ゴーグル

SMITHスノーボードゴーグルVICEをスキー場で使ったのでレビューします!

SMITHのミディアムサイズのスノーボードゴーグル「VICE(バイス)」を実際にスキー場で使ったので、色々とレビューしたいと思います!

今回レビューするゴーグルのVICEは、数年前に筆者が実際に購入したゴーグルです。

現在は違うゴーグルをメインに使用しているのですが、その日の気分によって、たまにこのゴーグルを使用しています。

筆者は以前、スノーボードショップでゴーグルやグローブ、プロテクターなどのアクセサリー担当として働いていた経歴がありますので、働いていた時に得た経験と知識をもとに、SMITHの「VICE」のレビューをしていきます。

よかったら参考にしてみてください。

SMITH(スミス)

創業時から視界の見やすさやゴーグルのくもりづらさ、耐久性を探求し続け、レンズ性能がトップクラスの老舗アイウェアーブランド「SMITH」。

「SMITH」のレンズは「CARBONIC-X LENS」という、傷等の耐久性に優れた素材が使われているので傷付きづらく、レンズ内側には「FOG-X LENS TREATMENT」や「5X ANTI-FOG」という、くもり止めに特化した加工がされているので、ゴーグルの内側がくもりづらい性能になっています。

また、「SMITH」は海外のブランドですが、日本正規品のゴーグルは、顔に当たるゴーグルのスポンジが「ASIAN FIT」という日本人の骨格に合いやすいスポンジになっているのでレンズ性能が良く、フィット感も良いブランドです。

SMITHの「VICE(バイス)」をレビュー!

このゴーグルを選んだ理由が、完全な見た目のデザインでした!

このゴーグルを購入した当時、この他にも有名なモデルもありましたが、個人的にかなり好きなデザインでしたし、値段も比較的に安めだったのでこのゴーグルを選びました。

実際につけてみると、ミディアムサイズですが、レンズ自体が比較的に大きめで、セミリムレスフレームデザインという、フルフレームとフレームレスの中間にあたるデザインなので、視界を広く確保してくれます。

そして、このゴーグルのベルトの付け根は動くように作られているので、ヘルメットをした時にゴーグルの傾きが合わせやすいように作られています。

また、ベルトの裏にはシリコンが貼り付けられているので、ズレずらく、転んだ時にもゴーグルが飛んでいきづらくなっています。

ヘルメットをかぶる際には、ベルトの付け根が動いてくれるのでフィット感も上がると思いますし、ニット帽子の時でもバックルが外れるタイプなのでつけやすいです。

このゴーグルが販売された当時は、レンズ交換がとても簡単にできるゴーグル!と言われ、上下のフレームを外し、両サイドのストラップを回せば簡単にできるという感じでした。

ただ、この記事を書いている現在ではマグネットなどを使用したり、ワンタッチでレンズ交換ができるゴーグルがあります。

もっと簡単にレンズ交換ができるようになってしまいましたので、レンズ交換がとても簡単!とは言いづらい感じです。

筆者の場合、スノーボードショップで働いていた時によくレンズ交換をしていたので、その時の当時と比べるとレンズ交換はしやすいです。

働いていた当時はフルフレームしか販売されておらず、セミリムレスフレームや、フレームレスなんて無く、マグネットやワンタッチなんて考えられませんでした・・・

その当時を考えると、このゴーグルはまだ簡単にレンズ交換ができる方です!

SMITHのゴーグルにはChromaPop(クロマポップ)という、コントラストレンズがあります。

コントラストレンズとは、簡単に言ってしまえば色の明暗をはっきりとしてくれて、コブなどの凹凸の影や、滑った跡がはっきりと見やすくなるレンズです。

今回使用したVICEは数年前に購入したので、ChromaPopレンズがまだついていないゴーグルなのですが、現在販売しているVICEにはChromaPopレンズがついてきます。

筆者は他のSMITHのゴーグルでChromaPopレンズがついているゴーグルも持っているのですが、個人的にかなり見やすく感じます。

SMITHのコントラストレンズは、覗いた時に色味が薄めで、自然体に見やすいうえに、明暗をはっきりしてくれるので個人的には好きです。

劇的にすごい変わる!という感じではありませんが、有るのと無いのとで比べてみると、やはり有った方が見やすいです。

VICEはミディアムサイズで見た目のデザインもシンプルなので男性、女性問わず使いやすいと思います。

そして、筆者のスキー場での経験上、実は使っている人が少ないです。

筆者の個人的な考えですが、有名なI/Oシリーズは筆者の周りを含め多く見かけるので、おそらくメジャーなモデルをみんな使っています。

やはりメジャーなモデルに注目しやすいですものね。

ですので、メジャーとは言いづらいこのVICEはスキー場ではあまりみかけません。

SMITHのゴーグルなので、曇りづらさ、見やすさなどの性能はもちろん良いですし、実際に使っている筆者としましても満足しているゴーグルです。

使用していたVICEは日本正規品のゴーグルなのでASIAN FITでフィット感も良いですし、ChromaPopレンズは入っていませんが、もしも入っていたら更に使いやすくなっていたと思います。

VICEはカラーバリエーションが多くありませんが、他の人とかぶりづらいゴーグルです。

スポンサーリンク

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。先ほども書きましたが、このゴーグルは一目見て購入を決めました。

性能も大切ですが、やはり好きなデザインの物を購入したいですからね。

個人的には気に入ったデザインのとても使いやすいゴーグルです!

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!