バッグ

リュックの肩ベルトを縫って固定してみた!余った邪魔なベルトもまとまった!

通勤や通学、普段使いなど、色々な所で活躍してくれる「リュック(バックパック)」は、ほとんどの人が持っているといっても過言ではないアイテムですよね。

そんなリュックですが、使っていてストレスを感じやすいのが、このような所だと思います。

・肩ベルトが伸びてしまう

・余った肩ベルトが邪魔

実際に筆者もこのように思った事があって、リュックを使っていると微妙にストレスを感じやすい所です。

この改善方法として、リュックの肩ベルトを縫って固定してみた所、この2つを改善する事ができました。

そこで、縫うとどのように変わるのか、どこを縫ったのかなどを、色々と書いていきたいと思います。

良かったら参考にしてみてください。

リュックの肩ベルトが突然伸びてしまう理由

はじめに、リュックの肩ベルトが突然伸びる理由をご紹介しておきます。

肩ベルトは意外と簡単に伸びやすいので、ぜひ参考にしてください。

「そんなの知っているよ!」という方は読み飛ばしちゃってください。

リュックのベルトは、簡単に調整できるように、調整する「バックル」を引き上げればベルトが伸びるようになっています。

ただし、単純に「バックル」を引き上げてもベルトは伸びません。

ベルトがピンと張っている状態で「バックル」を引き上げれば、ベルトが伸びる仕組みです。

メーカーやブランドによっては、「バックル」にロックがかけられたり、伸びづらい構造の物などもありますが、ほとんどのリュックがこのような仕組みです。

このような感じで、簡単にベルトが伸びるようになっています。

調整がしやすい為の構造なので、この辺りはしょうがない所かなと感じています。

また、リュックを背負っている状態でもベルトが張っている状態になりますので、この時に「バックル」が上がると、ベルトは伸びやすくなります。

その他にも、このような状態でも伸びてしまう事があります。

・背負っている時にバックルを上げる

・ベルトが物に引っかかっている状態でバックルを上げる

・リュックが固定されている状態でバックルを上げる

リュック内の荷物が多くて重くなっている状態ですと、ベルトが張りやすくなるので、少し「バックル」が上がればベルトが伸びてしまいます。

また、ベルトが張っている状態の時に、何かのきっかけでバックルに手や物が当たってしまう事もあります。

そのような時にもベルトが伸びてしまうので、突然伸びてしまう事もあるのです。

という事は、ベルトが張っている状態で、バックルが上がっても、ベルトが伸びないようにすれば良いのです。

この伸びないようにするために、肩ベルトを縫ってみました。

リュックの肩ベルトを縫って固定してみた!

ベルトが突然伸びてしまうのは、ベルトが張っている状態でバックルが上がってしまうのが理由です。

それならば、ベルトを縫って固定しまえば良いという案の元、実際にやってみました。

そこで用意した物がこちらです。

・糸と針

家にあるものでも大丈夫ですし、実際に使ったのは数年前から自宅にある100均で買った物です。

まずは、自分に合うベルトの長さに調整して、縫う所を決めました。

縫った所は、肩ベルト下部の付け根辺りです。

ここの両端を固定するように縫っていきました。

ベルトはかなり硬くて針が通りづらいので、指につける「指サック」はあった方が良いです。

こんな感じで、6回ぐらい同じ所を縫って固定していきました。

「波縫い」でベルトの全体を縫っても良いのかなと思いましたが、こっちの方が目立たなそうなので、この方法でやりました。

これを反対側もやって、片方の肩ベルトの両端2か所を縫いました。

そして、完成したのがこちらです。

黒いベルトに黒い糸を使ったので、ほとんど目立つ事はなく、パッと見では分からない感じです。

この状態でも、しっかりと固定されているので、両端を縫っただけでも効果はありました。

そして、この縫った状態で、リュックを固定してベルトを張るようにし、バックルを上げるとどうなるのかを試してみました。

それがこちらで、膝でリュックを固定している状態です。

ベルトが張っている状態ですが、「バックル」を引き上げてもベルトが伸びないで固定されました。

そして、リュックを背負っている状態で、「バックル」を引き上げても、ベルトが伸びる事は無かったです。

伸びるべきベルトが固定されているので、何かに引っ掛けてバックルが上がっても、突然ベルトが伸びる事はありません。

これでベルトを固定する事ができて、問題は解決しました。

スポンサーリンク

余ったリュックの肩ベルトも邪魔にならない

縫った所が、メインのベルトと、余ったベルトになるので、ブラブラと邪魔に感じやすい部分も固定されるようになりました。

縫った方と、縫わなかった方を比べると、こんな感じで変わってくれます。

【左:縫った方 右:縫っていない方】

余っている部分が固定されているので、ダランと垂れ下がる事もなかったです。

椅子などに置いても、余ったベルトが引っかかる事も防げます。

また、背負っている時にも邪魔に感じづらかったです。

【縫っている方】
【縫っていない方】

見た目的にもスッキリとしてくれたので、個人的には満足いきました。

余ったベルトをまとめておく方法は他にもありますが、このような方法もあります。

肩ベルトを縫ったメリット・デメリット

肩ベルトを実際に縫ってみてのメリット・デメリットを上げておきたいと思います。

縫って良かった事もありましたが、やはりデメリットに感じた事もありました。

それが、こちらになります。

【メリット】

・肩ベルトが固定されて突然伸びなくなった

・余った肩ベルトが邪魔にならない

・見た目がスッキリする

・針と糸があればすぐに出来る

【デメリット】

・肩ベルトの長さを調整できない

・肩ベルトが硬くて縫うのが少し面倒くさい

このような感じでした。

肩ベルトを縫って固定するので、調整することはできなくなります。

もしも調整したい場合には、糸を切って、また縫い直さないといけないというデメリットがあります。

とは言っても、そもそも調整する頻度は多くないので、この辺りは人によって意見は変わるかなといった感じです。

また、ペラペラの布を縫うのとは違って、少し面倒くささも感じました。

1度やってしまえば、それで済む話ですが、この辺りもデメリットかなと感じます。

ただ、縫うことによってベルトが固定されるうえに、邪魔に感じやすい余ったベルトも固定できるので、メリットの方が高いと感じます。

縫った状態でも、リュックを普通に使う事が出来ましたし、見た目的にも違和感がないので、縫うメリットは高めです。

家にある物ですぐに出来るというのも良い所かなと感じます。

もしもリュックベルトを固定したいという場合や、余ったベルトが邪魔という場合でしたら試してみてください。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。今回ご紹介した縫う方法は、個人的にも満足いく出来だったかなと感じています。

リュックの中には、バックルが固定出来て伸びづらかったり、余ったベルトを固定するバンドが標準で付いていたりする物もありますが、それがない場合でしたら結構使える方法かなと感じました。

突然伸びたり、余ったベルトが邪魔だと微妙にストレスになりますからね。

やってみて気にいらなければ、糸を切れば良いだけの話なので、ぜひ1度試してみてください。

この記事で、リュックの肩ベルトを固定する方法や、余って邪魔なベルトをまとめる事に悩んでいる方のお役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!