アクセサリー

スノボで使える「ネックウォーマー」のおすすめブランド8選!おしゃれで温かいアイテム!

寒いスキー場で活躍してくれる大切なアイテムの1つが「ネックウォーマー」!首周りを暖めてくれるうえに、スノーボードのファッションアイテムとしても使えますね。

そんなネックウォーマーですが、探せば探すだけ色々な種類が出てきて、どれを選べばよいか悩んでしまう方も少なくはないと思います。

そこで、スノーボードショップでゴーグルやグローブ、プロテクターなどのアクセサリー担当として働いていた経歴をもつ筆者が、スノーボードで使うおすすめの「ネックウォーマー」をご紹介したいと思います。

よかったら参考にしてみてください。

普段使っている「ネックウォーマー」との違いは?

ネックウォーマーは色々なシーンで使えるアイテムなので、日常で使っている人も少なくはないと思います。

そこで考えやすいのが、「普段使っているネックウォーマーでも良いのでは?」というところだと思います。

これに関しての答えがこちらです。

普段使っている「ネックウォーマー」でも問題ない

日常で使っている「ネックウォーマー」でも、首元を温めてくれるので、それを使っても保温性はアップしてくれます。

ですので、スノーボード用が無いからと言っても、今ある物が使えるのであれば、必ず買う必要はありません。

ただし、スノーボードで使う場合には、以下のような事が起こる可能性が高いです。

・雪や氷が付いて、生地が伸びやすい

スキー場では、転んで濡れてしまったり、雪が降っていたりするので、ネックウォーマーも濡れやすく、凍りやすい状況です。

この凍った氷で生地が引っ張られ、生地によっては伸びてしまう場合があります。

実際に、筆者のネックウォーマーも凍る事がたまにあります。

ですので、日常使いと分けたい場合でしたら、別に用意しておいた方が良いです。

スノーボードで使う「ネックウォーマー」の選び方はある?

スノーボードで使う「ネックウォーマー」は、基本的に値段、デザインで選んでしまってOKです。

首周りとは言え、見えるアイテムになるので、オシャレアイテムの1つにもなりますからね。

とは言っても、次のような物は選らばない方が良いです。

・メッシュ生地のような素材

・短か過ぎるネックウォーマー

・ブカブカで大きいネックウォーマー

ネックウォーマーの中には、目が細かいメッシュ生地のようなネックウォーマーもありますが、保温効果は期待できません。

日焼け防止対策として造られている物が多いので、温かい物を求めているのであれば、保温効率が良いネックウォーマーをおすすめします。

また、日常使い用として、短い物や、大きめの物もありますが、このようなネックウォーマーだと寒い思いをしてしまいます。

ですので、「日常使い用でも問題ない」と言いましたが、このような場合でしたら、別のネックウォーマーを使う事がおすすめです。

そして、スノーボードで使う「ネックウォーマー」はこのような物が適しています。

・保温性が高い素材

・吸汗速乾の素材

・雪の日でも、晴れている日でも使える物

寒いスキー場で使うので、やはり保温効果が高い素材のネックウォーマーだと快適に滑れます。

また、汗をかきやすく、濡れやすくなるので、吸汗速乾素材なら、さらに使いやすくなります。

そして、どんな天気でも使える物を選ぶことで、防寒、日焼け対策と、1つの「ネックウォーマー」で色々と使いやすくなります。

スノーボードで使うおすすめ「ネックウォーマー」8選

それでは、ここからスノーボードで使うおすすめの「ネックウォーマー」をご紹介していきます。

寒い日はもちろんの事、晴れている日でも日焼け止めになってくれる「ネックウォーマー」はどんな時でも活躍してくるアイテムです。

ぜひお気に入りを見つけて頂ければと思います。

スポンサーリンク

BURTON

トップクラススノーボードブランドBURTONは、素材を厳選し、暖かく、動きやすいネックウォーマーが展開されています。

・Ember Fleece Neck Warmer
DRYRIDE THERMEX™素材という、透湿性と速乾性が高く、体のコア部へ保温性を提供すると共に、冷えの原因となる汗を肌から吸収し外部へ逃がす素材が使用されています。

そうすることで、常に暖かく、ドライな環境をキープする事ができます。

eb’s(エビス)

・2WAY MASK
スノーボードアクセサリーブランドeb’sのネックウォーマーはUV-CUT素材と保温性が高い素材が使われています。

晴れている日は日焼け防止として、雪が降っている寒い時には暖かいフリースで防寒ができるので、2WAYで使うことができます。

THE NORTH FACE

・Revercible Neck Gaiter
品質の高さで人気があるTHE NORTH FACEのネックウォーマーの中で、リバーシブルで使えるネックウォーマーです。

防風性が高いソフトシェル素材と毛足の長いフリース素材を使用し、やわらかく肌になじみやすいのが特徴です。

天候に合わせて使うことができます。

Dakine(ダカイン)

・ ネックウォーマー
シンプルで使いやすいDakineのネックウォーマーは、フリース素材が使用されているので、防風性、防寒性に優れています。

Columbia

・ダイモンドダストネックゲイター
アウトドアブランドColumbiaのダイモンドダストネックゲイターは、裏地に吸湿速乾を有するグリッドフリースを採用した快適な装着感も魅力の1つ。

デザインも色々とあり、自分好みのカラーを選ぶ事が出来ます。

COAL

デザインの良さで人気があるスノーボードビーニー(ニット帽子)ブランドのCOALは軽量フリースを採用したネックウォーマーになります。

短めの物から長めの物まで色々なデザインがあり、自分好みの物がみつかりやすいです。

HIMM(ハイマスマニア)

インターネット通販専門スノーボードブランドのHIMMは品質が良く、値段も低価格で購入しやすいブランドです。

長さが30cmもあるネックウォーマーは、鼻先までかぶってもウェアーの中にまでネックウォーマーが入るので、雪の侵入も防いでくれます。

カラー展開が豊富なので自分の好みの色を探す事も出来ますし、顔周りの保温性も上げてくれます。

VAXPOT

低価格で人気があるVAXPOTのネックウォーマーは襟からの冷気の侵入を防ぎ、首元を暖めてくれます。

体に触れる面は優しい肌触りのボア素材でつけ心地も抜群で、ドローコードが付いているので、風の侵入を防いでくれます。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。ネックウォーマー1つでもかなりの数が販売されているので、悩んじゃいますよね。

ぜひお気に入りの1枚を見つけて頂き、たっぷりとスノーボードを楽しみましょう!

この記事で、ネックウォーマーで悩んでいる方のお役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!