スキー場

4月の中旬頃にGALAスキー場へ行ってきたのでレビューします

春の温かい陽気になった4月の中旬頃にGALAスキー場へ行ってきました。

この記事を書いている今年は全国的に暖かくなるのが早く、雪がどれだけ残っているかは気になるところではありました。

ただ、SNSなどを見るとまだま雪が残っていて、滑っている人も多い状況です。

4月は春の陽気とはいえ、まだまだシーズンは続いていますからね。

そこで今回は、4月の中旬に行ったGALAスキー場について色々とレビューしていきます。

4月中旬のGALAスキー場をレビュー!

この日は4月中旬の平日で、筆者は新幹線で行ってきました。

新幹線内にはスキーやスノーボードを持っている人もチラホラみかける感じです。

ただ、やはりトップシーズンと比べると人数は少ない状態でした。

そして、スキー場に到着し、着替えて早速ゴンドラへ乗り込みました。

ゴンドラ内から駅があるセンターハウス周りを見てみると、全然雪がない状態です。

この雪がない状態を見ると「春だな~」なんて感じになります。

これだけ道にも雪が無い状態ですし、高速道路のI.Cからも近いので、雪道に慣れてなくても来やすい感じです。

ゴンドラを少し乗っていると少しずつ残りの雪が出てきました。

ただ、数日前に雨が降ったという情報だったので、スキー場からの下山コースは雪が剥げている状態でした。

この辺りはしょうがないかなといった感じです。

いざスキー場についてみたら、センターハウス周りとは景色が変わり、かなり雪が残っている状態です。

雪解けが早いと言われているこのシーズンですが、しっかりと滑れる状態でした。

この日は午前8:30にスキー場に到着し、天候は曇りだったのですが、雪質はトップシーズンまでとは言いませんが、思っていたよりは締まっている感じです。

雪の緩みはありますが、滑る分には十分は雪質でした。

4月のGALAスキー場でも、これだけ滑れる状況です。

到着した時は、まだ目の前にあるリフトしか営業していなかったので、他のリフトが動きだすまで目の前のリフトで滑っていました。

リフトに乗っていると、やはり所々に土は出てきている状態ではありましたが、コース内に土が出ている所はほぼ無い状態でした。

リフトを降りた所は一面雪の状態、リフトから更に上も雪の状態、コース内もほぼ雪の状態です。

まだ午前中という事で滑っている人も少なかったので、コース内の荒れも少なく、気持ち良く滑る事が出来ました。

ただ、迂回になっている初心者コースには落ち葉が落ちており、所々が少し土混じりの雪になっていました。

とは言っても、滑るには問題ない程度です。

この初心者コースを滑って行くとコース端の壁にも雪が残っていたので、地形遊びも楽しむ事が出来ました。

数本同じリフトで滑っていると、更に上に行けるリフトがオープンしたので、さっそく行ってみました。

リフトの下から見た景色的にも、コースにはしっかりと雪がついていましたし、リフトを降りた所にも土が出ている所はない状態でした。

ただ、ここのコースの最後の所は斜度が全然ない平らな所なのですが、筆者の板のメンテナンス不足のせいか、途中で止まってしまう状態でした。

滑っていると板にブレーキがかかる感覚で1度もリフト乗り場や、下のコースには届かず、毎回ビンディングを外していました・・

実はこの日、簡易ワックスを忘れてしまっていたので、結構後悔しています。

しばらくすると次はGALAスキー場の北エリアがオープンしました。

オープンするまでは「CLOSE」の旗が北エリアの目の前にあったので、もうオープンはないかと思っていた筆者はかなり嬉しかったです。

こちらのエリアの雪も土がほぼ混じっていない状態でしたが、気温の上昇と共に水分が多いシャバ雪になり始めていました。

滑っているうちに凹凸も増えてきて中々難しいゲレンデ状況になってきました。

この北エリアにはジャンプ台が1つと、そことは違う場所に1つのジャンプ台とレール、BOXが設置してありました。

ジャンプ台が1つの所はコースの途中に設置してあったのですがその他のアイテムは少し歩いて上る所にありました。

この時期なら雪質が緩んで転んでもダメージが少ないので、練習がしやすくて筆者は好きです。

ちなみに、この北エリアを下から見るとこんな感じでした。

写真の左側にジャンプ台があり、右側はコブ斜面のコースになっています。

この写真では写っていませんが、更に両端にコースがあり、その両端のコースもオープンしていました。

4月のGALAスキー場でも、これだけのコースがオープンしています。

この日にオープンしていたのは中央エリアの全面と、北エリアの1部で、やはり雪質はトップシーズンと比べると水分が多いシャバ雪ではありました。

ただ、滑る分には十分な雪質ですし、壁等の地形遊びもできてたっぷりと楽しむ事が出来ました。

そしてこの日は平日という事もあり、滑りに来ている人も少なくて空いていたので、存分に満喫する事が出来ました。

今回筆者は朝一から滑っていましたが、徐々に滑りに来る人も多くなってきました。

とは言え、平日なので空いていましたけどね。

4月中旬のGALAスキー場ですが、帰るまで満喫させてもらいました。

スポンサーリンク

最後に

最後までお読み頂きありがとうございました。GALAスキー場は標高が高いという事もあって、トップシーズンでも積雪が多いスキー場になります。

そのおかげで、4月中旬でもスノーボードを楽しむ事が出来ました。

雪質的にはシャバ雪な状態の所もありますが、簡易ワックスなんかを使えば滑りますからね。

この日は忘れた事を激しく後悔しています。

ただ、止まってしまった箇所も、平らな所の1か所だけだったので、総合的に見れば止まらない方が全然多かったです。

4月中旬のGALAスキー場もまだまだ滑れますし、春のスノーボードもやっぱり楽しかったです。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!