カルチャー・その他

スキー場まで行く時の服装は?スノボの行き帰りに着る物のポイント!

スキー場へ行く時に悩みやすい服装ですが、初めて行く方にとっては、どんな恰好をすればよいのか、普段と同じでよいのかわかりづらいですよね。

旅行といってもスキー、スノーボードをするので、観光旅行とはまた違うので、どんなことに注意すればよいか悩んでしまう方もいると思います。

そこで、毎年スノーボードへ行っている筆者が、車、バスツアー、新幹線ツアーの項目に分けて、スキー場へ行く時の服装のポイントをご紹介します。

よかったら参考にしてみてください。

スキー場へ行く時の服装

基本的には、いつも着ているような服装で問題ありません。

冬の都内近郊や、主要都市も寒いですが、雪山があるスキー場はもっと気温が低いので、寒いのが苦手な方はいつもより厚着をしてもいいと思います。

だた、どの行き方にしても共通して言える注意しておきたいことが、雪が降っているということ。

スキー場周辺は雪が降っている確率が高いですし、ほぼ雪道になっていることが多いです。

雪道は滑りやすいですし、土などが混じっている場合があるので、泥が跳ねやすいという事もあります。

そして、雪が降っていると濡れてしまうので、できるだけ身軽で、汚れてもよい恰好をすることがポイントです!

買ったばかりの服や、高い服を着て行ってしまうと、汚れてしまったり、濡れてしまったりするのでおすすめはできません。

そして、靴に関しては、もちろん滑りづらい靴がおすすめで、濡れたり汚れてもいい靴にすることがポイントです。

革靴やヒールなどを履いていってしまうと、濡れてダメになりやすいですし、滑りやすいのでおすすめはしません。

筆者個人的におすすめなのは、歩きやすくて、脱着がしやすい靴がおすすめです。

滑り終わった後の足はかなり疲れているので、歩きやすい靴の方が楽に歩けますし、更衣室などは混みやすいので、脱着がしやすいと行動も楽にしやすいです。

ですので、スノーブーツ等の履きやすい靴が個人的にはおすすめです。

移動別のおすすめのポイント

上記のことをメインとして、移動別でご紹介したいと思います。

筆者の場合、毎年全部の方法で移動しているので参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

家族や友達、知り合いの車で行く時にする格好のポイントは、まず、身軽な恰好です!

車で行く場合には、自宅からの出発、自宅まで迎えに来てもらう、駅での待ち合わせなど、色々なスタート方法があると思いますが、車に乗ってしまえば、後はスキー場へ行くだけになります。

中には、スキー場へ行く前、行った後にどこか観光してから帰る場合もあると思いますが、大体の方は、

自宅



スキー場



自宅

という流れになりますので、洋服を着ている時間が少なく、むしろ洋服を着ている時間は車の中だけになります。

もちろん宿泊する方も多いと思いますが、メインはスキー、スノーボードになりますし、宿泊先でも浴衣や部屋着に着替えると思うので、着ていく服は移動以外、ほぼ着ないと思います。

ちなみに、高速道路のパーキングエリアや、駐車場なんかでは、スウェットやジャージのパンツをはいている人を多く見ます。

実際に、筆者が車で行く時の服装は、パーカーにスウェットのパンツです。

筆者の友達も同じような服装で行っていて、フリースにスウェットパンツなどの恰好をしています。

動きやすいですし、着替えもしやすいのでかなり楽です。

スウェットのパンツが1番おすすめという訳ではありませんが、それくらい身軽な恰好で行っても大丈夫です。

意外と、とてもおしゃれ!という服を着ている人は少ないです。

バスツアー

バスツアーの場合も同じで、バスに乗ってしまえばスキー場まではパーキングエリアに寄るだけで、後はウェアに着替えてしまうので、そこまで気を使う必要はありません。

すぐにセンターハウスの中に移動しますし、そこで着替えてしまえば着てきた洋服は必要ありませんからね。

ただ、バスツアーの場合は、集合場所まで行く時と、帰って来て自宅までの移動時に寒い時があります!

朝発、夜発のどちらにしても、外は暗くて寒いですし、帰ってきた時も寒いです。

そして、バスによっては足元が寒い場合もありますので、ある程度の暖かい恰好をしておくことがおすすめです。

また、バスからセンターハウスに移動する時は、雪道を軽く歩きますので、やはり身軽な恰好、滑らない靴がポイントになります。

新幹線ツアー

新幹線ツアーに関しても、バスツアーとほぼ同じ感じです。

新幹線ツアーの場合、スキー場の最寄り駅からはバスに乗り換えての移動になりますので、この乗り換えの時に濡れやすく、汚れやすくなってしまいます。

そして、新幹線に乗る駅や、帰ってくる時も寒い場合があるので防寒対策をしておくことがおすすめです。

また、新幹線の場合、新幹線が出発するまで、駅の中で待つことになるのですが、この時も、人によっては寒さを感じることもあると思うので、やはり暖かい恰好がおすすめです。

まとめ

ここまで挙げてきたことをまとめておきたいと思います。

・基本的には普段着でOK!

・身軽で動きやすい恰好

・濡れたり汚れてもいい恰好

・滑りづらくて、濡れたり汚れてもいい靴

・できれば、歩きやすくて、脱着がしやすい靴

・バス、新幹線ツアーの場合は暖かい恰好

こんなところがスキー場へ行く時にする恰好にポイントになります。

ちなみに、個人的には帽子をかぶって行くことをおすすめします!

ニット帽子なんかは防寒対策にもなりますし、何より、崩れた髪型を気にしなくていいからです!

スノーボードを滑るときにニット帽子をかぶると思いますが、滑り終わった後に帽子をとると、髪型がぐちゃぐちゃになり、大変なことになりやすいです。

ですので、キャップやニット帽子をかぶって行くことをおすすめします!

ちなみに、インターネットで「スキー 場に行くまでの服装」と検索して、画像検索すると、他の人が着ている服装が見られるので、調べてみることもおすすめです。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。スキー場へ行く時には悩みやすいと思いますが、普段来ている服装で案外行けます。

筆者の場合は、ウェア以外のジャケット、パーカー、スウェットパンツといった、かなり楽な恰好で行っています。

行く時も楽な恰好をしたいというのもありますが、滑り終わった後にきっちりしたような服装をしたくないというのもあるからです。

体は疲れているので、やはり楽な恰好したいですし、温泉に入って帰ってくる時もかなり楽です!

そして、バス、新幹線の場合は、ウェア以外のジャケット、パーカー、デニムパンツ(ジーパン)やチノパンで行っています。

1度バスツアーにスウェットパンツで行ったら、寒い思いをしたので、それからはデニムパンツやチノパンで行っています。

スウェットパンツよりは楽ではありませんが、寒いよりはマシですからね。

楽な恰好で行き帰りして、メインの楽しいスノーボードをたっぷりと満喫してください!

この記事で、スキー場の行き帰りの恰好に悩んでいる方のお役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。夏はスケートボードをして冬はスノーボード。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!