アクセサリー

BURTONの靴下「エンブレム ミッドウェイト ソックス」をレビュー!サイズ感や使い心地など!

BURTONの靴下、「エンブレム ミッドウェイト ソックス」を実際に買って履いてみました。

BURTONのスノーボード靴下の中では定番とも言える「エンブレム ミッドウェイト ソックス」。

実際に使ってみると、厚過ぎず、薄過ぎずの生地感で保温性もあり、クセがなくて使いやすい靴下でした。

そこで、以前スノーボードショップでゴーグルなどのアクセサリー担当として働いていた経歴がある筆者が、BURTON(バートン)に靴下「エンブレム ミッドウェイト ソックス」をブログで色々とレビューしていきます。

よかったら参考にしてみてください。

Burton(バートン)公式通販 バックパック(リュック)

BURTON(バートン)の靴下「エンブレム ミッドウェイト ソックス」をレビュー

・今回レビューするのはこちらです。

スノーボードのトップブランドであるBURTONが展開する靴下「エンブレム ミッドウェイト ソックス」

BURTONの中では定番とも言える靴下になります。

実際に履いて使ってみると、生地の厚さがちょうど良くて保温性がありながら、足裏の感覚が良かったです。

また、足の甲周りと足首に軽いサポートが入っていたので、滑っている時にズレず、ストレスを感じない履き心地でした。

ちなみに、この靴下はイタリア製との事です。

・「エンブレム ミッドウェイト ソックス」はイタリア製

参照元:BURTON公式サイト

そんな、BURTONの靴下「エンブレム ミッドウェイト ソックス」を履いた感想の結論を先に言うと、次のように感じました。

【メリット】

・一般的な形状なので履きやすい

・足の甲周りと足首に軽いサポートがあるのでフィット感が良い

・生地が分厚すぎないので足裏の感覚が良い

・保温性がある

・脱着がしやすい

【デメリット】

・着圧タイプが好きな人には物足りない

・5本指や足袋の形状と比べると踏ん張りが効きづらい

このように感じました。

そんなBURTON「エンブレム ミッドウェイト ソックス」について、色々と詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

履き心地

BURTONの「エンブレム ミッドウェイト ソックス」を履いて感じたのが、軽いサポートがあるので、足へのフィット感が良いなと感じました。

足の甲周りと足首の2か所に入っていて、伸縮性がキツ過ぎることはなく、締め付けが強いという感じではありません。

軽い感じの伸縮性なので、ストレスを感じることはなく、履いている時のフィット感は良かったです。

軽いサポートが入っているので、滑っている時に靴下がズレずらいのが良いなと感じました。

生地の厚さとしては、厚過ぎず、薄過ぎずといった感じになります。

分厚すぎると足裏感覚が微妙な感じになりますが、この靴下は厚過ぎないので、感覚も良かったです。

また、薄過ぎないので滑っている時の保温性もありました。

寒い日に、足の指が寒くて痛くなりやすいですが、この靴下なら安心できます。

そして、ブーツを履いた状態でのソックスの長さは問題なかったです。

これに関しては、普通どおりかなと感じます。

靴下全体の履き心地としては、伸縮性が強すぎるという感じは一切なかったです。

ほど良い感じの伸縮性で、靴下を履いている時のストレスはありませんでした。

足周りや、ふくはぎ周りがキツイという感じもなかったですし、ズレ落ちそうな感じもなかったです。

「エンブレム ミッドウェイト ソックス」を実際に履いてみて、生地の厚さがちょうど良く、足裏の感覚も良かったです。

足の甲周りと足首の軽いサポートでフィット感も良いので、使いやすい靴下だなと感じました。

履きやすくて脱ぎやすい

BURTONの「エンブレム ミッドウェイト ソックス」は、履きやすくて脱ぎやすかったです。

足の甲周りや足首周りに軽いサポート力がありますが、とくに引っかかることもなく、普通どおりに脱着できました。

着圧ソックスの場合は脱着がしづらいというデメリットがありますが、「エンブレム ミッドウェイト ソックス」はやりやすかったです。

また、つま先が5本指などではないので、普通の靴下のように履けました。

一般的な靴下のように脱着できるので、履く時と脱ぐ時は時間がかかりません。

5本指や足袋と比べると力は入れづらい

ソックスの中には5本指のタイプや、足袋タイプもありますが、それと比べると踏ん張っている時に力が入れづらいです。

5本指や足袋のように指が独立している方が、やはり指への力は入れやすいですからね。

つま先に丸みがある標準タイプなので、この辺りはしょうがないかなと感じます。

とは言っても、スノーボードのソックスは「エンブレム ミッドウェイト ソックス」のような、標準タイプの方が多く展開されています。

ですので、5本指や足袋と比較すると力は入れづらいですが、滑りづらいなんて事はありません。

実際に滑ってみても、問題なく普通どおりに滑れました。

BURTON靴下のサイズ感

BURTONの靴下「エンブレム ミッドウェイト ソックス」のサイズ感になります。

まずは、BURTON公式のサイズチャートを載せておきます。

【BURTON公式の靴下のサイズチャート】

 

XS21.5-23.5cm
S23.5-25.5cm
M25.5-28.5cm
L28.5-31.5cm

 

(参照元:BURTON公式サイト)

そして、筆者の足のサイズは次のような感じになります。

【筆者の足のサイズ】

・足の長さ:24.8cm
・足の横幅:10.9cm
・足囲:24.2cm(足周り)
・足甲の周り:24.5cm

・普段履いている靴:25.5-26cm
・スノーボードブーツのサイズ:26cm

普段は25.5cmから26cmの靴を履き、スノーボードブーツは26cmを使っています。

そのような筆者ですが、今回選んだのは「Mサイズ」を選びました。

履き心地としては大き過ぎる事はなく、ちょうど良いサイズ感になります。

ぜひ参考にしてください。

スキー場で使ってきました

BURTONの靴下「エンブレム ミッドウェイト ソックス」を使って、スキー場で滑ってきました。

実際に滑ってみると、足が寒いなんて事はありませんでした。

また、足の甲周りと足首に軽いサポート力があるので、靴下のフィット感が良くて、ズレるという事もなかったです。

生地が厚過ぎず、薄過ぎずなので、足裏の感覚も良くてストレスなどは一切感じませんでした。

ただ、着圧が入っていないので、しっかりとした足周りのサポート力が欲しい人には、物足りないかなとも感じます。

とはいっても、一般的な靴下のように履きやすかったですし、滑っている時も気になるような事はなかったです。

むしろ、着圧が苦手な方の場合は、使いやすいソックスだなとも感じます。

BURTON「エンブレム ミッドウェイト ソックス」レビューのまとめ

BURTON(バートン)の靴下「エンブレム ミッドウェイト ソックス」を使ってみて、保温性はありましたし、足の甲周りと足首に軽いサポート力があるので、靴下がズレずに滑りやすかったです。

生地が厚過ぎず、薄過ぎずなので、足裏感覚も良いなと感じました。

ただ、着圧ではないのでサポート力が欲しい人には物足りなさを感じると思います。

また、5本指や足袋のタイプと比較すると、力が入れづらいという点も在りました。

とはいっても、1番多く展開されている形状なので、滑りにストレスを感じるわけでもなく、普通どおりに滑れました。

BURTONの定番ソックスというだけあって、快適に滑れるだけではなく、保温性や使いやすさもある良いソックスでした。

【BURTON公式サイトはこちら↓】

Burton公式オンラインストア

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。「エンブレム ミッドウェイト ソックス」は、色々な人が使いやすいなと感じました。

つま先が5本指や足袋ではありませんし、着圧ではないのでクセがなく、履きやすさがあります。

また、クセがないながらも、気にならない軽いサポートがあるので、スノーボード靴下として使いやすさがありました。

保温性もあって暖かいので、さすがはBURTON靴下の定番だなと感じます。

ABOUT ME
Avatar photo
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!