ボードケース

eb’sニットカバーのサイズ感などをレビュー!エビスらしい面白デザイン!

eb’s(エビス)のKNIT COVER(ニットカバー)を実際に買って使ってみました。

スノーボードを守る大切なソールカバーですが、eb’sはデザインが色々とあるので、カバーだけでも面白味があるなと感じています。

また、使いやすさがあったり、生地がしっかりしていたりと、スノーボード専門ブランドとして性能も考えられているなと感じるカバーです。

そんなカバーを使った筆者が、eb’s(エビス)のKNIT COVER(ニットカバー)のサイズ感など、色々とレビューしていきます。

良かった参考にしてみてください。

eb’s(エビス)のKNIT COVER(ニットカバー)をレビュー

・今回レビューするのはこちらです。

スノーボードのアクセサリーブランドeb’s(エビス)の「KNIT COVER(ニットカバー)」。

実際に使ってみると、破れづらい構造になっていましたし、使いやすさも考えられているなと感じました。

デザインが色々とあるのも面白いですからね。

そんな感じのeb’sのKNIT COVERについて、次の順番でレビューしていきます。

それでは順番に、エビス「ニットカバー」について詳しくレビューを書いていきます。

スポンサーリンク

ノーズとテールの内側は補強されていた

eb’sニットカバーのテールとノーズの内側は補強されていました。

補強されている部分がこちらです。

カバーをひっくり返してみると、別の生地で補強されているのが分かります。

補強で使われているのは、フリースのような柔らかめの生地で、カバーの生地にプラスしてもう1枚補強されているといった感じです。

【生地をひっくり返した状態↓】

ノーズとテールの先端はダメージをくらいやすいですし、カバーの破れやすい箇所でもあるので、このような補強がされているのは良いなと感じました。

ウェストが太めの板でも入る

eb’sのKNIT COVERのベルトは、太めの板でも入るようにマジックテープの幅が広めに造られていました。

実際、ウェストが27cmの板でも、余裕で留める事ができます。

27cmの太さでも余裕がある状態なので、ある程度の太さの板でも留める事は出来そうです。

乾くのは早め

eb’sのニットカバーを濡らしてみたところ、干せば普通どおりに乾いてくれるといった感じでした。

ネオプレーン素材のソールカバーと比べると、乾きは早いです。

ニット素材のメリットでもありますが、早めに乾いてくれれば板もすぐに片づけられるので、この辺りも良かったです。

ショルダーベルトは付いていない

eb’sのKNIT COVERには、肩掛けができるショルダーベルトが付いていません。

ショルダーベルトは別売りになってしまうので、必要な場合は別で購入する必要があります。

ちなみに、別売りになっているのは、肩掛けができる「BOARD CARRY BELT」と、背負う事ができる「BACK BELT」の2種類があります。

eb’sニットカバーのサイズ感

eb’s(エビス)ニットカバーのサイズ感になります。

ここでは3枚のスノーボード板を入れて、どれくらいのサイズ感なのかを書いていきます。

今回使うニットカバーのサイズは、MLサイズになります。

【eb’s「KNIT COVER」対応サイズ表 】

・SMサイズ →138cm~150cmまで対応
・MLサイズ→150cm~165cmまで対応

eb’s(エビス)公式サイト参照

そして、MLサイズのニットカバーに対して、次のようなスノーボード板を入れてみました。

【入れたスノーボード板のサイズ】

※タップで読み飛ばしができます

・146cmのスノーボード板

・150cmのスノーボード板

・154cmのスノーボード板

今回は、150cm~165cmまで対応しているMLサイズのニットカバーに対して、この3つのスノーボードを入れてみました。

それぞれに入れたサイズ感を、順番にご紹介していきます。

ちなみに、筆者は150cmのスノーボード板に対して、KNIT COVERの「MLサイズ」を購入しました。

150cmのスノーボードは、短めで太めの、ショートワイド板になります。

・146cmのスノーボード板

MLサイズに対して146cmのスノーボード板を入れてみました。

すると、入る事は入りますがブカブカの状態で、生地にもかなり余裕がある状態でした。

見た目的にも大き過ぎるというのが一瞬で分かる感じなので、サイズは全然あっていないというのが分かります。

ですので、146cmに対しては、SMサイズを選んだ方が良いです。

・150cmのスノーボード板

今回筆者は、この板に使う為に、eb’sニットカバーのMLサイズを選びました。

この150cmの板は、短めで太めの「ショートワイド」の板になります。

【この時に入れた板のサイズ】

・SIZE:150cm
・WAIST WIDTH:27cm

150cmのスノーボード板に入れてみると、ピッタリよりかは少し余裕があるかなといった感じです。

ただ、板を入れた状態であっても、無駄なダボダボ感はなくて、手で持ってみても普通といった感じになります。

板を入れる時も、カバーを少し引っ張るだけで入ってくれるので入れやすかったです。

また、WAIST WIDTH(太さ)は27cmになりますが、カバーのベルトのマジックテープが幅広く造られているので問題ないどころか、余裕までありました。

ちなみに、eb’sニットカバーを選ぶ時、この150cmに対してSMサイズも入れてみました。

すると、かなり窮屈感があって、すごく力強くカバーを伸ばさないと入らない状態でした。

それに加えて、カバーにピッタリと入り過ぎていたので、外す時にもかなり力強く外す感じです。

ニットカバーは伸ばしながら入れたり出したりする物ですが、さすがにストレスを感じるほど窮屈だったので、MLサイズを選びました。

ですので、150cmのスノーボード板に対しては、MLサイズを選んでおいた方が良いです。

・154cmのスノーボード板

MLサイズに対して154cmのスノーボード板を入れてみました。

すると、カバーを少し伸ばすだけで、すんなりと板が入ってくれました。

窮屈感は一切ない感じで、無駄なダボダボ感もなく、ちょうど良いサイズ感です。

「eb’sのKNIT COVERレビュー」まとめ

eb’sの「KNIT COVER」は、ノーズとテールに補強が入っていたり、ワイドの板にも使えたりと、使いやすさも考えられているなと感じました。

ニット素材で乾きが早めな所も良かったです。

ショルダーベルトが付属していないので、必要な場合は別で購入する必要もありますが、デザインが豊富で自分らしさを出せるのも良いなと感じました。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。スノーボードのカバーは自宅の保管にも役立ちますし、ケースに入れた時の保護にもなってくれるので助かります。

ニットカバーだけでの移動もできますからね。

面白いデザインも沢山あるので、他の人とも被りづらくて良いなと感じました。

ABOUT ME
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!