グローブ

DAKINEのBRONCOグローブはコストパフォーマンス最高です!

バッグ等で人気が高いDAKINE(ダカイン)ですが、実はスノーボードのグローブでも機能性が良く、評判が高いアイテムになります。

グローブだけではなく、スノーボードウェアも展開しているDAKINEですが、値段も比較的に安めで、デザイン性も優れているので、ハマる人には人気が高いブランドになります。

筆者は以前、スノーボードショップでゴーグルやグローブ等のアクセサリー担当として働いていた経歴があるのですが、DAKINEのグローブは毎年人気が高ったのを今でも覚えています。

そこで今回は、DAKINEが展開しているスノーボードグローブの中でも、特に人気が高ったモデル、「BRONCO GLOVE」をご紹介したいと思います。

DAKINE(ダカイン)

ハワイ発のバックパックやアクセサリー等で世界的大人気のスポーツブランド「DAKINE」。

バックパックはSURF、SNOW、SKATE等のスポーツ以外にもストリートでも大人気なブランドで、アイテムそれぞれの機能性や使いやすさ、デザイン性の良さで人気があり、値段も比較的にリーズナブルでコストパフォーマンスが高いアイテムを多く展開しています。

グローブの機能性も非常に高く、毎年人気なブランドです。

スポンサーリンク

BRONCO GLOVE

発売当初から毎年人気のグローブがこのBRONCO GLOVEです。

こちらのグローブは防風、防水、透湿性に非常に優れた「GORE-TEX(ゴアテックス)」が使用されています。

「GORE-TEX」が使用されている事で、寒さや濡れづらさを保ってくれますし、手に汗をかいたとしても、余分な水分を外に排出してくれます。

余分の水分がグローブ内に残らないので、常に手をドライの状態でキープしてくれる性能があります。

更には、グローブの外側の生地には耐久撥水加工がされているので、グローブがしみずらく設計されています。

取り外しができるインナーグローブは付いていませんが、グローブ内は保温性に優れたフリース素材になっているので保温性も高く、寒い時でも手を暖かくキープしてくれます。

もちろん、インナーグローブを入れて使う事も出来るので、別売りのインナーグローブを入れる事で、更に保温性を上げる事も可能です。

そして、人差し指と親指にはスマートフォンのタッチスクリーンを操作できるようになっているので、グローブを取らずにスマートフォンを操作する事ができます。

筆者は以前、スノーボードシーズン中に、スキー場周辺にアパートを借りて、1シーズン滑り続ける「山ごもり」という事をしていた時期がありました。

その時に使っていたのも、この「BRONCO GLOVE」になります。

その時には、寒い日にはインナーグローブを中に入れて使い、温かい晴れている時にはグローブのみで使っていました。

寒さを感じるのは人それぞれ変わってきますが、個人的にはこのグローブで全然1シーズンを過ごす事が出来ました。

ちなみに、その時に山ごもりしていたスキー場は、2か所行っていたのですが、新潟県の「舞子スキー場」と「上越国際スキー場」です。

個人的には、スッキリとしたデザインで手が大きく見える事が無く、「GORE-TEX」の性能と保温性の良さで気にいっていたグローブでした。

デザインと性能が良くて、定価もリーズナブルなのでコストパフォーマンスが高いグローブです。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。DAKINEは個人的にも好きなブランドなので、バッグなども使用していますが、やはりデザインが良いと感じています。

山にこもっていた時には、お金が無かった筆者でしたが、GORE-TEXを使っているうえに値段も安いので、とても助かったグローブでした。

良かったらチェックしてみてください。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!