、レインカバーを取り外す事も出来るので、その方法を取った方が良いかなと感じます。

ちなみに、今回のブログでは、レインカバーをそのままにして、荷物が入るサイズ感などを書いていきます。

ここのメインルームに、2Lペットボトルを入れてみた所、3本は入ってくれました。

リュックの横の「マチ」もあるので、3本いれてもジッパーはスムーズに閉まってくれました。

背面には、入口がゴムになっているポケットが付いています。

ここに、「15.6インチのノートパソコン」と「A4ファイル」を入れてみました。

はじめに「15.6インチのノートパソコン」を入れてみようとしたのですが、パソコンが大き過ぎて入りませんでした。

ここのポケットに15.6インチサイズのパソコンは入らなかったです。

ただ、メインルームには入ってくれます。

ジッパーを閉めても問題無かったので、このサイズのパソコンを入れる場合には、メインルームの方が良さそうです。

次に、「A4ファイル」を入れてみると、スッポリと収まってくれました。

この時いれた「A4ファイル」のサイズは、タテ31cm、ヨコ23.5cm、高さ2cmで、一般的に使われている物と同じです。

押し込めば奥の方まで入ってくれます。

また、同じ「A4ファイル」を交互にして2冊入るのか試してみた所、少しキツメな感じではありますが、こちらも入ってくれました。

そして、「15.6インチのノートパソコン」をメインルーム、「A4ファイル」をポケットという入れ方も出来ます。

底部分にある盛り上がりは少し気になりましたが、ペットボトル3本入ってくれる「マチ」の広さもあるので、荷物の出し入れはしやすかったです。

中身(サブルーム)

「クーラ30」には、合計3つのサブルームがあります。

まず1つ目が、リュック上部にあるシングルジッパーが使われているサブルームです。

ジッパーを開けてみると、少し深めに設計されているサブルームでした。

ここに、500mlペットボトルを入れてみると、斜めの状態でしたら入ってくれるぐらいの深さです。

また、このような物も入れてみました。

・DVD

・新品の保菌シート

新品の除菌シートは100均で買った物で、大きさはヨコ21cm、タテ11cm、高さ5cmになります。

この2つをタテにした状態で入れてみました。

両方とも入ってくれたので、これぐらいの深さはあります。

また、リュック上部に付いているサブルームになりますので、荷物の取り出しもやりやすかったです。

2つ目のサブルームは、ダブルジッパーが使われていて、上部からも使えるサブルームです。

開けてみると、小分けで収納できるポケットが付いています。

底部を見てみると、狭めではありますが「マチ」も造られていました。

ここに、「A4ファイル」が入るのかを試してみた所、ギリギリな感じではありますが、入ってくれました。

サブルームの横にも少しだけですが「マチ」があるので、ジッパーも閉まってくれました。

そして、ここのサブルームに付いている、小分け収納が出来るポケットのサイズを測ってみました。

【横幅:19cm】
【深さ:15.5cm】
【メッシュ横幅:14cm】
【メッシュ深さ:11cm】

このようなサイズになります。

ここに、「DVD」を入れてみると、タテにした状態でしたら入ってくれましたが、ヨコにした状態では入らなかったです。

ちなみに、メッシュポケットにモバイルバッテリーを入れてみた所、こちらは入ってくれました。

モバイルバッテリーのサイズは、タテ13.5cm、ヨコ7cm、高さ1cmになります。

これぐらいの小物でしたら入ってくれるポケットになります。

色々と整理しながら使えるので、リュック内がゴチャゴチャせず、すぐに取り出す事が出来ました。

ここのサブルームも、外側からすぐに使う事が出来るので使いやすかったです。

そして最後のサブルームが、表面に付いているサブルームになります。

シングルジッパーが使われている、ここのサブルームを開けてみると、「マチ」は無いサブルームになっていました。

ここのサブルームがどれぐらいのサイズ感なのか試す為に、このような物を入れてみました。

・DVD+DVDサイズのノート

・新品の除菌シート+フェイスタオル

【DVD+DVDサイズのノート】
【新品の除菌シート+フェイスタオル】

ここのサブルームには「マチ」が無いので、メインルームや他のサブルームに荷物をパンパンに入れた場合は、入らない場合もあります。

ただ、これぐらいのサイズ感になります。

リュックの上部から取り出しやすいサブルームがあったり、小分け収納が出来て取り出しやすいサブルームもあるので、使いやすかったです。

「クーラ30」のサイズ感

「クーラ30」にどれぐらいの荷物が入るのかを試してみました。

荷物の中には筆者の洋服も入れて見たのですが、筆者は主に「メンズのMサイズ」を着用しています。

入れてみた荷物がこちらになります。

【この時に入れた物】

・15.6インチのノートパソコン

・A4ファイル×2個

・厚手のパーカー

・デニムパンツ(ジーンズ)

・半袖Tシャツ×2枚

・フェイスタオル×2枚

・除菌シート(新品)

・DVD

・DVDサイズのノート

・折り畳み傘(サイドポケット)

・500mlペットボトル(サイドポケット)

これだけの物が入りました。

まだ少しだけ余裕があったので、下着などの薄い物でしたら入る感じでした。

この他にも、モバイルバッテリーやアクセサリーなどの小物も入る状態です。

背負った時のサイズ感

「クーラ30」を実際に背負っている状態になります。

これから出てくるのは筆者なのですが、筆者の体型はこちらになります。

【筆者の体型】

・身長:約170cm

・体重:約60kg

このような体型の筆者が「クーラ30」を実際に背負っている状態がこちらです。

【横からの状態】

【後ろからの状態】

筆者のような体型の人が背負ってみると、こんな感じになります。

ぜひ参考にしてください。

ミレー「クーラ30」レビューのまとめ

ミレーの「クーラ 30」を使ってみて、背負い心地の良さ、収納力は文句なしでした。

通勤や通学、普段使いとしても使いやすいデザインですし、街で使っている時はサブルームが使いやすかったです。

レインカバーが収納されている影響で、メインルームの底が盛り上がってしまうという事もありますが、それでもレインカバーが付属しているのも面白みがあります。

収納できる荷物の量も多めなので、旅行でも使いやすそうですし、普段使いがしやすい良いリュックだなと感じました。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。ミレーのリュックはいくつか使った事がありますが、使いやすさも考えられている良いブランドだなと感じています。

アウトドアブランドながらの生地感、背負い心地の良さはさすがです。

「クーラ30」はアウトドアでも普段使いとしても合うデザインなので、色々なところで使いやすいなと感じました。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!