バッグ

ザ・ノースフェイスのVAULTを徹底レビュー!サイズ感や使い心地など!

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)のVAULTを買って使ってみました。デザインがとてもシンプルな感じでありながら、27Lと容量も多めのリュック。

色々と見てみると、THE NORTH FACEとしては値段が安めな感じでしたが、実際に使ってみて、シンプルに良いリュックだなと感じました。

生地感はしっかりとしていましたし、サブポケットなども使いやすかったです。

そこで今回は、今まで数多くのリュックを使ってきた筆者が、THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)のVAULTを色々と詳しくレビューしていきます。

良かったら参考にしてください。

THE NORTH FACEのVAULT (ヴォルト)27Lをレビュー

・今回レビューするのはこちらです

はじめに、VAULTの詳細を載せておきます。

【VAULTの詳細】

・容量:27L

・サイズ:縦 約47 x 横 約30 x 幅 約15cm

重量:0.77kg

有名なアウトドアブランド、THE NORTH FACEの「VAULT」。

THE NORTH FACEとしては値段も安めながら、27Lと容量も多めなリュックになります。

そして、0.77kgと軽量な所も特徴的なモデルです。

そんな THE NORTH FACE「VAULT」を使った感想の結論を先に言うと、良かった所は次のような感じです。

【VAULTの良かった所】

・シンプルで使いやすいデザイン

・軽くて背負いやすい

・上部から荷物が出しやすいサブポケット

・しっかりとした生地感

・小分け収納できるポケット

・手で持ちやすい上部の取っ手

このような所が良いなと感じました。

とはいえ、次のような所がデメリットかなとも感じます。

【VAULTのデメリット】

・薄めで少し硬めなショルダーベルトが初めだけ違和感ある

・PCスリーブは15.6インチだとキツメ

・荷物を入れないと自立しない

実際に使ってみて感じたのはこのような所でした。

そんな感じのVAULTについて、次の順番でレビューしていきます。

それでは順番に、ノースフェイス「VAULT」について詳しくレビューを書いていきます。

スポンサーリンク

外観

THE NORTH FACE「VAULT」の生地は柔らかすぎず、硬すぎずの生地感でした。

しっかりとした生地感でありながら、柔軟性があるポリエステル生地が使用されています。

持ち上げてみると、軽かったので、この軽量感も良いなと感じました。

上部には、厚めな取っ手が2つ造られていました。

どちらもパッドが入っている取っ手になります。

実際に手で持ってみると、握りやすさがあるので持ちやすかったです。

また、それぞれにパッドが入っているので、持っている時に指が痛くなりづらいようになっていました。

メインルーム、サブポケットのダブルジッパーは、開けやすいように長めに造られています。

ジッパーもスムーズに開閉できましたし、持ちやすいので開けやすかったです。

両側面にはメッシュ生地のポケットも付いています。

それぞれのポケットに、500mlペットボトルと折り畳み傘を入れてみたところ、少し深めなので落ちづらい造りでした。

底面を見てみると、「マチ」の形状がしっかりと造られています。

幅も広めで多い荷物を入れられそうな感じがします。

ただ、丈夫な生地が使われていますが、硬い生地という感じではないので、荷物を入れてない状態だと自立はしません。

続いては、「VAULT」の背面になります。

背面には厚みがあり、少し硬めながらクッション性が良いパッドが付いていました。

中央は溝のようになっていて蒸れなどを軽減してくれますし、背負った時の違和感を軽減するための折り目も入っていました。

背負った時の背中への当たりも良かったです。

外観の最後は、ショルダーベルトになります。

ショルダーベルトには、少し硬めなパッドが入っていました。

触ってみると、背負った時に折曲がりやすいよう、生地内でパッドが区切られています。

パッドがありながらも、曲がりやすいので、背負い心地も良かったです。

ただ、パッドは薄めな感じで、とても分厚いという感じではありません。

薄めで少し硬めなので、初めは違和感があるなと感じがしました。

とはいっても、ガチガチに硬いという訳でもないので、肩に食い込むという感じではありませんし、背負っている時の肩にはしっかりフィットしてくれました。

もちろん、荷物を入れた時のクッション性もあります。

ショルダーベルトの中央には、胸元で留められる「チェストベルト」がついていました。

上下に移動する事もできるので、自分に合う所で調整することができます。

ちなみに、取り外すことはできません。

そして、ショルダーベルトの先端は「輪っか」の形状をしています。

ここの輪っかに指を入れて引っ張れば、背負ったままでも長さを調整することができます。

背負っている時にリュックを上げたいという場合でしたら、これを引っ張れば簡単にリュックを上部に上げる事ができます。

意外とこれを付けているリュックは少ないので、小さい事ですが、この辺りも良いなと感じました。

デザイン的にはシンプルな感じで、色々なところで使いやすそうな感じでした。

生地感的にもしっかりとしていましたし、背負い心地も良かったです。

中身(メインルーム)

続いては、THE NORTH FACE「VAULT」の中身(メインルーム)になります。

ダブルジッパーが使われているメインルームは、横幅のマチの形状もあり、底部にもマチが形成されているのが分かります。

メインルーム内に2Lペットボトルが試してみたところ、3本まででしたら入りました。

ジッパーもスムーズに閉まりますが、横幅はギリギリ入ったという感じです。

そして、背面にはパソコンなどを入れるポケットも付いています。

ここに「15.6インチのノートパソコン」と、「A4ファイル」を入れてみました。

それぞれのサイズは、次のような大きさです。

・「15.6インチのノートパソコン」
タテ37.9cm ヨコ26cm 厚さ2.5cm

・「A4ファイルのサイズ」
タテ31cm ヨコ23.5cm 厚さ2cm

まず、「15.6インチのノートパソコン」が入るか試してみたところ、入れる事はできました。

ただ、かなりキツイ状態で、強く押し込んだ感じになります。

横幅がキツメだったので、取り出す時も強く引っ張り出すような感じです。

ですので、人によっては入れづらさを感じそうだなと感じました。

ちなみに、ポケットではなく、普通にリュック内に入れる場合でしたら、何も問題なく収納する事ができます。

次に「A4ファイル」を入れてみたところ、こちらは問題なくポケットに収納する事ができました。

また、「A4ファイル」を2冊入れてみても収納する事ができるので、これぐらいのサイズでしたら問題ありません。

15.6インチのノートパソコン以下でしたら背面のポケットに入るので、同サイズのタブレットでしたら入れられます。

そして、マチの形状がしっかりとあるメインルームでしたので、荷物の出し入れはしやすかったです。

中身(サブポケット)

THE NORTH FACEのVAULTには、1つのサブポケットがあります。

リュックの上部からアクセスできるポケットで、ダブルジッパーが使われていました。

ポケット内は浅めになっていて、周りには「マチ」がある形状をしています。

ポケットの深さは、リュックの半分より少し上ぐらいです。

ジッパー付きのポケットを開けてみると、キーフックが中に入っています。

鍵などを付けておけるので、大切な物をかけておくことができます。

そして、ジッパー付きポケットに、次のような物を入れてみました。

・DVD
・DVDサイズのノート

この2つを入れてみた所、ちょうど良いサイズ感で収まってくれました。

ただし、ジッパー付きポケットには「マチ」が無いので、厚すぎる物は入れる事ができなかったです。

次に、小分け収納できるポケットにも物を入れてみました。

・モバイルバッテリー
(縦:9.8cm 横:6.1cm 厚さ:2cm)

・ボールペン×2本

・A6サイズのノート
(5号 タテ14.8cm ヨコ:10.5cm 高さ:0.5cm)

小分け収納できるポケットは4つあり、左右の両端が広めのポケットになっています。

両端のポケットは同じ広さで、10.5cmのノートで若干余裕があるぐらいでした。

深さは、9.8cmのモバイルバッテリーがスッポリと収まるサイズ感です。

また、ここのサブポケットは上部からアクセスしやすいので、すぐに取り出したい物を入れておくには便利でした。

そして、サブポケットの最後は、ポケット内に荷物を入れてみました。

・フェイスタオル

・新品の除菌シート
(ヨコ21cm、タテ11cm、高さ5cm)

新品の除菌シートは、100均で売っているような物になりますが、この2つを一緒に入れることができます。

サブポケットのフタにあたる、リュックの上部は少し立体に造られているので、厚みがある物を入れてもジッパーがスムーズに閉まってくれました。

整理しながら収納ができて、上部からアクセスしやすい浅めのポケットなので、荷物が取り出しやすくて使いやすいサブポケットでした。

VAULT 27Lのサイズ感

THE NORTH FACE「VAULT 27L」にどれぐらいの荷物が入るのかを試してみました。

荷物の中には筆者の洋服も入れて見たのですが、筆者は主に「メンズのMサイズ」を着用しています。

入れてみた荷物がこちらになります。

【この時に入れた物】

・15.6インチのノートパソコン
(タテ37.9cm ヨコ26cm 厚さ2.5cm)

・A4ファイル×2冊

・厚手のパーカー

・デニムパンツ(ジーンズ)

・半袖Tシャツ×2枚

・フェイスタオル

・新品の除菌シート

・モバイルバッテリー

・小さいノート

・ボールペン×2本

・DVD

・DVDサイズのノート

・500mlペットボトル(サイドポケット)

・折り畳み傘(サイドポケット)

この荷物の量を入れると、パンパンな状態になります。

パソコンやファイルを出せば、人によっては1~2泊ぐらいの荷物量は入れられる感じです。

サブポケットにも荷物を入れられるので、整理しながら荷物を入れる事ができました。

背負っている時のサイズ感

ノースフェイス「VAULT」を実際に背負っている状態になります。

これから出てくるのは筆者なのですが、筆者の体型はこちらになります。

【筆者の体型】
・身長:約170cm
・体重:約60kg

このような体型の筆者が「VAULT」を実際に背負っている状態がこちらです。

【横からの状態】

【後ろからの状態】

筆者のような体型の人が背負ってみると、こんな感じになります。

ぜひ参考にしてください。

THE NORTH FACE「VAULT」レビューのまとめ

THE NORTH FACEのVAULTを使ってみて、シンプルなデザインでありながら、使いやすいサブルームや、軽量なところが良いなと感じました。

入る荷物の量も多めでしたし、色々なところで使いやすそうです。

荷物を入れなければ自立しなかったり、PCスリーブに15.6インチのノートパソコンがキツメだったりという部分があるので、その辺りはデメリットかなとも感じます。

また、ショルダーベルトが薄めで少し硬いので、はじめだけ違和感があったというのもありました。

とはいっても、荷物を入れても肩や背中へのストレスも少なくて、背負い心地は良かったです。

デザインやポケットなどの性能などを考えたら、使いやすい良いリュックだなと感じました。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。VAULTをはじめて見た時には、THE NORTH FACEとしては値段が安めだったので、どんなデメリットがあるのか考えてしまうぐらいでした。

やはり安めだと気になる所がありますからね。

ただ、実際に使ってみたら、シンプルで使いやすかったですし、背負い心地も良かったので、値段を考えたらすごく良いなと感じました。

軽量でしたし、手でも持ちやすかったので、シンプルに良いリュックだなと感じました。

ABOUT ME
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!