バッグ

BURTONのMultipath 27L トラベルパックをレビュー!50/50に開くリュック

BURTON(バートン)のリュック、「 Multipath 27L トラベルパック」を実際に買って使ってみました。

50/50に開いてくれるトラベルパックで、旅行やジムなどで使いやすいというリュック。

実際に使ってみると、50/50オープンの入れやすさはもちろんの事、各ポケットも使いやすいなと感じました。

また、背面やショルダーベルトのパッドも厚めで、背負い心地の良さもあるリュックでした。

そこで、今までいくつものリュックを使ってきた筆者が、 BURTON(バートン)のリュック、「 Multipath 27L トラベルパック」をレビューしていきます。

良かったら参考にしてください。

BURTON(バートン)の「Multipath 27L トラベルパック」をレビュー

・今回レビューするのはこちらです。

はじめに、 BURTONの「Multipath 27L トラベルパック」の詳細を載せておきます。

【Multipath 27L トラベルパックの詳細】

容量:27L
サイズ:52cm x 33cm x 18cm
重量:1.00kg

(※BURTON公式サイト 調べ)

スノーボード、アウトドアブランドとして有名なBURTON(バートン)の「Multipath 27L トラベルパック」

実際に使ってみると、50/50オープンしてくれるメインルームが使いやすかったです。

ポケットの数も多めだったので荷物の整理もしやすかったですし、しっかりとしたショルダーベルトの背負い心地も良かったです。

そんな「Multipath 27L トラベルパック」の感想の結論から言いますと、良かった所は次のような感じです。

【Multipath 27L トラベルパックの良かった所】

・荷物が多い時の50/50オープンが使いやすい

・ポケットの数が多くて整理しやすい

・各所のポケットが使いやすい

・背負い心地が良いショルダーストラップ

・背面が蒸れづらいメッシュ生地

・頑丈な生地感

このような所が良いなと感じた所でした。

とはいえ、次のような所がデメリットかなとも感じます。

【Multipath 27L トラベルパックのデメリット】

・メインルームの荷物がすぐに取りだせない

・完全防水ではない

・荷物を入れないと自立しない

実際に使ってみて感じたのはこのような所でした。

そんな感じのMultipath 27L トラベルパックについて、次の順番でレビューしていきます。

それでは順番に、BURTON「Multipath 27L トラベルパック」について詳しくレビューを書いていきます。

スポンサーリンク

外観

「Multipath 27L トラベルパック」の表面の生地は、ポリエステル素材のキャンバス生地で造られていました。

ペラペラの薄い感じは一切なくて、ビジネスバッグなどで使われていそうな、しっかりとした生地感です。

生地はしっかりとしていますが、ガチガチの硬いという感じもなく、柔らかさもある生地感でした。

リュックの底面は、ターポリンのビニール素材のような感じで、耐水性にも強そうな素材が使われています。

少しぐらいの汚れならすぐに拭き取れそうな感じで、見た目からも頑丈そうなのが分かります。

リュックの上部には、太目の取っ手がついています。

細い布だけではないので、握りやすい上に持ちやすくなっていました。

また、同じような取っ手のハンドルがリュックの横にも付いています。

こちらも握りやすくて持ちやすい取っ手で、リュックを横にして持つ事もできました。

両サイドのポケットは、それぞれ違う形状のポケットが付いています。

まず、右側はジッパーが収納されているボトルポケットが付いていました。

ジッパーを開けると、ヒモで絞る事ができるポケットが付いていて、500mlペットボトルもスッポリ収まります。

そして、折り畳み傘を入れてみたところ、こちらも問題なく収納する事ができました。

そし左側のサイドポケットのジッパーを開けてみると、メッシュポケットや小分け収納できるポケットが出てきました。

ここのメッシュポケットを開けてみると、キーフックも出てきました。

鍵などを収納しておくには良さそうなポケットです。

また、電源ケーブルやモバイルバッテリーなども収納する事ができます。

ちなみに、ここのポケットはリュックを横にした時にも使いやすいポケットでした。

ですので、チケット類や定期券類など、すぐに取り出したい物を入れておくにも便利です。

続いては、「Multipath 27L トラベルパック」の背面になります。

背面は厚めでクッション性が良いパッドが付いた、メッシュ生地で造られていました。

また、キャリーバッグの取っ手に差し込めるように、中央にはベルトが付いています。

キャリーバッグとセットで使う場合には使いやすそうです。

ショルダーベルトの肩周りには、厚めのパッドが入っていました。

また、風通しが良いように中央に穴が開いていますが、表面に少し硬めの補強を入れる事によって、丈夫さも保たれています。

ショルダーベルトの厚いパッドは肩周りだけになっていて、下部の方は薄めのパッドのみでした。

ただ、背負い心地には何も問題なかったです。

むしろ、肩周りのパッドが厚めなので、多い荷物を入れても背負い心地は良かったです。

ショルダーベルトの中央には、胸元で留められる「チェストストラップ」が付いていました。

チェストストラップの片方の1部には「ゴム」が使われていたので、付けている時の圧迫感も軽減してくれました。

また、チェストストラップを付ける位置は変更する事ができるので、自分好みの位置に調整する事もできます。

もしも使わない場合は、そのまま外しておくことも可能です。

外観の最後は、ウェストベルトになります。

太目のベルトが使われていて、バックルは少し大きめの物が付いていました。

長さを調整する事はもちろんできますし、付け外しもできるので不要な時には外しておくこともできます。

実際に外してみたところ、1分もかからずに出来ました。

アウトドアブランドながらの背負い心地の良さや使いやすさがありながら、シンプルなデザインで使いやすいなと感じました。

アウトドア感、トラベル感が全面に出ていない感じなので、旅行先や街中でも普通どおり使いやすいデザインな所が良かったです。

中身(メインルーム)

続いては、BURTON「Multipath 27L トラベルパック」の中身(メインルーム)になります。

メインルールはダブルジッパーが使われていて、ジッパーには開閉しやすいようにリングが付いていました。

開けてみると、50/50にガバッと開いてくれます。

メインルームの両方にはメッシュ生地のフタが付いていて、広い方には荷物を圧縮できるバンドも付いていました。

バンドに中央には、付け外しができるバックルも付いています。

両方とも「マチ」の形状がしっかりとしていたので、荷物が入れやすいようになっています。

ただ、ジッパー周りを見てみると、普通どおりのポリエステル素材でした。

50/50オープンするトラベルバッグの場合、多い荷物を入れた時に閉めやすいように、ジッパー周りがゴム製で造られている事が多いです。

ただ、「Multipath 27L トラベルパック」はそれが無かったです。

とても大きいバッグという感じではないので、この辺りはしょうがないかなといった感じです。

このメインルームに、2Lペットボトルがどれぐらい入るのを試してみました。

実際に試したのがこちらです。

・2Lペットボトル:計5本
・500mlペットボトル:計1本

これぐらいの本数を入れる事ができました。

もちろん、この本数を入れてメインルームを閉める事もできます。

そして、広い方のメインルームに「15.6インチのノートパソコン」。

狭い方のメインルームに「A4ファイル」を入れたところ、両方ともスッポリ収まってくれます。

ただ、狭い方のメインルームに「15.6インチのノートパソコン」は収納できませんでした。

さすがにこの大きさは入らなかったです。

そして、1番小さい所に「半袖Tシャツ」2枚入れてみたところ、ちょうど良い大きさで収納できました。

小物類でしたら、次のような物も入れられます。

・DVD
・DVDサイズのノート
・新品の除菌シート

※「新品の除菌シート」は100均で買った物で大きさは(ヨコ21cm、タテ11cm、高さ5cm)。

50/50オープンで大きく開いてくれるので、荷物は入れやすかったですし、ゴムバンドで固定できるのも良かったです。

ジッパー周りがゴム製ではなかったですが、それでもこの大きさのリュックでしたら問題はないかなと感じました。

3ルームに分かれているので汚れ物なども区別できますし、使いやすいメインルームでした。

中身(サブポケット)

BURTONの「Multipath 27L トラベルパック」には、合計で6個のサブポケットがあります。

そのうちの2つが、「外観」で書いたサイドポケットです。

残りの4つのサブポケットうち、まず1つ目が背面に近いサブポケットになります。

ダブルジッパーが使われているポケットを開くと、中身の両面はパッド入りになっていました。

「マチ」は無いので、薄めの物を入れる事ができます。

ここに、「15.6インチのノートパソコン」と「A4ファイル」を入れてみたところ、両方とも入ってくれました。

これぐらいの厚さなら入ってくれます。

ただ、荷物は入りましたが、厚みがある物を入れてしまうとメインルームに膨らみができてしまいます。

実際に手で触ってみると、明らかに膨らんでいました。

ですので、メインルームに多い荷物を入れたい場合には、厚すぎる物は入れない方が良さそうです。

ちなみに、パソコンだけでしたら、メインルームの膨らみも気になりません。

次のサブルームは、リュックの上部にあるサブポケットです。

シングルジッパーが使われていて、雨が入りづらいようにジッパーカバーの形状になっていました。

開けてみると、中身はフリース生地になっています。

そして、ここにサングラスをケースごと入れてみると、ピッタリな大きさで収まってくれましたし、コンパクトカメラも余裕で入ってくれました。

ここのサブポットは上部からアクセスもしやすいので、すぐに取り出したい小物を入れておくと便利でした。

そして3つ目のサブポケットは、リュックの前面についているサブポケットです。

ダブルジッパーが使われているサブポケットで、開けてみるとガバッと広く開いてくれます。

ここのサブポケットの下部には、入れた荷物が落ちづらいように、補強もされていました。

こいう小さな便利さがあると良いなと感じます。

ここのサブポケットには、メッシュ生地のポケットの他に、背面にもポケットが付いています。

「マチ」が無いので厚みがある物は入れられませんが、「A4クリアファイル」ぐらいの大きさは入ってくれました。

サブポケットのメインにも、「A4クリアファイル」が入ってくれます。

ただ、こちらも「マチ」が無いので、厚すぎる物は入りませんでした。

メッシュ生地のポケットのうち、リュック本体側のポケットは「DVD」がピッタリ収まるサイズ感でした。

ただ、フタ側のメッシュ生地ポケットには「DVD」は入らなかったです。

ポケットのサイズ的には、フタ側のポケットの方が狭めに造られていました。

ちなみに、DVDより小さい「A6サイズのノート」でしたら入ってくれます。

【A6サイズのノートの大きさ】

・5号 タテ14.8cm ヨコ:10.5cm 高さ:0.5cm

そして4つ目で最後のサブポケットが、リュックの表面にあるサブポケットです。

シングルジッパーが使われていて、フタ側は少しだけ立体的に造られていました。

中身を見てみると、「マチ」の形状はありません。

ただ、フタが少し立体なので、少し厚みがある物でも入れられるようになっています。

ここに「A4クリアファイル」を入れてみたところ、この大きさの物は入りませんでした。

そして次に、「折り畳み傘」と「新品の除菌シート」を入れてみたところ、この2つでしたら入ってくれます。

ただ、ここのサブポケットは、3つ目のサブポケットのフタになるので、厚すぎる物を入れてしまうと裏側が膨らんでしまいます。

少し立体的に造られていますが、あまり厚すぎる物は入れない方が良さそうです。

ちなみに、リュックの横についている取っ手で持った時は、ここのポケットのアクセスが良いので、すぐに取り出し物を入れておくと便利なサブポケットでした。

横に取っ手が付いている事で、各サブポケットが使いやすくなるのは良かったです。

各サブポケットを色々と使ってみましたが、それぞれが使いやすいようになっているので整理もしやすかったです。

またリュックを横にする事で、アクセスしやすいサブポケットが増えるのも良いなと感じました。

Multipath 27L トラベルパックのサイズ感

BURTONの「 Multipath 27L トラベルパック」にどれぐらいの荷物が入るのかを試してみました。

荷物の中には筆者の洋服も入れて見たのですが、筆者は主に「メンズのMサイズ」を着用しています。

入れてみた荷物がこちらになります。

【この時に入れた物】

・15.6インチのノートパソコン
・A4ファイル
・厚手のパーカー×2着
・デニムパンツ(ジーンズ)×2本
・半袖Tシャツ×2枚
・フェイスタオル
・サングラスケース
・DVD
・DVDサイズのノート
・除菌シート(新品)
・モバイルバッテリー
・スマホの電源ケーブル
・折り畳み傘
・500mlペットボトル(サイドポケット)

これだけの物が入りました。

この荷物量ですとリュックはパンパンな状態になります。27L容量としては入る荷物量は多めかなと感じました。

50-50オープンのリュックなので、荷物は入れやすかったです。

背負っている時のサイズ感

BURTONの「 Multipath 27L トラベルパック」を実際に背負っている状態になります。

これから出てくるのは筆者なのですが、筆者の体型はこちらになります。

【筆者の体型】
・身長:約170cm
・体重:約60kg

このような体型の筆者が「 Multipath 27L トラベルパック」を実際に背負っている状態がこちらです。

【横からの状態】

【後ろからの状態】

筆者のような体型の人が背負ってみると、こんな感じになります。

ぜひ参考にしてください。

BURTONの「 Multipath 27L トラベルパック」レビューのまとめ

BURTONの「 Multipath 27L トラベルパック」を使ってみて感じたのが、50/50オープンで荷物が入れやすいのはもちろんの事、それに加えてポケットが使いやすいのが良いなと感じました。

各サブポケットがそれぞれ使いやすかったですし、生地もしっかりとして丈夫なのも良かったです。

普通のリュックのようなタイプではないので、メインルームからすぐに荷物が取り出せないというデメリットもありますが、総合的に見れば使いやすさはありました。

また、パッドの良さで背負い心地の良さも感じます。

デザイン的にもシンプルなので、旅行やジムに使う時には使いやすいリュックだなと感じました。

BURTON公式サイトはこちら↓

Burtonオンラインストア

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。BURTONの「 Multipath 27L トラベルパック」は、使い心地が良かったのもありますが、見た目のデザインの良さも良いなと感じました。

「THE・アウトドア」という感じがないので、どんな旅行でも、旅行先の街中でも使いやすそうです。

それにプラスして、アウトドアブランドながらの背負い心地、使いやすさが備わっているのも良かったです。

背負い心地が良い方が旅行も楽しみやすいですからね。

機能性はもちろんの事、デザイン的にも使いやすいリュックでした。

ABOUT ME
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!