スキー場

5月の奥志賀高原スキー場に行ってきました!この時期でも色々と遊べるゲレンデ!

長野県の奥志賀高原スキー場に行ってきました。志賀エリアにあるスキー場の中で1番奥にあるという奥志賀高原スキー場。

今回は5月に奥志賀高原スキー場に行ってきたのですが、満喫する事ができて楽しめました。

ただ、行った日が悪く、強風の影響で12:00過ぎにリフトが運休。

正直な話、もう少し滑りたかったという気持ちがありましたが、それでも色々と楽しめたので行って良かったです。

そこで今回は、5月の奥志賀高原スキー場に行った事を書いていきます。

5月の奥志賀高原スキー場に行ってきました

今回筆者は、車で奥志賀高原スキー場へ行ってきました。

車を停めたのはゴンドラ側ではなく、「センターハウス」側で、駐車場料金は無料でした。

この日は午前7:30頃に到着し、駐車している他の車は少ない印象。

ただ、スキー、スノーボードの両方共、滑りに来ている人は結構いる状態でした。

G.Wに入ったという事もあるので、やはり滑りに来ている人はいますね。

車から出ると、「意外と寒いな」という気温だったので、雪解けが他の地域と比べて遅いのも納得できます。

今回行った時に動いていたリフトは、「第2高速ペア」、「第3高速ペア」、「第4ペア」の3つになります。

そして、「奥志賀ゴンドラ」も動いていました。

「奥志賀ゴンドラ」は駐車場からゲレンデへの移動のみといった感じです。

また、焼額山スキー場への連絡路も雪が無くなってしまって、通行不可の状態。

そして、滑れたのはゲレンデマップの右側と頂上辺りの5コース。

「第1ゲレンデ」、「林間コース」、「第2エキスパート」、「第3ゲレンデ」、「第4ゲレンデ」でした。

いざゲレンデへ行くと、滑るには何も問題ない雪質でした。

トップシーズンのような感じとまではいきませんが、この時期にしたら、結構シマっている雪質です。

そして、ゲレンデ内は土が出ている所もありましたが、麓辺りは雪を掻き集めた感じで、むしろ地形遊びができるような感じになっていました。

見るだけで中々楽しそうな感じです。

ゲレンデ下部の「第2高速ペア」リフトで上がっていくと、5月ですが、まだまだ雪がしっかりと付いている状態でした。

土が出ている所もありますが、コースは問題なく滑れます。

まだ早い時間という事もあって、ゲレンデ内の雪はシマっていてくれました。

さすがは志賀高原だなといった感じです。

ただ、ゲレンデ下部にある、緩やかな「第1ゲレンデ」の場合ですと、朝は良かったのですが、時間の経過とともに滑りが悪くなってしまいました。

5月という事もあって、この辺りはしょうがないかなといった感じです。

それと同時にワックスを塗っておいて良かったなと。

やはりこの時期になると、「ワックスを塗った者勝ち」になるので、簡易ワックスでも良いので塗っておいた方が良いです。

そして次に、迂回のような「林間コース」に行ってみると、壁にも雪が付いている状態でした。

飛びながら遊んだり、壁でターンを切れたりと、地形遊びもまだまだ楽しめる感じです。

そして、意外と長さもあるコースなので、この時期でも滑った感がありました。

数本「第2高速ペア」リフトで遊んでいると、時間差で「第3高速ペア」リフトが開いてくれました。

リフトに乗って「第3ゲレンデ」へ行ってみると、斜度もほどよくあって滑りやすかったです。

また、ターンを切っている方、グラトリをしている方など、この日で言えば1番人が集まっているコースだなと感じました。

ちなみに、「第3ゲレンデ」から「林間コース」を通って、「第2高速ペア」リフト乗り場まで全部流して滑ると、なかなかの距離を楽しむ事ができます。

滑りやすい斜度で流しながら滑りつつ、地形遊びができる林間コースは結構楽しかったです。

また、急斜度を楽しみたい場合でしたら、「第3ゲレンデ」から「第2エキスパート」を流せば、スピード感も楽しめます。

そして、「第2エキスパート」の脇には「コブ道場 エキスパート支部」というのがありました。

ですので、この2つのリフトを乗り継いで滑っていると、色々な遊び方が出来ました。

ただ、「コブ道場 エキスパート支部」は足の筋力と体力が、大量にもっていかれるので要注意です。

そして今回滑れた、もう1つのコースが頂上にある「第4ゲレンデ」になります。

「第4ゲレンデ」へ行ける「第4ペア」リフトからコースを見てみると、ここの雪もまだまだ付いている状態でした。

リフトを降りると、そこには「奥志賀コブ道場」の看板が。

3レーンぐらいのコブコースが用意されていて、かなりハード感があるコースです。

上か見てみると、なかなか長いコブコース。

足筋をガッツリ持っていかれる、まさに修行コースになります。

とはいえ、ランダムにコブがあるという感じでもなくて、すごくタイトなバンクコースのような感じでした。

3レーンあったので、一緒に行った友達と競争してみると、余裕の負け。

それと同時に、足筋と体力もかなりの消耗。

まだまだだなと痛感させられ、色々な意味での修行コースだなと感じました。

ちなみに、「第4ゲレンデ」は「奥志賀コブ道場」だけではなくて、普通に滑れるコースもあります。

斜度的にも滑りやすい感じでしたし、頂上というだけあって、5月にしては雪質も良い感じでした。

今回行った時に滑れたのは5コースですが、それでも滑った感はありましたし、色々な遊び方ができて楽しむ事が出来ました。

意外と長い距離も滑れましたし、地形遊びなどもできましたからね。

また、「奥志賀コブ道場」や「コブ道場 エキスパート支部」も、筋力や体力はもっていかれたものの、一種の「地形遊び」として楽しかったです。

「バンクコース風」なので意外と楽しめます。

今回は強風の影響で12時過ぎぐらいにリフトが全て止まってしまいましたが、ほぼ朝一の8:00から滑れたので良しとします。

とはいえ、「コブ道場」の影響で滑り終わった後の疲労感は、なかなかでしたけどね。

5月の奥志賀高原スキー場は色々な遊び方が出来て、楽しかったです。

奥志賀高原スキー場 公式サイト >

スポンサーリンク

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。5月の前半に行きましたが、色々と遊ぶ事が出来たので行って良かったなと感じました。

リフトが止まってしまったのは正直残念ではありますが、それでも満喫できた感じはあります。

パークなどはなかったですが、地形やコブ道場で遊ぶ事が出来たので、たっぷりと楽しむ事が出来ました。

ABOUT ME
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!