カルチャー・その他

「道の駅 北信州やまのうち」の蕎麦が美味かった!志賀高原からも近い!

長野県にある「道の駅 北信州やまのうち」に蕎麦を食べに行ってきました。「道の駅」と言えば、名産品などが置いてあったり、現地の美味しい物を食べる事が出来る施設として有名ですね。

今回は、蕎麦を食べる事を目的として「道の駅 北信州やまのうち」に行ったのですが、これが中々行って良かったなと感じる所でした。

志賀高原エリアにあるスキー場で遊んだ後に行ったのですが、蕎麦に関しても満足できましたし、アクセスもしやすかったです。

また、他の飲食店と違って、昼後の休憩時間(アイドルタイム)がないので、日帰りで行った筆者としては、行きたい時間に営業しているというのも助かりました。

14:00~17:00ぐらいの間に休憩時間を挟む飲食店は多いですからね。

そこで今回は、実際に行った「道の駅 北信州やまのうち」の事や、そこで食べた蕎麦について、色々と書いていきます。

「道の駅 北信州やまのうち」の蕎麦を食べてきました!

今回筆者は、志賀エリアにある横手山・渋峠スキー場で楽しんだ後に、「道の駅 北信州やまのうち」へ行ってきました。

スキー場からは、山道を下ってきて、大通り沿いからすぐにアクセスする事が出来ます。

スキー場からの移動時間は、約30分ぐらいです。

そして、「道の駅 北信州やまのうち」の詳細がこちらです。

道の駅 北信州やまのうち

【営業時間】
・売店 8:30~18:00

・食堂 11:00~16:00
(蕎麦のラストオーダーは15:30、その他は16:00)

・農産物直売所 8:30~16:00
(1月上旬~4月中旬は、土・日・月・祝日のみ営業)

・定休日 無休
(臨時休業あり)

「道の駅 北信州やまのうち」公式サイト調べ

今回は、蕎麦のラストオーダー15:30前のギリギリで入る事ができました。

せっかく長野に来たのだから美味しい蕎麦を食べて帰りたい。

ただ、行く時間が休憩時間(アイドルタイム)と重なってしまうという方には、助かるスポットです。

今回はそんな「道の駅 北信州やまのうち」について書いていきます。

スポンサーリンク

蕎麦も天ぷらも美味しかった!

「道の駅 北信州やまのうち」は蕎麦をメインとし、その他にもラーメンやカレーなどもあります。

今回筆者は、蕎麦を楽しむ事を頭に入れていたので「天ざる 得盛」を注文しました。

「特盛」ではなくて、「得盛」です。

蕎麦の量が、普通盛りの2倍の量なので、結果的には「特盛」と同じ事なのですが、値段が驚きの1,080円(ブログ作成時の現在)。

そして、実際の量がこちらです。

この蕎麦の量にプラスして、数種類の「天ぷら」がセットで付いてきます。

付いてくる「天ぷら」は、次のような感じでした。

・サツマイモやカボチャ
・キノコ類
・山菜など

※ブログ作成時の現在

付いてくる種類に関しては、時期によって変わる可能性もあると思います。

そして、「天ぷら」は注文してから揚げてくれるので、衣が「サクッ」としていて、熱々の状態で出してくれます。

これだけの量なので、お腹いっぱい食べる事が出来ましたし、1,080円の価格はありがたかったです。

蕎麦は「山ノ内町産のそば粉を使用した、二・八の自家製麺」を使用しているとの事でした。

筆者は特別な食通という訳ではなく、いたって一般人になりますが、ここの蕎麦は美味いしかったです。

ちなみに、今回は「得盛」を注文しましたが、普通盛り、大盛りもあります。

・天ざる(普通):880円
・天ざる(大盛り):980円
・天ざる(得盛):1,080円

※ブログ作成時の現在

普通盛り、大盛りにしても、揚げたての「天ぷら」が付いて、この値段。

しかも、美味しい蕎麦と天ぷらが出てくるので、ありがたい価格設定です。

そして、値段が安めな「ざる蕎麦」や、暖かい「かけ蕎麦」については、次のような値段でした。

・ざる蕎麦(普通):600円
・かけ蕎麦(普通):450円

※ブログ作成時の現在

この値段で美味しい蕎麦を食べられるので、本当ありがたいなと感じます。

その他にも、「焼きおにぎり(2個)280円」や、「半ライス120円」などのサブメニューもあるので、組み合わせもしやすいなと感じました。

この日はスノーボード帰りに寄って、お腹がかなりすいている状態でしたが、「天ざる 得盛」の量はかなり満足度が高かったです。

そしてなにより、この量や美味しさを1,080円で楽しめたので、行って良かったなと感じました。

志賀高原エリアのスキー場から近い

今回は、志賀エリアにあるスキー場でスノーボードを楽しんで後に、「道の駅 北信州やまのうち」へ行ってきましたが、アクセスはとても良かったです。

東京から行った筆者なのですが、帰りは上信越道の「信州中野I.C」から高速道路に入ります。

その帰り道沿いの国道292号に「道の駅 北信州やまのうち」はあります。

スキー、スノーボードを楽しんだ後、遠回りをせずに行ける蕎麦屋なので、東京方向に帰る者としては便利だなと感じました。

売店には産地の名産品がある

「道の駅 北信州やまのうち」には、名産品のお土産が色々とおいてありました。

「道の駅」なので、当たり前の事の事ですけどね。

蕎麦や漬物などのお土産になりそうな物はもちろんの事、地ビールや地酒なども置いてあります。

ですので、帰宅した後の一杯用として買うのもアリです。

ちなみにですが、「道の駅 北信州やまのうち」のすぐ裏には「リンゴ農園」がありました。

そして、そのつながりなのかは分かりませんが、地元産の果汁100%「リンゴジュース」も販売しています。

その場で飲めるテイクアウトもありましたし、お土産用としての瓶に入ったリンゴジュースなどもありました。

これ以外にも色々な産地のお土産があったので、見ているだけでも面白かったです。

「道の駅 北信州やまのうち」まとめ

「道の駅 北信州やまのうち」で蕎麦を食べてきましたが、美味しかったですし、行って良かったなと感じました。

得盛の量と味を考えたら、ありがたい値段だなと感じます。

大通りに面しているという事で行きやすいですし、筆者のように志賀高原エリアのスキー場帰りでも行きやすいというのも良かったです。

帰宅後に楽しめるお土産もあるので、行って良かったなと感じました。

「道の駅 北信州やまのうち」公式サイト >

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。「道の駅 北信州やまのうち」に行ってきましたが、ここがあって本当良かったなと感じました。

ここに行く前に色々と飲食店を調べていたのですが、休憩時間(アイドルタイム)に入ってしまっている店が多かったからです。

この辺りはしょうがないところですが、とは言っても東京で食べられるような大手飲食店に行くのもな・・という気がしますからね。

そんな時間帯でも営業してくれていましたし、何より、あの値段で味も量も満足できたのでありがたかったです。

ABOUT ME
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!