スケートボード

BLIND(ブラインド)のスケボーデッキをレビュー!グラフィックも弾きも良いデッキ!

スケートボードブランド、BLIND(ブラインド) のデッキを実際に買って使ってみました。

GONZことMark Gonzales(マーク・ゴンザレス) が設立したBLIND

筆者はスケートボード歴が10年以上なのですが、BLINDのデッキを使っていた人は今まで多く見てきました。

ブランドイメージのカッコ良さだけではなく、弾き具合が良くて調子が良いと評判が高いからです。

実際に使ってみても、使い心地も良かったですし、しっかりと弾ける良いデッキでした。

そこで今回は、スケートボード歴10年以上の筆者が、「BLIND(ブラインド)」のスケートボードデッキを色々とレビューしていきます。

良かったら参考にしてみてください。

同じブランドであっても、モデルによってノーズやテールの高さ、コンケーブの深さなどのシェイプが異なります。

ですので、シェイプに関してはあくまでも参考程度に書いていきます。

BURTON ONLINE STORE

BLIND(ブラインド)のスケートボードデッキをレビュー

・今回レビューするのはこちらです

1989年に設立したスケートボードブランドの「BLIND(ブラインド)」

MARK GONZALES(マーク・ゴンザレス)というアーティスト兼プロスケーターが立ち上げたブランドになります。

有名なプロスケーターが多く在籍していて、ブランドロゴのキャラクター「リッパ―」も有名です。

そんなBLINDのデッキを使ってみると、特徴でもある「Resin-7」で弾き具合が良く、使いやすいデッキでした。

また、BLINDはグラフィックがカッコいい物が多く、今回使ったリッパ―が入ったグラフィックも気に入っています。

そんなBLIND(ブラインド)のスケートボードデッキについて、色々と書いていきます。

スポンサーリンク

BLINDデッキの特徴

BLINDのスケートボードデッキは、色々と特徴があるデッキになります。

まずは、その特徴をまとめて載せておきます。

【RESIN-HYBRID】
カナディアンメイプルとハードメイプルのハイブリット。

エポキシ系の接着剤を使い、硬さ、跳ね、強度を向上させたデッキ。

値段は少し安め。

【Resin-7】
100%カナディアンメイプルを使用。

エポキシ系の接着剤を使い、硬さ、跳ね、強度を向上させた7枚プレスのデッキ。

値段は普通。

【Super Sap】
リサイクルされたバイオベース原料を使用した樹脂接着剤使用。

従来のResin-7と変わらない強度、跳ねを維持しているデッキ。

値段は普通で環境に優しいデッキ。

デッキの弾き具合を向上させる技術を使っていたり、環境に優しい材質を使いながら弾き具合を向上させたりするのがBLINDの特徴です。

今回は、【Resin-7】の技術を使ったデッキを使用しました。

ノーズとテールの角度は少し強め

BLINDのスケートボードのデッキ を踏んでみると、ノーズとテールの角度は少し強めでした。

高すぎる感じはなく、クセを感じるほどでもありません。

少し高めな分、地面との距離も少し離れているので、標準的な角度よりは少し強めな力で弾く感じになります。

また、少し高い分、弾いた時にデッキが上がりやすいので、オーリーの高さも出しやすかったです。

高めな角度が好きな人はもちろん合いますし、標準的な角度を使っていた人でも使いやすいなと感じました。

ただ、低めな角度が好きな人には合いづらいかなとも感じます。

とはいっても、凄く強くて違和感があるほどでもなく、比較的に強めな方かなといった感じになります。

ですので、クセが強すぎるという感じではなかったです。

【テールの角度はこちらです↓】

【ノーズの角度はこちらです↓】

そして、コンケーブは弱めでした。

足を乗せると湾曲が少し分かるぐらいで、違和感が少なかったです。

とはいっても、弱すぎてペタっとしている感じではありません。

標準よりは少し弱めという感じなので、使いづらいという事はなかったです。

滑っている時にスタンスを変更するのもやりやすかったですし、トリックをやる時にも気になる点はなかったです。

ノーズやテールの角度は少し強めですが、弾きやすく、クセをほぼ感じないデッキでした。

オーリーの弾きは良かった

BLINDのスケートボードデッキでオーリーをしてみると、弾きは良かったです。

「RESIN-7」の特殊な接着剤を使った技法で造られているだけあって、デッキが硬く、弾いた時の感覚は良いなと感じました。

テールの角度が少し高めでしたが、違和感はなくて気持ち良くオーリーできました。

カナディアンメイプルを使っていますし、「RESIN-7」の技術も使われているので、弾きやすかったです。

また、カーブBOXなどのセクションで使った時も、弾きが良いのでトリックはやりやすい感じでした。

しっかりと硬いデッキなので、練習もしやすい感じです。

この弾きの良さがBLINDの良い所だなと感じます。

ランプやボウルで使ってみました

BLINDのスケートボードデッキを使ってランプで滑ってみました。

一言でいえば、何も問題ありません。

ランプ内で滑っていても何も違和感はありませんし、トリックも普通どおりにできました。

コンケーブが弱めですが、やりづらいという事はなく、使いやすかったです。

また、ボウルで滑ってみても、何も問題なく楽しめました。

しっかりと乗っていられましたし、滑っていて違和感はなかったです。

十分楽しめるデッキでした。

「BLINDスケートボードデッキ」レビューのまとめ

BLINDのスケートボードデッキを使ってみて、「RESIN-7」で弾きは良かったですし、クセが少なくて使いやすいデッキでした。

始めはノーズとテールの角度が少し強めな感じはしましたが、違和感はなく弾きやすいのも良かったです。

ただ、ノーズやテールの角度が少し高めな分、低めが好みの人には合いづらいかなとも感じます。

コンケーブは弱めでしたが、ペタペタな平という感じでもなく、標準と比べると弱いぐらいなので違和感なく使う事ができました。

ブランドのイメージやグラフィックの良さだけではなく、技術的にも良いデッキでした。

【コンプリートはこちら↓】

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。BLINDのデッキは今までも使った事がありますが、今回もグラフィック、デザインが気に入るデッキでした。

所属しているプロスケーターがカッコいい人ばかりなのも良いなと感じています。

デッキの技術力が高くて弾きの具合も良いですし、総合的に考えて良いデッキだなと感じました。

ABOUT ME
Avatar photo
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!