バッグ

BURTONのMultipath25Lデイパックを徹底レビュー!サイズ感や使い心地など!

BURTONのリュック、「Multipath 25L デイパック」を実際に買って使ってみました。

仕事や遊びなどの日常や、旅行でも使いやすいように造られたモデルの「Multipath 25L デイパック」。

実際に使ってみると、ポケットの数が多いので整理して収納しやすかったですし、背負い心地を向上させる性能が良かったです。

また、背面のパッドが厚めでクッション性が良く、多機能の良さを持ちつつ、シンプルで使いやすいリュックでした。

そこで、今までいくつものリュックを使ってきた筆者が、BURTON(バートン)の「 Multipath 25L デイパック」をブログで色々とレビューします。

良かったら参考にしてください。

BURTON(バートン)のMultipath 25L デイパックをレビュー

・今回レビューするのはこちらです

はじめに、Multipath 25L デイパックの詳細を載せておきます。

【Multipath 25L デイパックの詳細】

・容量:25L

・サイズ:51cm x 32cm x 19cm

重量:0.91kg

BURTON公式サイト調べ

スノーボード、アウトドアブランドとして有名なBURTON(バートン)の「Multipath 25L デイパック」

実際に使ってみると、凄く軽量とは言えないながらも、背負いやすいショルダーベルトで背負い心地の良さがありました。

ポケットの数が多めだったので荷物の整理がしやすかったですし、使いやすさもあるリュックでした。

そんな BURTON「Multipath 25L デイパック」を使った感想の結論を先に言うと、良かった所は次のような感じです。

【Multipath 25L デイパックの良かった所】

・シンプルで使いやすいデザイン

・耐久性が強い丈夫な素材

・ショルダーベルトの背負い心地が良かった

・パッドが厚い背面パネル

・ポケットが多くて整理して収納しやすい

・上部から荷物が出しやすい

・少し厚みがある物でも入るサブポケット

このような所が良いなと感じました。

とはいえ、次のような所がデメリットかなとも感じます。

【Multipath 25L デイパックのデメリット】

・凄く軽いとは言えない

・荷物を入れないと自立しない

実際に使ってみて感じたのはこのような所でした。

そんな感じのMultipath 25L デイパックについて、次の順番でレビューしていきます。

それでは順番に、BURTON「Multipath 25L デイパック」について詳しくレビューを書いていきます。

スポンサーリンク

外観

BURTON「Multipath25Lデイパック」の外観になります。

表面の生地はポリエステル素材で、強度が強い生地が使われていました。

ペラペラの薄い感じなどは一切なくて、ビジネスバッグなどで使われていそうな、しっかりとした生地感です。

生地はしっかりとしていますが、ガチガチの硬いという感じもなく、柔軟性もある感じになります。

リュックの底面は、ターポリンのビニール素材のような感じで、耐水性にも強そうな素材が使われています。

少しぐらいの汚れならすぐに拭き取れそうな感じで、見た目からも頑丈そうなのが分かります。

リュックの上部には、太目の取っ手がついています。

細い布だけではないので、握りやすくて持ちやすかったです。

両サイドには伸縮性があるボトルポケットが付いていました。

500mlのペットボトルと、折り畳み傘を入れてみたところ、しっかりと固定できて深さも問題ありません。

続いては、「Multipath 25L デイパック」の背面になります。

背面は厚めでクッション性が良いパッドが付いた、メッシュ生地で造られていました。

パッドは厚めなので、背負った時の背中への当たり具合も良かったです。

柔軟に折り曲がるようになっていたので、違和感なく背負いやすいのが良いなと感じました。

また、キャリーバッグの取っ手に差し込めるように、中央にはベルトが付いています。

キャリーバッグとセットで使う場合には使いやすそうです。

ショルダーベルトには、少し厚めのパッドが入っていました。

指で押してみると、クッション性が良い物が使われています。

上部には、ショルダーベルトを上げられるベルトが付いていました。

ベルトを引っ張ることで、ショルダーベルトが下がらないようにすることができます。

実際にショルダーベルトを上げている状態が、こちらになります。

【ショルダーベルトを上げて固定している状態】

【ショルダーベルトを上げていない状態】

ショルダーベルトを上げて固定すると、背負い始める時に背負いやすかったり、荷物を入れた時に肩への負担を軽減してくれたりします。

登山系のリュックでよく使われている機能です。

背負いやすさを向上してくれる機能なので、街用のリュックにこのベルトが付いているのは、さすがBURTONだなと感じます。

実際に背負っていても、背負い心地が良かったです。

ちなみに、このベルトには、ブラブラと邪魔に感じそうなベルトの余りがありますが、背負っていても気にならなかったです。

余分なベルトは背中側へいってしまい、目に入る所には無い状態だったので、問題ありませんでした。

ショルダーベルトの中央には、胸元で留められる「チェストストラップ」が付いていました。

チェストストラップの片方の1部には「ゴム」が使われていたので、付けている時の圧迫感も軽減してくれました。

また、チェストストラップを付ける位置は変更できるので、自分好みの位置に調整する事もできます。

ちなみに、チェストストラップを外すことはできません。

外観の最後は、ウェストベルトになります。

太目のベルトが使われていて、バックルは少し大きめの物が付いていました。

長さを調整する事はもちろんできますし、付け外しもできるので不要な時には外しておくこともできます。

実際に外してみたところ、1分もかからずに出来ました。

アウトドアブランドながらの背負い心地の良さや使いやすさがありながら、シンプルなデザインで使いやすいなと感じました。

アウトドア感が全面に出ていないデザインなので、旅行先や街中でも普通どおり使いやすいのが良かったです。

中身(背面ポケット)

BURTON「Multipath25Lデイパック」には、背面にパソコンを入れられるポケットがありました。

ダブルジッパーが使われているポケットで、ジッパーを全開にすると、180度オープンするほど大きく開くポケットです。

ここのPCスリーブに「15.6インチのノートパソコン」を入れてみました。

すると、何も問題なくスムーズに入れることができます。

【この時に入れた物】

・15.6インチのノートパソコン
(タテ37.9cm ヨコ26cm 厚さ2.5cm)

また、PCスリーブは少しマチの形状があり、マチに薄いパッドも入っていました。

パソコンが入れやすいようになっていましたし、薄いパッドで保護されているのは良かったです。

ポケットの背面側には厚めのパッドが入っているので、パソコンを入れても硬さが背中へ感じる事はありませんでした。

パソコンへの衝撃を少なくしている構造は良いなと感じます。

そして、PCスリーブにパソコンを入れつつ、「A4ファイル」も一緒に入りました。

ポケット自体が広めなので余裕ですし、180度オープンさせなくても出し入れできるので、まとめて入れておくと便利に使えます。

パソコンを保護してくれるパッドや、入れやすい構造になっているのは良かったです。

また、180度オープンするので、他にも便利な使い道がありそうなポケットでした。

中身(メインルーム)

BURTON「Multipath25Lデイパック」の中身(メインルーム)になります。

取っ手が付いたダブルジッパーが使われていたので、開け閉めがしやすいようになっていました。

細かい所ですが、取っ手にはBURTONのロゴマークが入っていたので、細かいディティールにもこだわっているなと感じます。

メインルームの底面を覗くと、マチの形状が分かります。

底面を触ると、薄めのパッドが入っているのも分かりました。

ここに2Lのペットボトルを入れてみたところ、3本まで入りました。

ジッパーもスムーズに閉まったので、この量でしたら余裕で入ります。

そして、メインルームには小分け収納できるポケットも付いています。

まず、背面の大きめのポケットに、次のような物を入れてみました。

【この時に入れた物】
・15.6インチのノートパソコン
(タテ37.9cm ヨコ26cm 厚さ2.5cm)

・A4ファイル
(タテ31cm、ヨコ23.5cm、高さ2cm)

まず「15.6インチのノートパソコン」を入れてみた所、このサイズの物は入りませんでした。

横幅は入りますが、長さが入らない状態です。

ポケットの底についてしまっている状態だったので、この大きさの物は入りません。

そして「A4ファイル」を入れてみたところ、こちらは何も問題なく入りました。

ちょうど良いサイズ感なので、このサイズの物を入れるにはピッタリなポケットになります。

その他のポケットにも、次のような物を入れてみました。

【この時に入れた物】

・モバイルバッテリー
(タテ13.5cm、ヨコ7cm、高さ1cm)

・ボールペン×3本

・充電ケーブル

ジッパー付きのポケットには、この時に入れたモバイルバッテリーがピッタリなサイズ感でした。

ジッパーが付いていないポケットにも、このサイズのモバイルバッテリーは入ります。

また、ジッパー付きのポケットに、次のような物を入れてみました。

【この時に入れた物】

・A6サイズのノート
(5号 タテ14.8cm ヨコ:10.5cm 高さ:0.5cm)

ジッパーを閉める事はできませんでしたが、開けたままの状態なら入りました。

入れていて、こぼれ落ちそうな感じもなかったので、小さめの物でしたら、このような使い方もできます。

メインルームはマチの形状もあるので荷物を入れやすいですし、整理しながら入れられるのが良かったです。

また、底面に薄いパッドが入っているのも良いなと感じました。

中身(サブポケット)

BURTON「Multipath25Lデイパック」には3つのサブポケットがありました。

まず1つ目が、リュックの上部にあるサブポケットです。

止水シングルジッパーが使われているポケットで、開けてみるとフリース素材が使われていました。

ここのポケットは立体裁断になっているので、少し厚みがある物でも入るようになっています。

実際に、次のような物を入れてみました。

【この時に入れた物】

・新品の除菌シート
(ヨコ21cm、タテ11cm、高さ5cm)

・サングラスケース

新品の除菌シートは、100均やドラッグストアで販売している物と同じです。

厚みがある物ですが、問題なく入りました。

サングラスケースも同様に、問題なく入ってジッパーもスムーズに閉まりました。

また、ここのポケットは上部からアクセスしやすいポケットです。

すぐに出し入れしたい物を入れておくと、便利に使えるポケットでした。

2つ目のサブポケットが、メインルームの前にある広めなポケットです。

ここはダブルジッパーが使われていて、ポケットというよりサブルームといった感じになります。

開けてみると、マチが少しだけある構造なので、少し厚みがある物でも収納できます。

実際に、「A4ファイル」を入れてみると、問題なく入りました。

また、ここにはキーフックが付いた、ジッパー付きのメッシュポケットがあります。

広めなポケットなので、大きめの物でも入るポケットです。

ここに、次のような物を入れてみました。

【この時に入れた物】

・DVD+DVDサイズのノート

・フェイスタオル

DVDとDVDサイズのノートを一緒に入れてみたところ、少し重なりましたが両方とも入ります。

高さ的には何も問題なく、ジッパーもスムーズに閉まりました。

フェイスタオルに関しては、折り曲げれば入れる事ができます。

ジッパーもスムーズでしたし、他にも物を入れられるぐらい余裕な状態でした。

広めでジッパーが付いたポケットなので、ここにも細かい物を分けて収納できて便利でした。

そして最後の3つ目が、リュック表面にあるポケットになります。

雨や水分が入りづらいジッパーフラップ構造の入口で、シングルジッパーが使われています。

ここのポケットをリュックの横面から見ると、少しマチの形状がありました。

ですので、ここのポケットにも少し厚みがある物を収納できます。

中を覗いてみると、入口の上部にも広がっているポケットで、意外と広めな構造でした。

ここに、「A4クリアファイル」を入れてみると、ちょうど良い大きさで入ります。

また、この他にも、次のような物を入れてみました。

【この時に入れた物】

・新品の除菌シート
(ヨコ21cm、タテ11cm、高さ5cm)

・フェイスタオル

2つを同時に入れてみたところ、両方とも一緒に入り、ジッパーもスムーズに閉まりました。

ポケット横にマチの形状があるので、これぐらいの厚さの物なら入れる事ができます。

3つのサブポケットがありましたが、それぞれを使い分けることで整理しながら収納できますし、便利に使いやすかったです。

同じようなポケットが多いだけではなく、それぞれ特徴的な使いやすさがあるのが良いなと感じました。

Multipath25Lデイパックのサイズ感

BURTON「Multipath25Lデイパック」にどれぐらいの荷物が入るのかを試してみました。

荷物の中には筆者の洋服も入れて見たのですが、筆者は主に「メンズのMサイズ」を着用しています。

入れてみた荷物がこちらになります。

【この時に入れた物】

・15.6インチのノートパソコン

・A4ファイル×2冊

・厚手のパーカー

・半袖Tシャツ×2枚

・デニムパンツ(ジーンズ)

・フェイスタオル×1枚

・DVD

・DVDサイズのノート

・ボールペン×3本

・充電ケーブル

・新品の除菌シート

・モバイルバッテリー

・サングラスケース

・500mlペットボトル(サイドポケット)

・折り畳み傘(サイドポケット)

この量を入れると、リュックはパンパンな状態です。

25L容量らしい量が入りましたし、荷物を整理しながら入れられたのが良かったです。

細かい物がどこにあるのか分かりやすかったですし、出し入れしやすいのも良いなと感じました。

1~2泊程度の荷物量も入るので、色々な場面で使いやすいリュックだなと感じます。

背負っている時のサイズ感

BURTON「Multipath25Lデイパック」を実際に背負っている状態になります。

これから出てくるのは筆者なのですが、筆者の体型はこちらになります。

【筆者の体型】

・身長:約170cm
・体重:約60kg

このような体型の筆者が「Multipath25Lデイパック」を実際に背負っている状態がこちらです。

【横からの状態】

【後ろからの状態】

筆者のような体型の人が背負ってみると、こんな感じになります。

ぜひ参考にしてください。

BURTON「Multipath25Lデイパック」レビューのまとめ

BURTON「Multipath 25L デイパック」を使ってみて、ポケットが多いので整理しながら収納できつつ、入る荷物量が多いのが良かったです。

ショルダーベルトの背負い心地も良く、使いやすさがあるリュックでした。

ただ、凄く軽量という感じではない点や、荷物を入れないと自立しない点もあります。

とはいっても、重量的には0.91kgと一般的ですし、重くて疲れるなんて事は一切ありませんでした。

むしろ、ショルダーベルトの良さで、重い荷物を入れても背負い心地は良かったです。

デザイン的にもシンプルで色々なので、色々な所で使いやすいリュックだなと感じました。

【BURTON公式サイトはこちら↓】

Burton公式オンラインストア

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。スノーボードをメインとしたアウトドアブランドのBURTONが製造しているだけあって、素材も性能も良いリュックでした。

さすがはBURTONといったところでしょうか。

見た目はもちろんの事、背負い心地の良さや、使いやすさなども考えられているなと感じました。

機能性もデザインも使いやすいリュックでした。

ABOUT ME
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!