スキー場

福島県の沼尻スキー場に行ってきました!子供や初心者じゃなくても楽しめるゲレンデ!

3月中旬の日曜日に福島県の耶麻郡猪苗代町にある、沼尻スキー場に行ってきました。

筆者は今回が初めのスキー場です。

今まで知らなかったスキー場なのですが、1915年(大正4年)にオープンした歴史あるゲレンデとの事でした。

そんな沼尻スキー場に行ってみた所、一言でいえば「THE平和」という印象。

子供連れのファミリーや、初心者の人にやさしいゲレンデだなと感じました。

また、初心者の人でなくても、楽しめるゲレンデだなとも感じます。

そこで今回は、沼尻スキー場に行った事を、ブログで色々と書いていきます。

沼尻スキー場に行ってきました

今回筆者は、3月中旬の日曜日に沼尻スキー場に行ってきました。

到着したのはオープン時間とほぼ同じ、8:30頃です。

駐車場は全日無料で、到着した時の停まっている車は、日曜にしては少ない印象でした。

準備を終わらせて、ゲレンデへと向かいます。

この日の天気は曇りで、3月という事もあって気温は少し高めといった感じです。

雪質的に言えば、緩んでいる感がありましたが、水分が多くてグチャグチャという感じではありません。

たまに減速する箇所もありましたが、スノーボードで楽しむ分には十分な感じでした。

ゲレンデ下部の麓にあるセンターハウスは、まさかのプレハブ。

食堂、お土産屋&ショップ、レンタルと別れていて、他のゲレンデではあまり見ない光景でした。

プレハブと言っても中に入ってみると意外と広く、食堂も十分な広さがあったので、多い人数でも入れます。

ローカルゲレンデといった雰囲気があって、凄く良いなと感じました。

そして、リフトの目の前には広いキッズパークがありました。

日曜日だったこの日は多くの家族で賑わっていて、子供連れには最高な場所だなと感じます。

沼尻スキー場のリフト数は3本になります。

そのうち1本の「第2ペアリフト」の滑れるコースは斜度が緩めで、初心者の練習にはピッタリなコースでした。

「第2ペアリフト」は土日祝だけのオープンです。

今回は、「第2ペアリフト」を外した、別の2本のリフトを利用して遊びました。

センターハウスの目の前にある「一本松クワッドリフト」から乗り、そこから「第1ペアリフト」へ。

大正時代からあるスキー場ではありますが、リフトが遅いという事はありません。

フードはありませんでしたが、のんびり系ではなく、サクサクと周りやすいリフトで良かったです。

ちなみに、今回は日曜日でしたが、リフトの待ち時間は、ほぼ0(ゼロ)に近い状態でした。

2本のリフトを乗り継いでコースに行ってみると、緩めな斜度が待っていました。

緩めと言っても、止まってしまうような感じではありません。

斜度がありながら、やさしい感じのコースで、出そうと思えばスピードもでる感じです。

そして、「第1ペアリフト」から滑れるゲレンデ上部のコースは、幅が広くて斜度が少しある「林間コース」のような印象でした。

「林間コース」と聞くと、「迂回コース」のような印象があると思いますが、それの幅広いバージョンといった感じです。

幅が広いので滑りやすいですし、止まってしまうほど緩いという感じではありません。

また、所々には、ちょい地形遊びができるような箇所もありました。

それにプラスして、「PARK Lv.2」というコースにはウェーブがあったりと、遊びながら滑る事ができました。

林間の良い雰囲気の中、マッタリとクルージングをしつつ、遊びながら滑れたので楽しかったです。

滑っている時のスピード感も良くて、初心者の人でも滑りやすいですし、転んでも余裕で進んでくれる斜度かも良いなと感じました。

緩めな斜度でマッタリも楽しかったですが、斜度が少しだけキツメなところもありました。

それが、ゲレンデマップの右側の、「アカマツコース」からの「しらかばコース」の流れ。

合計2kmぐらいの距離を滑れる上に、斜度があるところもあって楽しいコース取りでした。

晴れていれば景色も良さそうですし、気持ちよかったです。

とはいっても、凄く斜度がキツイという感じはありませんし、凄く速いスピードが出る感じでもないです。

ですので、急斜面を滑りたいという人には物足りないかなとも感じます。

あくまでもクルージング感覚で、少し斜度があるという感じになります。

筆者はそのようなコースも好みなので、気持ち良く滑れました。

そして、ゲレンデマップ左側にある4つのコース。

全て行ってみましたが、どれも気持ち良く滑れるコースでした。

1番左側にある「ファミリーコース」は斜度が緩めな感じでありながら、曲がりのコーナーが意外と長く続いたので楽しかったです。

もちろん、止まるほどの緩い斜度ではなく、気持ち良く流せる感じです。

「チャレンジコース」「しゃくなげコース」は中級コースとだけあって、斜度は少しキツめでした。

とはいっても、凄くキツいという感じではなくて、滑りやすい感じです。

スピードが出やすい斜度で、ターンを切るのが気持ち良いコースでした。

「ポプラコース」はコース幅がかなり広めで、「PARK Lv.2」というジャンプ台などがあるスノーパークになっていました。

スノーパークと一緒になっていると言っても、コース幅が広めなので普通に滑れます。

また、子供でも遊びやすい雪の壁のような物もあったので、ここでも楽しめました。

沼尻スキー場は、斜度が緩めなコースが多い感じではありましたが、パークのアイテムは凄く充実していました。

むしろ、色々な所に設置されています。

これからパークに挑戦したい人でも入りやすい物から、レベルが高めな人でも満足できるような物まで様々でした。

ジャンプ台は大きめの物から、小さめの物。

BOXなどのアイテムも入りやすい物。

レベルが高めなレールなど、色々とありました。

また、コースの途中に設置されている物もあったので、コースを滑りつつ、遊びやすいアイテムがあるのも良かったです。

そして、ゲレンデの下部にある「一本松クワッドリフト」だけでも、色々なコースを楽しめるのが良いなと感じました。

日曜日なのに、待ち時間がほぼ0(ゼロ)というのも、ありがたかったです。

色々と周って滑った後は、スノーパークをメインに、帰るまで色々と遊んで楽しみました。

一休憩の時に食べた焼き鳥は、普通な感じでしたが、個人的にはもう少し焼きが欲しいなといった感じです。

沼尻スキー場で滑ってみて、斜度が緩めではありながらも、滑りやすくて遊べる箇所があるのが良いなと感じました。

林間の雰囲気も良かったですし、スピードが出やすい、斜度が少しキツメなコースもあったのも良かったです。

また、凄く長い感じではありませんが、ロングコースを楽しむこともできました。

ただ、急斜面を攻めたり、凄く速いスピードを出したりしたい人には物足りないかなとも感じます。

非圧雪ゾーンもなかったので、パウダー狙いのゲレンデといった感じでもなかったです。

沼尻スキー場は、程よいスピード感を楽しみつつ、ちょっとした地形やパークなどで遊ぶには良いゲレンデだなと感じました。

それとやはり、幅がある林間コースや、キッズパークなど、子供には楽しみやすい要素が多いなとも感じます。

初心者の人でも色々なコースで楽しみやすいですし、初心者でなくても楽しめるスキー場でした。

さすがは1915年の大正時代から、今まで残ってきたスキー場といったところでしょうか。

この日もオープン時間から長い時間滑っていましたが、「THE平和」という感じで雰囲気も良くて、十分楽しかったです。

沼尻スキー場 公式サイト >

スポンサーリンク

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。はじめて沼尻スキー場に行ってきましたが、想像以上に楽しめるゲレンデでした。

行く前にゲレンデマップを見たら小さいスキー場かなと思いましたが、意外と長めのコースもあって面白かったです。

程良いスピード感で楽しみつつ、色々な遊び方ができる良いスキー場だなと感じました。

ABOUT ME
Avatar photo
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!