グローブ

SALMON ARMSのSpring Gloveをレビュー!サイズ感や使い心地など!

SALMON ARMS(サーモンアームズ)の「Spring Glove」を購入して使ってみました。

生地が薄めなので、シーズン初めや春先などに使いやすいグローブですが、デザインも面白かったのでこのグローブを選んでみました。

筆者は以前、スノーボードショップでゴーグルやグローブなどのアクセサリー担当として働いていた経歴があるのですが、「Spring Glove」は使う日の天気や気温を間違わなければ使いやすいなと感じます。

そこで今回は、実際に使ったSALMON ARMS(サーモンアームズ)の「Spring Glove」を色々と詳しくレビューしていきます。

良かったら参考にしてみてください。

SALMON ARMS(サーモンアームズ)のSpring Gloveをレビュー

・今回レビューするのはこちらです

スノーボードのグローブブランド「SALMON ARMS(サーモンアームズ)」の「Spring Glove」。

他にはない派手なデザインが多くて、他ブランドのロゴなどをオマージュしたグローブが多いブランドになります。

Spring Gloveは、シーズン初めや春先、シーズン中の暑い日などで使いやすい薄いグローブです。

そんなSpring Glove使ってみた感想を先に書くと、次のような所が良かったです。

・薄くて手が動かしやすい

・汗をかきづらいので蒸れづらい

・濡れても乾きやすい

・脱着が簡単にできる

・デザインがおもしろい

このような所が良いなと感じました。

ただ、次のようなデメリットもあるなと感じます。

・暑い日以外のトップシーズンは寒い

・グローブが濡れやすい

・袖口から雪が入りやすい

・スマホは操作できない

このようにも感じました。

そんな感じの、SALMON ARMS「Spring Glove」について詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

外観

SALMON ARMS「Spring Glove」の外観になります。

生地は柔らかめで、かなり薄めな感じで造られているグローブでした。

触った瞬間に、その薄さがすぐに分かる感じです。

手の平のプリントはすぐに剥げるような感じではありませんが、使い続けていくうちに少しずつ剥げそうだなといった感じがします。

ノリがメインのブランドなので、その辺りはしょうがない感じですかね。

グローブの入口周りには、ベルトなどを絞ったり閉めたりする物はなく、単純に手を入れるだけの造りになっていました。

ですので、すぐに付け外しができるようになっています。

脱着に関しては凄く簡単にできるグローブです。

グローブを裏返してみると、手の甲は起毛生地、手の平は薄いスウェードのような生地になっていました。

手の甲は外側と内側の2層構造で、手の平は1枚構造の造りでした。

また、親指と人差し指の間は補強もされています。

破けやすい箇所になるので、意外としっかり考えられているなと感じました。

全体的には薄めな感じなので、使いやすさを重視したグローブだなといった感じです。

そして、デザイン的にはおもしろいので、他にはあまりないグローブだなと感じます。

実際につけてみた

SALMON ARMSのSpring Gloveを実際につけてみました。

手を入れてみると、裏地にある縫い目などを感じて、フィット感の良さも感じました。

グローブの厚さは感じません。

グローブの厚さを感じないので、指はとても動かしやすかったです。

ビンディングの操作もしやすかったですし、物を掴むのもやりやすい感じでした。

この薄くて使いやすいのがメリットだなと感じます。

また、グローブの入口には、グローブをつける時に引っ張れる箇所があるので、指を奥までいれるには便利でした。

ただ、厚さがない分、寒い時には使えないなというのが、手を入れた瞬間に分かります。

動きやすさがあるのは良いですが、やはり保温性は期待できない感じです。

とはいっても、暖かい日をメインとして使うグローブなので、そのような日には手が暑くなりづらく、蒸れづらそうなのが良いなと感じました。

スマホは操作できない

SALMON ARMSのSpring Gloveをつけてスマホを操作してみたところ、まったく操作できませんでした。

ですので、スマホを操作する場合にはグローブを外す必要があります。

SALMON ARMSのサイズ感

SALMON ARMSのサイズ感になります。

今回筆者が買ったグローブは「Sサイズ」になります。

筆者の手の大きさはグローブや、スノーボード以外の手袋などを着ける時には、基本的にS~Mサイズの物を使用しているサイズ感です。

ちなみに、手の大きさを測ると、次のような感じです。

・手長:18cm
(中指から手首まで計測)

・手囲い:21cm
(手のひら1周を計測)

SALMON ARMSは日本正規品でも、アメリカの規格なので「少し大きめ」のグローブになります。

今回は使いやすさを重視に考えていたので、ピッタリの「Sサイズ」を選びました。

手にピッタリとフィットしている感じなので、指も敏感に動かしやすい感じです。

ただ、筆者はかなりピッタリのサイズで選んだので、少しぐらいの余裕が欲しいという場合でしたら「Mサイズ」を選らんだと思います。

今回は、フィット感を重視したかったので「Sサイズ」を選びました。

11月のゲレンデで使ってきました

SALMON ARMS「Spring Glove」を11月の後半に使って滑ってみました。

この日は晴れていたのですが、手が暑くならなかったので汗もかかず、ちょうど良い感じで使う事ができました。

ちなみに、この日の気温は最高9度になります。

薄くて手も動かしやすかったので、ビンディング操作もやりやすかったです。

ただ、グローブの入口が短いので、転んだ時などに雪が袖口から侵入してきました。

また、使っていくうちに少しずつ指先ぐらいから濡れ始めてきたというのもあります。

防水性能は少しぐらいあるかと思いますが、使いやすさ重視という事もあって、濡れやすいというのはありました。

この日は最高9度という気温で晴れていたという事もあるので、少し濡れるぐらいでしたら問題ない感じです。

とはいっても、トップシーズンの寒い中だと、さすがに手が痛くなりそうだなと感じます。

SALMON ARMSのSpring Gloveは、暖かい日にはちょうど良いですが、寒い日には向いていません。

SALMON ARMS「Spring Glove」レビューのまとめ

SALMON ARMSのSpring Gloveを使ってみて感じたのが、薄くて指が動かしやすく、暖かい日には手が暑くなりづらいのが良いなと感じました。

デザインもおもしろみがありますし、簡単に脱着ができるのも良かったです。

ただ、トップシーズンの寒い日には使えなかったり、グローブが濡れやすい、入口から雪が侵入しやすいとデメリットもありました。

ですので、暖かい日にしか使えないという部分はあります。

とはいっても、晴れて暖かい日には蒸れづらいですし、使っていて使いやすさがあったので、シーズン初めや春先にはピッタリなグローブだなとも感じます。

他にはない面白いデザインですし、使う日を間違わなければ十分使えるグローブだなと感じました。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。SALMON ARMSのSpring Gloveは、シーズン初めや春先をメインとして考えて購入したグローブなので、そのような日に使うには良いグローブだなと感じました。

手先が面白いデザインというのも気に入っています。

脱着も簡単にできましたし、暖かい日に蒸れづらかったので良かったです。

ABOUT ME
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!