カルチャー・その他

スノーボードの大会Freeride Hakubaにメディア枠で参加させて頂きました!

世界的に注目が高い非圧雪地帯で開催されるスキー、スノーボードのフリーライド世界最高峰の大会「Freeride World Tour(FWT)」の白馬で行われた「Freeride Hakuba」に当サイトSNOWHACKがメディア枠という形で参加させて頂きました!

「Freeride World Tour(FWT)」とは人口的に作られたゲレンデでは無く、管理されていない非圧雪、非人口斜面をスキー、スノーボードで滑走する、いわゆるフリーライド、バックカントリーの世界最高峰の大会。

選手の採点の方法は
・「ラインの(滑走ルート)の難易度」

・「滑走のコントロール」

・「滑走全体の流動性」

・「ジャンプ」

・「基本滑走技術」

の5つの基本を踏まえた
「総合印象点」で採点されます。

世界で全5戦開催されている唯一最大のフリーライドの世界ツアーです。

また、FWTへの予選ラウンドとして「Freeride World Qualifier(FWQ)」も世界各地で開催されています。

「Freeride Hakuba」とはFWTの全5戦の1つFWT Hakubaとして長野県の白馬が開催地に選ばれ、FWTへの予選大会として日本人選考会も兼ねたFWQも開催されるスキー、スノーボードの世界大会です。

詳細はこちらから
http://www.vill.hakuba.nagano.jp/privilege/freeridehakuba/index.html

この「FWT」に開会式、選手サイン会から出席させて頂きました。

開会式、サイン会は白馬のアルプス広場で開催され、開会式が始まる前からスタンバイしていた筆者達ですが、スキー、スノーボードの選手達は早めに広場に集まっていて、開会式が始まる前から選手達はすでに楽しそうにしていました。

開会式が始まる少し前のサイン会には大人から子供まで大勢の人達が集まってきて、サインをもらうスペースには大勢の人達で賑わっていました。

たまたま白馬に来たらサイン会をやっている!という人もいたと思いますし、外国から来た人達にとっては海外に遊びに来て楽しんでいるうえに、更にはプロのスキーヤー、スノーボーダーからサインをもらえるというラッキーな方も多くいたと思います。

サインをもらえた人達はみんな嬉しそうでした。

開会式では、主催者の挨拶、大会の紹介、選手紹介、ボランティアをしていた方達の紹介等が日本語、英語と両方の言葉で行われ、初めから最後まで大勢の人達で盛り上がっていました。

英語が全く分からない筆者とsnowgoat氏は英語の通訳をしながら進められた進行にとても助かりました。

開会式の翌日はFWTが行われる予定日の1日目でしたが、天候、大会が開催される斜面の状況の関係で残念ながら延期になってしまい、 その代わりにFWTジャッジによるジャッジセッションとエキシビション滑走が開催されました。

ジャッジセッションとはFWTヘッドジャッジによる、大会説明や選手のライディングの何を評価しているかなど大会を観戦しているだけではわからない情報を伝えてもらえるセッションで、多くの方が参加していました。

エキシビション滑走はFWT選手がFWT開催候補斜面を本番さながらに滑るイベントだったのですが、このエキシビジョンでは多くの観戦客の人たちも多く集まり、滑る斜面はまさに自然の雪山でした。

この日はとても風が強く、筆者達が観戦していた場所でもかなり強風でしたが、この筆者達がいた場所より更に標高が高い強風の場所から滑る選手達・・

やはりFWTに参加できる人達は別次元のレベルだなと感じました。

エキシビジョンは主催者側から選手が滑る前にその選手の名前を挙げ、滑ってくるという流れでスタートしました。

筆者達がいた観戦場所から選手達が滑っている斜面の距離はもちろんかなり遠く、選手達が豆粒ぐらいの大きさでしか見えませんでしたが、それ程離れているのにも関わらずどの選手もすごいパウダーのスプレーが上がっており、何より滑っているスピードがものすごく早く、あっという間に滑り終わっていましたが、観戦場所は選手達が滑り終わる度に歓声が上がっていました。

そしてなんと!このエキシビジョンではFreeride Hakubaに参加する世界トップクラスのトラビス・ライスが滑走をしたのです!!

まさかトラビス・ライスが滑走するとは誰もが思っておらず、主催者側からトラビス・ライスの名前が挙がった時にはその場にいた人達が声をあげ、観戦場所が一気に盛り上がりました。

もちろん筆者のテンションも一気に上がったのは言うまでもなく、あの世界的にトップスターの滑りを撮ろうと持っていたカメラにも力が入りました。

撮影していた場所の遠さと、強風、そして何より筆者の興奮で力が入り過ぎた影響で、写真を確認した時にはこのようなブレブレの写真に・・・

この記事を読んで頂いているのに、すみませんでした・・・

ただ、やはりスプレーの上がり方とスピードはものすごかったです!

エキシビジョンの滑走が終わると、Freeride Hakubaに参加される布施忠さんにお会いする事が出来ました!

トラビス・ライスの滑走の後に、筆者がショップで働いている時や、山に籠っている時からビデオで見ていた日本のスノーボード界でトップクラスの方とお会いできてとてもテンションが上がり、一緒に写真を撮ってもらおうとお願いをした所、快く一緒に写真を撮って頂きました。

ありがとうございました!

更にはエキシビジョンで滑走したトラビス・ライスが筆者達の前に登場し、なんと!こちらも快く写真を撮らせて頂けました!

これほどのビッグネームの2人と写真を撮らせて頂けて感動物です!!

今年のFWT Hakubaは天候、斜面の状況、安全性の問題等の関係で開催予定期限内の白馬での開催は出来ず、大会は中止となってしまいました。

しかしながら、FWTの開催規模や、プロスノーボーダーのフリーライドを間近で体感する事が出来ました。

今回このFreeride Hakuba メディア枠の件でご連絡頂きました時には筆者もこのサイトを一緒に運営しているsnowgoat氏もとても驚きましたが、とても良い経験が出来ました。

ご連絡頂き本当にありがとうございました!
来年こそは白馬での開催を心より願っています。

気になった方は世界最高峰の大会、「Freeride World Tour」と「Freeride Hakuba」をチェックしてみて下さい!
Freeride World Tour
Freeride World Tourの公式サイト
https://www.freerideworldtour.com/ (英語)

Freeride Hakubaの公式サイト
http://www.vill.hakuba.nagano.jp/privilege/freeridehakuba/index.html

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!