アクセサリー

anonのヘルメットLOGANウェーブセルをレビュー!サイズ感や使い心地など!

BURTONが展開するゴーグル、ヘルメットブランドanon(アノン)。そのanonの「LOGANウェーブセル」実際に買ってみました。

他では見かけない保護テクノロジーを持ちつつ、BOAシステムでサイズの調整もできる。

そして、軽量で使いやすい性能があるという事で、気になるヘルメットでした。

実際に買ってみると、使い心地の良さがありながら、被っている時のシルエットも良かったです。

そこで、実際に買ったanon(アノン)のヘルメット「LOGANウェーブセル」をブログで色々とレビューしていきます。

良かったら参考にしてみてください。

この記事を書いている現時点(2022/11/23)では、まだゲレンデで使っていないので、実際に触った感じやサイズ感などしかレビューできませんが、ヘルメットを着けて滑った時の感じは後日追記します。

BURTON ONLINE STORE

anon(アノン)のヘルメット「LOGANウェーブセル」をレビュー

今回レビューするのはこちらです

まずはじめに、今回レビューするヘルメットの詳細を載せておきます。

・モデル:LOGANウェーブセル ヘルメット

・サイズ:Mサイズ

・重さ:441g

スノーボードのトップブランドBURTONが展開するゴーグル、ヘルメットブランド「anon」の「LOGANウェーブセル」

BURTONが展開しているというだけあって、衝撃耐性の性能に関してはスゴイ技術だなと感じました。

ヘルメット内を触ってみると他にはない技術で、衝撃耐性にも期待ができます。

そんなanon「LOGANウェーブセル」レビューの結論を先に言うと、良かった所は次のような感じです。

この記事を書いている現時点(2022/11/23)では、まだスキー場で使っていないので、実際に触った感じの結論になります。ヘルメットを着けて滑った時の感じは後日追記します。

【anon「LOGANウェーブセル」の良かった所】

・使いやすいデザイン

・軽量

・衝撃耐性が強そうなヘルメット内

・BOAシステムでフィット感が良い

・雪が入りづらい頂点のベンチレーション

・ベルトの脱着が凄く簡単

・インナーパッドとイヤーパッドが付け外しできる

このような所が良いなと感じました。

とはいえ、次のような所がデメリットかなとも感じます。

【anon「LOGANウェーブセル」のデメリット】

・イヤーパッドを付ける時にコツが必要

実際に触ってみて感じたのはこのような所でした。

そんな感じのanon「LOGANウェーブセル」について、順番にレビューしていきます。

スポンサーリンク

外観

anon「LOGANウェーブセル」の外観になります。

ヘルメットを初めて被った時に感じたのが、軽量感です。

今では軽いヘルメットはたくさんありますが、LOGANウェーブセルも十分軽くて、被った時の違和感も少なかったです。

実際に重さを量ってみたら、次のような感じでした。

重さは441gと軽量でした。

比較として、中身が入った新品の500mlペットボトルも量ってみました。

満タンの水分にプラスして、ペットボトルの容器が入るので、574gでした。

持ち比べてみると、明らかに軽いのが分かります。

そして、ヘルメットの頂上、後頭部、両脇に空気穴が空いているので、通気性も良さそうです。

また、雪が入りづらいように、頂上の一部には透明なカバーがされているのも良いなと感じました。

そして、両耳に当たるイヤーパッドは取り外しができます。

イヤーパッドは凹凸でハメ込まれているだけなので、少し力を入れれば引き抜くことができました。

また、イヤーパッドの中央は、短いマジックベルトで固定されているだけです。

こちらも簡単に外すことができます。

イヤーパッドを外せば、スタイル的にはスッキリとしています。

外した時の見た目も良かったです。

ただ、1点だけ気になる点がありました。

それが、イヤーパッドを再度つける時です。

凹凸に差し込むだけなのですが、力強く差し込まないと、しっかりと付いてくれませんでした。

凄く強い力が必要という訳ではありませんが、簡単ですぐという感じでもないので、そこだけが気になる点です。

とはいっても、凹凸を合わせてグッと力を入れれば、カチッとハマってくれるので、難しいという感じでもありません。

イヤーパッドの付け外しができるので、その日の天気に合わせて調整できるのは良いなと感じました。

首ヒモのベルトには少し小さめのバックルが付いています。

このバックルがマグネット入りで、とても便利でした。

被ってベルトを付ける時には、バックルを近づけただけで簡単にくっつきます。

また、くっついた後に外れないよう設計されているので、指で引っ張っても外れません。

そして、外す時にはバックルを左右にズラすだけ。

簡単に外すことができました。

外す時にはグローブをしたままでも簡単に外せます。

被る時にはマグネットで簡単に装着ができるうえに、被っている時にはしっかりと装着できる。

そして、外す時は簡単にできたので、この造りは便利ですし良かったです。

実際に手に取ってみると軽かったですし、被る時と外す時の使いやすさがあるのが良いなと感じました。

イヤーパッドの取り付けが少し硬かったですが、デザインも良いので満足いくヘルメットでした。

ヘルメットの内部

anon「LOGANウェーブセル」のヘルメット内部です。

中を覗いてみると、anonの「ウェーブセル構造」が見えます。

指で上から押してみると硬さを感じて、横になぞるように押してみると若干の柔らかさを感じました。

anonの公式サイトでは、次のように説明がされています。

ウェーブセルは、数百のショックアブソーバーが網の目のように張りめぐらされて頭部とヘルメットのアウターシェルを連結する構造になっています。セルの網の目を通して衝撃を分散し、自動車のバンパーのように衝撃を軽減するとともに、セルが曲がってすべることにより、回転する力を逸らします。

引用:anon公式サイト

実際に触ってみると、硬いだけではなく、横からなぞるようにすると若干柔らかかったので、これが衝撃を更に吸収するのかと感じました。

これにプラスしてパッドも付いているので、衝撃の吸収性は良さそうです。

次に、「BOAシステム」。

ヘルメットの裏にあるダイヤルを回せば、ヘルメット内が締まる構造になります。

実際にやってみると、しっかりと締まってくれて、頭を振った時にズレづらくなりました。

【BOAシステムを緩めている状態】

【BOAシステムを締めている状態】

今回選んだヘルメットのサイズは、ちょうど良いサイズ感なのですが、BOAシステムを使うと固定力が上がり、フィット感が良かったです。

また、グローブをしたままでもダイヤルを調整できたので、外す時でも簡単にできました。

そして、中のパッドはマジックテープで付いているので、簡単に付け外しができます。

汗をかいても洗いやすいのは良いなと感じます。

「ウェーブセル」は触ってみると面白い構造でしたが、衝撃耐性は良さそうです。

また、「BOAシステム」でフィット感も上がったので、被り心地も良かったです。

anonのヘルメット「LOGANウェーブセル」のサイズ感

anonのヘルメット「LOGANウェーブセル」のサイズ感になります。

筆者が買ったのは、Mサイズなのですが、筆者の頭のサイズや、かぶっている時の見た目なども載せておきます。

サイズ感の参考にしてください。

筆者の頭のサイズとヘルメットのサイズ感

まずは、筆者の頭のサイズになります。

筆者の頭をメジャーで頭周りは測ると「56cm」です。

そして、頭の形は一般的な感じになります。

この頭のサイズで、「Mサイズ」を選びました。

公式サイトに載っているサイズチャートや、ヘルメットに表記されているサイズと同じ感じです。

【記載されているサイズ】

・Mサイズ
・頭のサイズ:56cm-59cm

anon公式サイト調べ

筆者の56cmの頭のサイズで、LOGANウェーブセルのMサイズを選んだのですが、ピッタリなサイズ感になります。

ヘルメットだけを被っている状態で、人差し指を縦にして入れてみると、少し強めに入れれば指が入る状態です。

頭のどこかに当たって痛いという事もありませんし、ベルトやBOAシステムで調整すれば、頭を振ってもズレる事はありません。

ちなみにですが、購入する前に「Sサイズ」も試しみたら、次のように感じました。

「キツイ・・」

そして、「Lサイズ」を試した時には、次のように感じました。

「ダメではないけど、もっとピッタリしたい・・」

これが理由でMサイズを選ぶ事にしました。

LOGANウェーブセルを被っている時のサイズ感

anon「LOGANウェーブセル」を被っている時のサイズ感です。

実際に被っている状態が、次のような感じになります。

【ヘルメット+ゴーグル(イヤーパッドあり)】

【ヘルメット+ゴーグル(イヤーパッドなし)】

サイズ感は問題ありませんし、ゴーグルを上から付けても何も問題ありません。

そして、ヘルメットの中に、ニット帽とゴーグルを付けた場合が、次のような感じです。

【ヘルメット+ニット帽子+ゴーグルは中(イヤーパッドあり)】

【ヘルメット+ニット帽子+ゴーグルは中(イヤーパッドなし)】

「ニット帽子+ゴーグルは中」に関しては、ベルトを長めに伸ばしました。

ニット帽子を中に被ると高さが出てしまうので、ベルトを伸ばさないとキツかったです。

また、中に帽子を被るとキツメになりますので、BOAシステムは使っていない状態になります。

筆者の頭のサイズで被ると、このような感じになります。

anonのヘルメット「LOGANウェーブセル」レビューのまとめ

anon(アノン)の「LOGANウェーブセル」は、軽くてフィット感が良かったですし、使いやすい性能が良かったです。

被ったり外したりするのがやりやすかったですし、BOAシステムでフィット感が上がるのが良いなと感じました。

また、ウェーブセル構造を触った時に衝撃耐性が良さそうな感じがしましたし、イヤーパッドやインナーパッドの付け外しができるのも良い所でした。

ただ、イヤーパッドを付ける時に付けづらいという点もありました。

とは言っても、力強く入れれば付けられましたし、慣れてしまえば問題ないのかなとも感じます。

デザインの良さや衝撃耐性の良さだけではなく、使いやすさも考えられたヘルメットでした。

スキー場で使った時のレビューは、使った後、このブログに追記します。

【BURTON公式サイトはこちら↓】

Burton公式オンラインストア

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。anonの「LOGANウェーブセル」は性能の良さもありますが、見た目のデザインも良かったです。

やはりカッコいいデザインの方が良いですからね。

見た目も使い心地も良いヘルメットでした。

ABOUT ME
Avatar photo
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!