バッグ

コールマンのウォーカー15を徹底レビュー!使ってみての感想や入る荷物の量など!

有名ブランドColeman(コールマン)の「WALKER15(ウォーカー15)」を実際に購入して使ってみました。

ウォーカー15は、子供や女性に合いやすいリュックと書かれている事が多いですが、大人の男性である筆者が使ったらどれぐらいなのか気になる所でもありました。

実際に使ってみると、確かに小さめではありましたが、普通に使いやすかったです。

軽くて少ない荷物を入れておくにはちょうど良い大きさでしたし、背負っている時の身動きがしやすいリュックでした。

また、15Lですが、意外と荷物が入ってくれたところも良かったです。

そこで、今までいくつものリュックを使ってきた筆者が、Coleman(コールマン)のWALKER15(ウォーカー15)をレビューしていきます。

良かったら参考にしてください。

Coleman(コールマン)のWALKER15(ウォーカー15)をレビュー!

・今回レビューするのはこちらです。

はじめに、コールマン「ウォーカー15」の詳細を載せておきます。

容量:15L

サイズ:28(W) x 41(H) x 17(D) cm

重量:345g~365g
(カラーによって変動)

(※コールマン公式サイト 調べ)

有名なアウトドアブランド、コールマン(Coleman)のウォーカー15(WALKER15)

実際に使ってみたら、軽くて背負い心地も良く、小さめながら使いやすいリュックだなと感じました。

ポケットの使いやすさもあったので、シンプルながら良いリュックだなといった感じで、評判が良いのも納得です。

そんなコールマン「ウォーカー15」の感想を結論から言いますと、良かった所はこのような感じです。

・軽量で背負いやすい
・小さめで身動きがしやすい
・使いやすいポケットがある
・背面が蒸れづらいメッシュ生地
・雨が入りづらいジッパーフラップ

このような所が良いなと感じた所でした。

とはいえ、次のような方には合わないリュックかなとも感じます。

・頑丈な生地感のリュックが欲しい
・完全防水のリュックが欲しい
・荷物を入れなくても自立する物が欲しい

実際に使ってみて感じたのはこのような所でした。

そんな感じのコールマン「ウォーカー15」について、色々と書いていきます。

スポンサーリンク

外観

ウォーカー15の表面の生地は、ツルツルとした手触りで、少し薄めな感じになります。

凄く頑丈といった感じではなく、柔らかめの生地です。

とは言っても、すぐに破れるような感じでもありませんし、安っぽさは全く感じない生地感でした。

底面の生地は表面とは違って、耐久性に強い生地になっていました。

色々なブランドでよく見かける、リュックの一般的な生地感といった感じです。

両方の側面には、入り口がゴムになっているメッシュポケットがついています。

500mlのペットボトルや、折り畳み傘を入れておくことができました。

続いては、ウォーカー15の背面になります。

背中に当たる背面パネルは、パッド入りのメッシュ生地になっていました。

少し粗目のメッシュ生地ではありますが、通気性は良さそうな感じで、背負った時の背中への当たり心地も良かったです。

ショルダーベルトも同様のメッシュ生地と、パッドが入っています。

パッドの厚さは背中より少し薄めではありますが、クッション性もあって背負いやすかったです。

ショルダーベルトには、キーホルダーなどが付けられる「Dリング」と「チェストベルト」がついています。

チェストベルトの1部にはゴムが使用されていて、付けた時の圧迫感も少なくて良かったです。

スッキリとしたシンプルなデザインながらも、背負いやすさがある感じなので、アウトドアブランドの良さがあるリュックだなと感じました。

また、THEアウトドアという感じでもないので、色々なところで使いやすいリュックです。

ウォーカー15の防水性は?

ウォーカー15の、全てのジッパーには生地が被さる「ジッパーフラップ」構造になっていました。

雨が中に入りづらい構造です。

ただ、ジッパーは「止水ジップ」ではないので防水機能とは呼びづらい感じでした。

あくまでも、少しの雨を防ぐぐらいと思っていた方が良さそうです。

それでも無いよりマシな感じがしますので、急に降ってきてしまった場合には、少しぐらい役に立ってくれそうな感じがします。

ちなみに、コールマンの公式サイトには「防水」とは一切記載されていません。

中身(メインルーム)

続いては、ウォーカー15のメインルームになります

ダブルジッパーが使われているメインルームを開けてみると、ジッパーは中間より少し下の地点で止まる構造でした。

開く広さ的には問題ない感じです。

メインルームの背面側には大きめのポケット、蓋側には小分け収納できるポケットが付いています。

メインルームの底面をみてみると、「マチ」の形状がしっかり造られていました。

「マチ」があるので、荷物の出し入れもしやすかったです。

ここに、2Lのペットボトルを入れてみると、2本までは入ってくれました。

2本入れた状態でも、若干の余裕がある感じです。

そして、背面側のポケットにどれぐらいの物が入るのかを試してみました。

試してみたのは、「15.6インチのノートパソコン」と「A4ファイル」になります。

「A4ファイル」は一般的に販売している物と同じで、大きさは「タテ31cm、ヨコ23.5cm、高さ2cm」です。

まず15.6インチのノートパソコンを入れてみたところ、この大きさの物は入りませんでした。

さすがにこのサイズは無理ですね。

また、ポケットではなく、メインルームに直接入れてみたところ、ここにも入れる事は出来なかったです。

ですので、ウォーカー15に、このサイズの物は入れる事ができません。

次に、A4ファイルをポケットに入れてみたところ、少しキツメな感じではありますが、入れる事ができました。

続いては、蓋側の小分けポケットになります。

小分けポケットは2つ付いていて、ペン差しも付いています。

ここに、次のような物を入れてみました。

・「A6サイズのノート」
(5号 タテ14.8cm ヨコ:10.5cm 高さ:0.5cm)

・モバイルバッテリー

この2つを入れてみた所、ちょうど良い大きさで収納する事が出来ました。

また、上部にあるポケットは、「A6サイズのノート」を横にしても入れる事ができます。

ここの小分けポケットは、リュックの上部からのアクセスも良いので、すぐに取り出したい物を入れおくと便利でした。

キーフックもあるので、色々と使いやすかったです。

荷物が入れやすいように「マチ」も造られていましたし、小物をすぐに取り出しやすいように造られていたので、メインルームの構造的に使いやすかったです。

中身(サブポケット)

ウォーカー15には、表面に1つのサブポケット付いています。

シングルジッパーが使用されているポケットは、少しだけ「マチ」がある構造になっています。

ここに、次のような物を入れてみました。

・DVD
・DVDサイズのノート
・フェイスタオル

この全てを入れてみたところ、すんなりと入ってくれました。

ここのポケットを外からみると、少し立体的に造られているのが分かります。

この造りの影響で、この量を入れる事ができました。

深いポケットでもないので取り出しもしやすく、小物類や本を入れておくと便利なポケットでした。

ウォーカー15のサイズ感

コールマン「ウォーカー15」に、どれぐらいの荷物が入るのかを試してみました。

荷物の中には筆者の洋服も入れて見たのですが、筆者は主に「メンズのMサイズ」を着用しています。

入れてみた荷物がこちらになります。

【この時に入れた物】

・A4ファイル

・厚手のパーカー

・デニムパンツ(ジーンズ)

・半袖Tシャツ

・フェイスタオル

・DVD

・DVDサイズのノート

・モバイルバッテリー

・A6ノート

・500mlペットボトル(サイドポケット)

・折り畳み傘(サイドポケット)

これだけの物が入りました。

この量を入れた状態で、少しですが余裕はあった感じでした。

ですので、この他にも小物類のアクセサリーなどは入るかなといった感じです。

15L容量なので多くの荷物を入れる事はできませんでしたが、それでも着替えとかは入れる事ができました。

背負っている時のサイズ感

コールマン「ウォーカー15」を実際に背負っている状態になります。

これから出てくるのは筆者なのですが、筆者の体型はこちらになります。

【筆者の体型】
・身長:約170cm
・体重:約60kg

このような体型の筆者が「ウォーカー15」を実際に背負っている状態がこちらです。

【横からの状態】

【後ろからの状態】

筆者のような体型の人が背負ってみると、こんな感じになります。

ぜひ参考にしてください。

コールマン「ウォーカー15」レビューのまとめ

コールマンのウォーカー15を実際に使って感じたのが、小さめながら使いやすいリュックだなと感じました。

意外と荷物も入ってくれますし、軽いところも良かったです。

また、小さくて体にフィットしやすいので、背負っている時の背負い心地も良いなと感じました。

デザインもシンプルで使いやすいですし、子供や女性の方はもちろんの事、大人の男性でも使えるリュックでした。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。ウォーカー15を使う前は小さすぎるかなと思っていましたが、外に出ると意外と普通かなといった感じがしました。

リュックが小さいことで、背負っている時のフィット感も良かったですし、動きやすかったです。

また、THEアウトドアといった感じでもなく、街中でも使えるデザインなのも良いですからね。

品質や性能などを考えると、値段的にありがたい設定だなと感じる良いリュックでした。

ABOUT ME
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!