スキー場

なかさと清津スキー場に行ってきました!土日祝のみオープンするゲレンデ!

2月中旬の土曜日に、新潟県の十日町にあるなかさと清津スキー場に行ってきました。

平日はクローズしていて、土日祝しかオープンしていない面白いスキー場です。

また、リフトが1本のみで4コースだけ。

ローカル感があるスキー場でしたが、来ている人が少なかったですし、溜まったパウダーも楽しめました。

ゲレンデのコースも最長で1,800mだったので、滑り応えもあって良かったです。

そこで今回は、なかさと清津スキー場に行ったことをブログで色々と書いていきます。

なかさと清津スキー場に行ってきました

今回筆者は2月中旬頃の土曜日に、なかさと清津スキー場に行ってきました。

場所は「塩沢石打I.C」から約30分のところにあります。

途中で峠道を通るので、湯沢方面にあるスキー場としてはいつもと違う雰囲気を感じました。

駐車場に到着したのは7:30頃で、その時に駐車されていた車は5~6台。

駐車場は無料で利用することができます。

リフトオープン時間の8:30近くになると車は増えていき、筆者がゲレンデへ向かうと時には15台ぐらいが駐車していました。

そして、リフト券売り場には20人ぐらいの列ができている状態。

土曜日としては車も人数も、かなり少ないなという印象でした。

ちなみに、なかさと清津スキー場は、上越国際スキー場とつながるはずのスキー場だったらしいです。

その名残なのか、リフトには上越国際スキー場の名前がローマ字で書いてありました。

また、センターハウスも、どこか上越国際スキー場のホテルに似た造りで、中の設備も整ったキレイな感じでした。

リフト1日券は大人3,500円、子供3,000円。

公式サイトに500円の割引券があったので、それを利用して3,000円で滑れました。

ちなみに、割引券が使えるのは1日券のみです。

半日券の大人2,000円、子供1,500円には使えません。

なかさと清津スキー場 公式サイト >

リフト券を購入し、早速ゲレンデへ。

なかさと清津スキー場にはリフトが1本だけあり、その1本のリフトで4つのコースを滑れるようになっています。

リフトは高速リフトで、乗車しているのは10分もかかっていない感覚でした。

リフトの長さは1,500mになり、柱には合計24本の表記がありました。

長めにはなりますが、高速なので乗車している時間は短めに感じます。

リフトを降り、まずはゲレンデマップの右側から2番目にある「清津白樺コース」へ行きました。

コース幅は広めで、斜度も緩過ぎず、キツ過ぎずといった感じになります。

キレイなピステンと一緒に、両脇には程良い未圧雪のパウダーがそこにはありました。

スピードも気持ち良い感じで出すことができましたし、途中には壁のような感じの所もありました。

また、距離もそこそこあったので、滑り応えもあります。

朝一から行ったという事もありますが、気持ち良い1本を滑ることができました。

そして続いては、ゲレンデマップの1番右にある「清津から松コース」へ。

こちらも先ほどと同じように、コース幅は広めで、斜度も緩過ぎず、キツ過ぎずといった感じでした。

パウダーの箇所もあり、こちらにも遊べる地形があります。

また、コースの長さ的にもちょうど良くて、滑りごたえもありました。

続いては、初級~中級のゲレンデマップ左から2番目の「清津ブナ平コース」に行きました。

緩やかな斜度が続くコースではありますが、コース幅は広めです。

ただ、スピードを維持しないと止まってしまいそうな所があるので、そこは少し要注意かなと感じます。

ちなみに、リフトからも見えるコースなのですが、朝一は次のような感じです。

途中には少しだけ斜度がキツめな所がありましたが、キツ過ぎるという感じはありません。

また、ここのコースの両脇にもパウダーがしっかりとありました。

パウダーを楽しんだり、のんびりターンを楽しんだりできるコースといった感じです。

長さもあるコースだったので、まったりクルージングという感じが良かったです。

そして最後がゲレンデマップの1番左にある「アドベンチャーコース」。

こちらも面白いコースでした。

コースのスタート地から見ると、すでに遊べそうな雰囲気があって、地形を利用して飛べる所などもありました。

斜度的には緩過ぎず、キツ過ぎずといった感じで、スピードも出やすい感じです。

とはいっても、凄くキツイ斜度はなくて、滑りやすいコースになります。

コースの幅は広めなのですが、面白いのが非圧雪の箇所が広めなところ。

圧雪されている箇所はコース始めから最後までありますが、非圧雪の箇所がコースの半分、もしくはそれ以上の所もありました。

また、圧雪、非圧雪の境を利用して飛べる所や、ウェーブのような地形をした所もあります。

パウダーを滑りつつ、遊びながら滑ることができました。

そして、プチロングといった感じの長めだったので、滑り応えもあって楽しかったです。

「アドベンチャーコース」は最終的に「清津ブナ平コース」と合流します。

合流したあとは少しキツめの斜度にはなっていますが、その先が緩くて平な感じでした。

ですので、最後はできるだけスピードを落とさない方が、後で楽になります。

一通り滑り終わった後は、「清松から松コース」と「清津白樺コース」をメインに。

たまに「アドベンチャーコース」、「清津ブナ平コース」でプチロングを楽しみました。

急斜面は少なめですが、スピードを出しつつ楽しめましたし、リフト1本でも十分楽しめるスキー場でした。

スポンサーリンク

なかさと清津スキー場に行って感じたこと

なかさと清津スキー場を滑ってみて感じたのが、まず、全体的に人が少なめで滑りやすかったという所。

リフトが1本だけなので、来る人はやはり少なめといった感じでしょうか。

とくに、ゲレンデマップ右側の「清松から松コース」と「清津白樺コース」は人が少なめでした。

滑っている人がほぼいない状態が多くて、とても土曜日とは感じません。

そのおかげでパウダーやピステンを存分に楽しめました。

もちろん、時間が経つに連れて滑られてしまう箇所はありますが、それでも土曜日とは思えないほどの人の少なさが良かったです。

ただ、「清津ブナ平コース」は少し人が多めだったかなといった印象でした。

初心者の方がそこそこいる感じです。

とはいっても、凄く多いという感じもありませんでしたし、滑りづらいという感じでもありませんでした。

「アドベンチャーコース」もタイミングがズレれば、他に滑っている人がいない状態の時もあります。

そして、土日祝しかオープンしないので、平日に雪が降ったらそのまま溜まり続けるという魅力。

土曜日や、平日の中間にある祝日を狙えば、高確率でパウダーを狙えそうです。

パウダーを狙うには最高ですし、それにプラスして人が少ないので、競争率が少なめなところも良いなと感じました。

ただ、リフトが1本しかありませんし、コース数が少ないので、色々なコースで楽しみたいという人には合いづらいとも感じます。

楽しめる箇所は色々とありましたが、やはりバリエーションが少ない所はデメリットです。

とはいっても、今回行った時に飽きたという感じもなかったですし、十分楽しめるゲレンデでした。

また、どこのコースを滑ったとしても必ず同じリフト乗り場で合流する造りのスキー場です。

友達や家族と行った場合、はぐれる心配がないのも良いなと感じます。

今回は天気が晴れて、溜まったパウダーを滑って気持ち良い1日でした。

そして、もしも滑りに行った日の天気が雪でずっと降り続け、パウダーのリセットがかかり続けた場合でも楽しめそうだなと感じるスキー場でした。

なかさと清津スキー場 公式サイト >

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。なかさと清津スキー場にはじめて行きましたが、人が少ないうえにパウダー、ピステンを存分に滑れたので楽しかったです。

そして、土日祝しかオープンしないというレアなスキー場に行けて良かったなと感じました。

リフト券も安いですし、色々な遊び方ができたので、色々な意味で良いスキー場だなと感じます。

ABOUT ME
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!