スキー場

群馬県のスキー場たんばらスノーパークへ行ってきたのでレビューします

1月中旬頃の平日に群馬県のたんばらスキーパークへ行ってきました。筆者はいままでここのスキー場へ行った事がなく、はじめて行くスキー場だったので、どんな感じのスキー場かとかなり楽しみにしていました。

今回はバスツアーで行った筆者だったので、10:00頃に到着し、着替えなどの準備をすませてからさっそくゲレンデへ向かいました。

たんばらスキーパークをレビュー!

この日の天候は風も無い晴天で、前日に雪が降ったという事もあり、テンションがかなり上がりました!

スキー場のマップを手に入れ、まずはという事で頂上を目指してリフトを乗り継ぎました。

筆者は初めて来たスキー場は、特に大きいスキー場以外とキッズコースを除く、初級者コースから上級者コースまで全てのコースを周りたい考えを持っているのですが、ここのたんばらスキーパークは、マップを見る限りでは特に大きいという訳ではなかったので、すぐに全部のコースを回れそうだなと感じました。

リフトに乗っていると、色々と遊べそうな地形や、スラロームのような物が目に入ってきて、かなり楽しそうだなと感じましたし、マップの中に「たんばら名物 超ロングウェーブ」というのも表記されていたので、色々な遊び方ができそうだなと感じました。

リフトを乗り継いで頂上に着くとコースが5つに分かれていたので、端から順番に滑って行こうと考え、まずは「レイクウッドコース」という中級コースから滑りはじめました。

コース幅が広い!という訳はありませんでしたが、斜度は緩すぎず急すぎずの、滑りやすい角度で、前日に雪が降ったという事もあり、コースに脇には新雪がたっぷりと残っていました。

スピード出してカービングを楽しめましたし、新雪も残っていてかなり気持ちよかったです!

そして次に、圧雪車が入らない上級者コースに行ったのですが、スキー場がオープンした時間からかなり時間が経っていたので、さすがに新雪は残っていないかなと思ってコースに行ってみると、やはりかなり滑られていました。

前日に雪が降っていたという事もあったので、これはしょうがないですね。

ただ、このコースの下には、まだまだ新雪が残っていました!

かなりラッキーです!

次にメインの真ん中にあるコースに行ってみたら、ここのコースは人気があるのか、他のコースよりも人が多くいました。

多いといっても、すごい混んでいるという訳ではなく、他のコースに比べると人が多いなというぐらいの感じです。

このコースを滑ってみると、コース幅が広くて、斜度も滑りやすい角度にプラス、壁の地形遊びもできるので面白かったです。

コース幅が広いので初心者の方でも滑りやすいと思いますし、コースの終盤にスラロームや、低いジャンプ台や、低いBOXなどのアイテムもあったので、人が多い理由がわかりました。

カービングも気持ち良かったですし、色々な事で遊べました。

その隣の「フォレスターコース」は最初に滑ったコースに近い感じのコースでしたが、最初に滑ったコースよりも壁などの地形が多く、その後に「たんばら名物 超ロングウェーブ」が待っていました!

超ロングウェーブというだけあって、かなり長かったので、全部のウェーブのコブをすべてオーリー(ジャンプ)してみようと思い、1度だけチャレンジしてみましたが、筆者の太モモは途中で限界をむかえ、離脱する事になりました・・・

しかも、何個かは全然飛べてない状態のもあり、筆者としては無謀な挑戦でした。

写真に撮ってきたのですが、ウェーブ感がまったくわからない感じですね・・

そして、このコースには筆者個人的に、かなり穴場!と感じる場所がありました!

それは、途中からは入れるフォレスターコースです!

何を言っているのかわかりづらいと思いますが、このフォレスターコースには、初心者コースの「ウッディーコース」から途中で入れる「フォレスターコース」があるのです。

この途中からは入れるフォレスターコースは、他の人があまり来ないコースらしく、斜度は緩めなのですが新雪が残っていました!

この写真だとかなり緩い斜度に見えますが、実際にはもう少しが角度があります。

ここは看板も立っているちゃんとしたコースです!

ちなみに、この写真を撮ったのはお昼前ぐらいの写真です。

全然滑られていません!

新雪がフカフカにたまっているという訳ではありませんでしたが、新雪を滑るのはやはり気持ちが良いですね!

このコースを抜けると、ロングウェーブの途中と合流するので、そのまま遊べるという流れになります。

この日がたまたまこうだったという事もあると思いますが、個人的にかなり楽しかったので、すべてのコースを周り終わった後に何回もこの流れで遊んでいました。

そして、最後のウッディーコースは緩い斜面と、地形遊びができる壁が所々にあるというコースで、チャレンジコースというコースに関しては、コース幅も広くなっていたので、初心者の方でも滑りやすそうだなと感じました。

色々な挑戦や遊ぶ事ができる壁やスラローム、超ロングウェーブがあって様々な楽しみ方をしやすいですし、カービングもしやすい広めのコースもあり、初心者の方でもたっぷり遊べるスキー場だなと感じました。

とても広くて大きいスキー場という訳ではありませんでしたが、最後までたっぷりと楽しむことができました!

スポンサーリンク

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。今回はバスツアーで行ってという事もあり、非圧雪の上級者コースでパウダースノーを存分に滑る事はできませんでした。

ただ、雪質が良かったので、ここのスキー場でのパウダーも気持ち良さそうだなと感じました。

次回来た時にはパウダースノーを満喫してみたいなと思いました。

色々と遊ぶことができましたし、まさかの新雪滑り放題を見つけたのでとても楽しかったです!また遊びに来たいと思います!

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!