スケートパーク

東京の品川区にある「八潮北公園スケートボード場」に行ってきました!意外と楽しめるスケボーパーク!

東京都の品川区にあるスケートパーク「八潮北公園スケートボード場」、通称「品川スケートパーク」に行ってきました。


ここのスケートパークは行った事がなく、レベルが高そうなセクションばかりなので楽しめるのか不安でした。

ただ、実際に行ってみると意外と楽しむ事が出来るスケートパークだなといった感じです。

そこで今回は、「八潮北公園スケートボード場」について色々と書いていきたいと思います。

「八潮北公園スケートボード場」をレビュー!

この日は、午前10:00に到着するように向かいました。

交通手段は電車で、最寄りの駅は「品川シーサイド」になります。

駅を出てからすぐにある、大きめの橋を渡った所にある公園にスケートパークがあります。

駅から歩いて10分ぐらいの所に目的地の「八潮北公園」がありました。

公園に到着した後、まずは公園の「管理所」に向かい、そこで受付などを済ませました。

「管理所」の場所は、公園を入ってから右側に進んで、野球場の目の前にあります。

ここのスケートパークは初めてだったので、初回の登録をして「利用登録カード」を作ってもらいました。

「利用登録カード」は無料でつくる事が出来ます。

その後、事務所内にある券売機でチケットを購入し、リストバンドとの交換になります。

これで受付は完了です。

受付を済ませた後、早速スケートパークへ向かいました。

公園に設置されている駐車場のすぐに横にあるので、行くとすぐに分かります。

入口には、ベンチや自動販売機が設置されていました。

ただ、トイレは設置されておらず、トイレを使いたくなったら「管理事務所」まで行く必要があります。

また、周辺にはコンビニなどは一切ないので、食料などは先に買ってから向かった方が良いです。

金網のドアを開けて入ると、路面はツルツルのコンクリート路面になっていました。

路面に関しては何も文句はなく、むしろかなり滑りやすい路面です。

ちなみに、このスケートパークはヘルメットが必須になります。

行くときには忘れないようにしてください。

この日は平日で、午前10時頃に到着したのですが、すでに筆者を除いて2人のスケーターが来ていました。

スケーターの1人に話かけてみた所、よくここで滑っている方で、平日の午前中はいつも空いているとの事です。

また、「管理事務所」のスタッフの方とも話してみたのですが、やはり平日は空いていて、日曜や祝日はそこそこ人が来るとの事でした。

この辺りはどこも同じような感じですね。

スケートパーク内の全面を見渡してみると、縦長のような作りのパークになっていました。

設置されているセクションはレベルが高そうな物から、初心者の方でも遊びやすそうな物と色々です。

ただ、レベルが高い物の方が多いかなといった印象でした。

このようなセクションが2つ設置されています。

もちろん、筆者は使えるレベルではありません。

とは言っても、坂になっている大きめのバンクや、低めなアール面もあるので、流しながらも遊ぶことが出来ます。

パークの面積は狭めなので混んでいる時は難しそうですが、空いていれば楽しめます。

大きめなセクションに目がいきやすいですが、見方を変えれば「フラットバンク」としても使える所もありました。

そして、低めのカーブBOX&マニュアル台もあって、練習するにもちょうど良いサイズ感じでした。

スケートパークの奥のスペースにもセクションが設置されていますが、ここでオーリーやフリップなどの「フラットトリック」の練習をすることが出来ました。

入口付近にもスペースがあったので、意外とフラットの練習もしやすい感じです。

ですので、色々な遊び方や練習ができるスケートパークだなと感じました。

「八潮北公園スケートボード場」に来て感じたのが、利用できる時間が長くて珍しいなと感じました。

ここのスケートパークは、9:00から21:00まで営業しています。

1度チケットを購入してしまえば何時に来てもクローズまで滑れるので、この辺りは他と違うなと感じました。

室内パークなどでしたら夜までやっている所も多いですが、オープンする時間が遅かったりすることが多いですからね。

また、屋外スケートパークの場合ですと、夕方頃にクローズしてしまう事が多いので、遅くまでオープンしているのは珍しいなと感じました。

ちなみにですが、ここのスケートパークへ車で行く場合には、早めの時間に行った方が良いです。

理由は、駐車場が大きくないからです。

ここの公園には、テニスコートや野球場の利用者もいるので、満車になってしまう確率が高そうでした。

ですので、車で行く場合には早めの時間に到着した方が良いです。

この日は、13時頃から雨が降り出してしまったので、そこで強制終了という感じでした。

とは言っても、それなりに滑れたかなといった感じです。

筆者が帰る時にいた人数は、筆者を除いて1人で、筆者が来てからは人が増える事は無かったです。

雲行きが怪しくて雨が降りそうだったので、その理由で来なかった可能性もありますけどね。

今回「八潮北公園スケートボード場」に行ってみて、遊びづらそうに見えて、実は意外と遊べるなと感じました。

ただ、好き嫌いは別れやすいのかなといった感じもしました。

面積的には少し狭めですし、大きめのセクションばかりのような所ですが、筆者のような上手ではないレベルでも楽しむ事は出来ます。

もちろん、人が少なくて遊びやすかったというのもあると思います。

ただ、それでも色々な練習はできましたし、結局は楽しむ事ができたなといった感じでした。

スポンサーリンク

「八潮北公園スケートボード場」のアクセス

住所 東京都 品川区八潮1丁目3-1
料金 【品川区民(在学・在勤含む)】

・中学生以上:1日200円

・小学生以下:1日100円

【品川区民以外】

・中学生以上:1日400円

・小学生以下:1日200円

駐車場 あり
営業時間 9:00~21:00(入場受付は20:15まで)
定休日 年末年始(12月29日~1月3日)
雨天時 屋外のためNG

最後に

最後までお読み頂ありがとうございます。ここのパークは初めて行きましたが、それなりに楽しむことが出来ました。

色々な練習やチャレンジもできたので楽しかったです。

オープンしている時間も長めなので、近隣の方でしたら朝からの練習や、学校、仕事終わりでも行きやすそうだなとも感じます。

レベルが高いセクションが多めですが、初心者の方でも練習がしやすそうなパークだなと感じました。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!