グローブ

BURTONおすすめスノボグローブ!GORE-TEX UNDER GLOVEをレビュー!

スノーボードグローブを探している時に気になるところは、できるだけ値段は安めで、温かくて濡れない等の性能の良さという所では無いでしょうか?

定価が安いスノーボードグローブは探せばいくらでもありますし、定価が高い高性能スノーボードグローブもいくらでもあります。

ただ、安いグローブですと、すぐに濡れてしまう事や、指先が冷えて痛くなってしまう事、すぐに破れて壊れてしまう事の心配があると思います。

かと言って高いグローブだと、なかなか手が出しづらい・・なんて事もあると思います。

筆者は以前、スノーボードショップでゴーグルやグローブ、プロテクターなどのアクセサリー担当として働いていた経歴があるのですが、このグローブは毎年BURTONから販売されている人気があるグローブになります。

筆者が働いていた時からおすすめのグローブとしてお客さんにも紹介していたのですが、個人的にもとても優れているグローブだなと感じていたので、紹介もしやすいグローブでした。

スノーボードに慣れた中級者、上級者の方にはもちろんの事、初心者の方にも使いやすいグローブになります。

そこで、この「GORE-TEX UNDER GLOVE」を紹介とともに、実際に買って使った筆者がレビューしたいと思います。

どのグローブにしようか悩んでいましたら、参考にしてみてください。

BURTONのGORE-TEX UNDER GLOVEをレビュー!

今回レビューするのはこちらです。

今回レビューする「GORE-TEX UNDER GLOVE」は、名前の通りGORE-TEXを使用したモデルになりますので、防水性、透湿性に優れたグローブになります。

また、GORE-TEXに加えて「GORE warm」テクノロジーという技術や、「Thermacoreインサレーション」という、保温効率を上げる性質がある素材が使われているので、グローブ内を暖かい状態で保ち続けてくれます。

グローブ内は起毛マイクロファイバーなので、手を入れると肌触りが良くて気持ちが良い生地感です。

グローブの外側は耐久性に強い素材が使われていますが、素材自体は柔らかめなので動きやすさもあるグローブになります。

実際に手を入れてみると、グローブを着けている感覚はもちろんありますが、それでも手の動きを邪魔するような感じはありません。

グローブの手の甲には、水分が入らない止水ジップを使用したポケットがあるのですが、このポケットにはICチップ型のリフト券を入れたり、小さめのホットカイロを入れる事ができます。

ポケット内はメッシュ生地なので、保温効率も高いです。

グローブの手を入れるスソに付いているコードは、グローブをつける時に手を通して、「グローブリーシュ」として使うことができますし、グローブを持ち歩く時、グローブを乾す時にも、ぶら下げて使えます。

「グローブリーシュ」とは、グローブを外した時に落とさないようにするコードです。

グローブ内に雪が入ってしまったらもちろん濡れてしまいますが、スノーボードのグローブに欲しい性能は全て組み込まれているグローブになりますし、寒い時でも快適に使えるグローブになります。

スポンサーリンク

インナーグローブもポイント

「GORE-TEX UNDER GLOVE」には取り外しができるインナーグローブが付属してくるのですが、このインナーグローブの性能もおすすめのポイントです。

「4ウェイストレッチScreen Grab®ライナー」というインナーグローブが付いてくるのですが、その名の通り、ストレッチ素材を使用しているグローブになります。

動きやすさもあり、しっかりとフィットしてくれるグローブになるので、手に付けていても違和感が少ないインナーです。

また、グローブの内側には肌触りが良いマイクロファイバー素材が使われているので保温性があり、透湿性にも優れているので、余分な熱や汗を排出してくれてグローブ内が蒸れづらくなっています。

フィット感が良くて動きやすいうえに、暖かいインナーグローブなので、個人的にはこのインナーもおすすめのポイントになります。

天気が良い日はインナー無し、曇りや雪が降っている時はインナーありと、その時の状況に合わせて使う事ができます。

スマホが対応のグローブ

外側のグローブ、インナーグローブはスマホが操作できるようになっています。

外側のグローブの場合は、すべての指で操作する事が出来るのですが、インナーグローブに関しては、親指、人差し指の2本だけが対応です。

ですので、寒いスキー場内でもグローブを着けたまま、スマホを操作する事ができます。

ただし、外側のグローブは厚めに作られているので、個人的には使いづらいかなといった感じがします。

スマホを操作する時には外側のグローブを外して、インナーグローブで操作するとやりやすくなります。

その時にグローブのスソに付いている「グローブリーシュ」を手に付けておけば、グローブを外した時でも落とさないですみます。

ミトンのタイプもある

この「GORE-TEX UNDER GLOVE」には機能性をそのままにした、「GORE-TEX UNDER MITTEN」という、ミトンのタイプのグローブもあります。

素材にはGORE-TEXを使用していますし、取り外しができるインナーも付属でついてきます。

「5本指ではなくて、ミトンの方が良いな~」という方でも、同じ性能のグローブを使えます。

レディースサイズもある

今回レビューしているグローブは筆者が男性という事もあり、メンズモデルのグローブをもとにご紹介していますが、この「GORE-TEX UNDER GLOVE」にはレディースモデルの展開もあります。

もちろん、先ほどご紹介した「GORE-TEX UNDER MITTEN」にもレディースモデルがあります。

女性の場合は男性と違って手の大きさが小さいという事と、手の幅が細いので、レディースサイズの方がサイズ感的には合いやすくなります。

また、デザインとカラーもメンズと違った展開があり、より女性らしいデザインになっています。

GORE-TEX UNDER GLOVEのサイズ感は?

グローブを選ぶ時に気になるのがサイズ感ですよね。

今回筆者が買ったグローブは「Mサイズ」になります。

筆者の手の大きさはグローブや、スノーボード以外の手袋などを着ける時には、基本的にS~Mサイズの物を使用しているサイズ感です。

このグローブ自体は、日本正規品でも、アメリカの規格なので「少し大きめ」のグローブになります。

個人的にこのグローブを買う時にSサイズでも何も問題ありませんでしたが、少し余裕が欲しいなという考えからMサイズを選びました。

ですので、今回買ったMサイズは少し大きめになります。

グローブを着けた状態がこんな感じです。

ちなみに、ウェアもMサイズを着ています。

ウェアは普段着ているジャケットより大きめになるのですが、このグローブのMサイズを着けてもスタイル的に違和感がないので、手がやたら大きく見えるという事はありません。

GORE-TEX UNDER GLOVEをスキー場で使ってきました

「GORE-TEX UNDER GLOVE」を実際にスキー場で使ってきました。

使ったスキー場は新潟県の「かぐらスキー場」です。

この日は1日を通して曇りで、時々晴れてくるという天気。

気温は、午前9時で-2度、お昼過ぎからは3度~4度という感じでした。

実際に使ってみたら、生地が柔らかくて動きやすさがあるので、ビンディングの調整などもやりやすかったです。

インナーグローブも着けて滑ったのですが、寒さは感じず、保温性の良さも感じる事が出来ました。

リフトに乗っている時には、インナーグローブでスマホ操作も出来たので、寒いスキー場でも素手を出さずに操作する事が出来ました。

このグローブの良さは知っていましたが、改めて良さを感じる事ができたなといった感じです。

北海道のニセコでも使ってきました

このブログを書いてから、北海道のニセコに滑り行ってきたので、実際に使ってみました。

使った時の天気は曇り。

気温は-10度以下でした。

ニセコのヒラフにある、有名な温度計の写真がこちらです。

-10度以下という気温でしたが、それでも手や指先が寒くて痛くなるような事は無く、快適に滑る事が出来ました。

保温性もしっかりありますが、正直、手がホカホカと温かい感じはありませんでした。

ただ、それでも寒いと感じたのは1度なく、グローブ内での寒さや痛みなどのストレスは何も感じませんでしたし、使いやすさもあります。

ですので、-10度ぐらいの気温でも使いやすいグローブでした。

ちなみに、今回筆者はホッカイロを入れないで使っていましたが、グローブの甲にホッカイロを入れて使えば、手がホカホカと温かい状態で滑る事が出来そうです。

まとめ

「GORE-TEX UNDER GLOVE」は、初心者の方から上級者の方まで幅広く使いやすいグローブになります。

・防水性で濡れない

・透湿性で蒸れない

・保温性で暖かい

・耐久性で強い

・柔らかくて使いやすい

こんな感じで、グローブに欲しい要素が全て含まれていますし、更には使いやすいインナーグローブも付いてくるので、かなり高性能なグローブになります。

シーズン初めから寒いトップシーズンまで使えるグローブですし、オールラウンドに使えます。

定価が11,000円ですが、個人的には性能の事を考えるとコスパが高いグローブだなとも感じています。

BURTONから何年も販売され続けているおすすめのグローブですし、グローブに悩んでいる方には「これ良いよ!」と言えるグローブです。

公式サイトはこちら↓
Burtonオンラインストア

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。グローブは着けていても目立ちませんし、「とりあえず何でもいいや」で選んでしまうと、結局冷え初めてくるのは手の先からになります。

グローブ内が冷えて寒くなったらテンションもガタ落ちですからね。

スキー場が暖かくても、寒くても、快適に滑るためにはやはりグローブ選びも大切な所になりますので、出来るだけ性能が良くてコスパが高いグローブを選ぶことをおすすめします。

ウェアや首回りなどの防寒対策も大切ですが、手も快適にして、楽しいスノーボードを満喫してもらえればなと思います!

この記事で、スノーボードグローブに悩んでいる方の、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!