グローブ

eb’sのGORE-TEX GAME CHANGERをレビュー!サイズ感や使った感想!

eb’s(エビス)のグローブ、「GORE-TEX(ゴアテックス) GAME CHANGER」を実際に買って使ってみました。

GORE-TEXの防水性の良さに加え、GORE Plus WARMの技術も使われている保温性も高めのモデルです。

そして、eb’sと言ったらクオリティーに対しての値段が安めなので、色々と期待度が高まります。

筆者は以前スノーボードショップでゴーグルやグローブなどのアクセサリー担当のスタッフとして働いていた経歴があるのですが、eb’sのGORE-TEXという事で興味がありました。

今までeb’sはGORE-TEXを使ったグローブがなく、初めての展開という事で興味がそそられます。

そんなGORE-TEX GAME CHANGERが気になったので、実際に買って使ってみました。

そこで、実際に使ってみた、eb’s(エビス) のGORE-TEX(ゴアテックス) GAME CHANGERを色々と詳しくレビューしていきます。

良かったら参考にしてみてください。

eb’s(エビス)のGORE-TEX(ゴアテックス) GAME CHANGERをレビュー

・今回レビューするのはこちらです

スノーボードのアクセサリーブランドとして有名なeb’s(エビス)のGORE-TEX GAME CHANGER

GORE-TEXに加えて、GORE plus WARMが使われているのにも関わらず、値段が税込み1万円以下という価格のグローブ。

ちなみに、GORE-TEX社での正式名称は「GORE-TEX Plus WARM」になります。

従来のGORE-TEXにプラスして、保温効率をアップさせた技術です。

クオリティーの良さを残しつつ、値段を抑えてくるのはeb’sらしいなと感じました。

そんな GORE-TEX GAME CHANGER を使ってみた感想を先に書くと、次のような所が良かったです。

・見た目がスマートで中身がしっかりしている

・手を入れた時の手触りが良い

・保温性は良かった

・中身は5本指で握りやすい

・手首のカフが少し長め

・脱着が簡単にできる

・グローブリーシュが便利

このような所が良いなと感じました。

ただ、次のようなデメリットもあるなと感じます。

・春シーズンなどは暑そう

・付け外しのインナーグローブはない

・スマホ操作ができない

このようにも感じました。

そんな感じの、eb’sの「GORE-TEX GAME CHANGER」について詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

外観

eb’s「GORE-TEX GAME CHANGER」の外観になります。

グローブを触ってみると、ペラペラに薄いという感じは一切なく、しっかりとした厚さがあるなと感じました。

見た目的にはスッキリとしていますが、中身の厚さを感じます。

とはいっても、厚過ぎるという感じではありませんし、生地も柔らかいので、ゴワゴワしているという感じではありません。

手首に当たる「カフ」は少し長めに造られていました。

転んだ時に雪が入りやすい所なので、マジックテープでしっかり閉めれば、雪の侵入も防げるような作りです。

手の平はレザーのような素材が使われていました。

こちらも柔らかい素材で、耐久性が高そうな素材が使われています。

滑り止めの効果もありそうなので、物を持った時のグリップ力が期待できる感じですし、ビンディング操作もやりやすい感じです。

生地的にもすぐにボロボロに削れるような感じはせず、耐久性も良さそうな印象を受けました。

また、親指の付け根辺りには「切り返し」も入っていました。

この「切り返し」が入っている事で親指が動きやすくなるので、細かいですがこのような所も良いなと感じます。

グローブのカフ辺りには、小さいバックルも付いていました。

バックルを繋げば両方を一緒にしておけるので、収納ケースに入れた時にまとめておくことができます。

「片方だけみつからない」問題を防げるので、この辺りも良いなと感じます。

外観の最後は、グローブの入口に付いているグローブリーシュになります。

腕に通した後に絞れるようになっていたので、リフトなどでグローブを外す時にも安心できます。

見た目はスマート感がありながらも、中身がしっかりと造られている感じが分かりますし、造り的にも耐久性がある印象を受けました。

そして、親指の付け根に切り返しがあったり、カフが少し長めに造られたりしていて、細かい所も作りこまれているなと感じました。

実際につけてみた

eb’sのGORE-TEX GAME CHANGERを実際につけてみました。

手を入れた後に、手首のマジックテープを付ければ良いだけなので脱着は簡単です。

そして、外観はミトンですが、中身が5本指に分かれているので指の動かしやすさがありました。

全ての指が1本1本包まれている感じがして、保温性にも期待ができる感じです。

グローブの中身は、柔らかくて手触りが良い素材が使用されていました。

薄いという感じは一切しないながらも、分厚くて指が動かしづらいという感じもありません。

親指の付け根に切り返しがあるので、指の動きにストレスは感じませんでした。

握りやすさも感じたので、ビンディング操作などもしやすそうです。

そして、GORE-TEX GAME CHANGERを付けて良かったのが「カフ」の長さ。

手首に当たる「カフ」は少し長めだったので、転んだ時に雪が侵入しづらいように造られていました。

また長すぎるという感じもなく、手首も動かしやすい感じです。

「カフ」の裏生地も手触りと保温性が良くて、手首まで温かくしてくれます。

この「カフ」の長さは良いなと感じました。

ただ、温かいスキー場で使うと暑くなりそうだなとも感じました。

例えば、シーズン初めとか、3~5月ぐらいの春シーズンとか。

もちろん、寒さが苦手な方の場合でしたら、暖かいシーズンでも問題なく使えると思います。

シーズン初めや春シーズンとはいえ、スキー場の気温は低めですからね。

しかし、手が暑くなるのが苦手という方の場合でしたら、保温効果が高すぎるので、もう少し薄めのグローブを使った方が良いなとも感じました。

GORE-TEX GAME CHANGERを実際に付けてみて、手触りが良い中身で保温性を感じますし、中が5本指で動かしやすいので使いやすいなと感じました。

そして、手首の「カフ」が少し長めなので雪の侵入を防いでくれたり、温めてくれたりしてくれるのが良いなと感じます。

スマホ対応はしていない

GORE-TEX GAME CHANGERはスマホ対応していませんでした。

実際にスマホを操作してみたところ、いっさい反応しなかったです。

ですので、スマホを操作したい時にはグローブを取る必要があります。

ちなみに、公式サイトの説明欄にも、スマホ対応できるとは記載されていません。

付け外しのインナーは付いていない

GORE-TEX GAME CHANGERには、インナーグローブは付属していません。

もしもインナーグローブを付けたい場合には、別売りで購入する必要があります。

GORE-TEX GAME CHANGERのサイズ感

eb’s「GORE-TEX GAME CHANGER」のサイズ感になります。

今回筆者が使ったのは「Mサイズ」です。

筆者は成人の男性で、手の大きさはグローブや、スノーボード以外の手袋などを着ける時には、基本的にS~Mサイズの物を使用しているサイズ感です。

ちなみに、手の大きさを測ると、次のような感じです。

・手長:18cm
(中指から手首まで計測)

・手囲い:21cm
(手のひら1周を計測)

eb’sは日本発の国産ブランドになりますので、サイズ展開も日本人を基準としています。

そんなeb’sのGORE-TEX GAME CHANGERのサイズを選んだ時、「Sサイズ」は小さ過ぎる感じがしました。

そして、「Lサイズ」を試着した時には、大き過ぎる感じ。

筆者の手には「Mサイズ」がピッタリとハマりました。

ピッタリと言っても、手を入れてキツイという感じは一切ありません。

ただ、中にインナーグローブを入れるとすれば、「Lサイズ」を選んでいるなという感じです。

今回はインナーを入れることは考えていないので、Mサイズを選びました。

1月のスキー場で使ってきました

eb’s「GORE-TEX GAME CHANGER」を、1月のスキー場で使ってきました。

使ったのは、豪雪で有名な夏油高原スキー場になります。

そして、使った日のスキー場は次のような状況でした。

・天気:曇り 時々 雪
・最低気温:-10度
・最高気温:-5度

ちなみに、インナーグローブは使っていない状態です。

このような状況で使ってみたところ、手に寒さを感じる事はなく、むしろ暖かい状態をキープしてくれていました。

この日はグローブを外した素手の状態だと、手が痛くなってくるような状況。

そんな状況ではありますが、グローブを付けると保温性が良くて暖かいという感じでした。

インナーを付けていなくても保温性が良かったので、さすがはGORE Plus WARMを使っているグローブといった感じです。

もちろん、インナーを付ければ保温性はもっと上がると思いますが、無くても問題なく使えました。

そして、中が濡れてくるという事はなかったので、放水性もしっかりとしていました。

北海道のスキー場で使ってきました

eb’s「GORE-TEX GAME CHANGER」を、北海道のスキー場で使ってきました。

使ったのは、1月後半のニセコ・ヒラフになります。

そして、使った日のスキー場は次のような状況でした。

・雪
・最低気温:-15度
・最高気温:-7度

インナーグローブは使っていない状態です。

そして、ニセコ・ヒラフにある温度計は-12度でした。

風も強めで寒い状況でしたが、手が寒いと感じる事はなくて、指先が痛くなるという事はなかったです。

さすがに寒くなるかなと思っていましたが、普通どおり快適に滑れました。

ただ、頂上のリフトが止まってしまうぐらいの強風の日という事もあり、気付いたらグローブの手の平が軽く凍っていました。

他のグローブでも同じような事が起こりますが、eb’sの「GORE-TEX GAME CHANGER」も同じ感じです。

ただ、それでもグローブの中の保温性はちゃんと確保されていて、寒さは感じなかったので良いグローブだなと感じます。

eb’s「GORE-TEX GAME CHANGER」レビューのまとめ

eb’sの「GORE-TEX GAME CHANGER」を使ってみて感じたのが、保温性がしっかりありながら、細かい使いやすさがあるのが良いなと感じました。

GORE-TEXとGORE Plus WARMで防水性、透湿性、保温性を確保しつつ、手首まである「カフ」の長さも良かったです。

また、指が動かしやすいようになっていたので、スノーボードのビンディング操作もやりやすく感じました。

ただ、素材や厚さを考えると、シーズン初めや春シーズンでは暑くなりやすいのがデメリットかなとも感じます。

寒さが苦手な人でしたら問題なさそうですが、手が暑くなるのが苦手な人は、暖かいシーズンは違うグローブを使った方が良さそうです。

とは言っても、寒いトップシーズンでしたら保温性は良かったですし、このクオリティーで税込み1万円以下はありがたい所だなとも感じました。

eb’sらしい品質の高さと値段の安さを感じる事ができたので、良いグローブだなと感じました。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。以前にもeb’sのグローブは使った事がありましたが、保温性や防水性の良さはもちろんのこと、使いやすさも感じる事ができる良いグローブでした。

クオリティーに対しての値段の安さも嬉しいところですけどね。

今回のGORE-TEX GAME CHANGERは素材がグレードアップしつつ、いつもながら値段が抑えられているのが良いなと感じました。

eb’sは耐久性も良いので、長く使えるグローブだなとも感じます。

ABOUT ME
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!