ゴーグル

ELECTRICのゴーグルEGGを実際に使ったのでレビューします!

卵型といわれる新しいレンズの形、トリックレンズを使用したスノーボードゴーグル「EGG」をゲレンデで実際に使ってきたのでレビューしたいと思います。

今回筆者はスキー、スノーボードの試乗会に参加してこのゴーグルを試してきました。

そこで、以前、スノーボードショップでゴーグルやグローブなどのアクセサリー担当として働いていた経歴がある筆者が、働いていた時に得た知識と経験を活かし、このEGGをレビューしたいと思います。

ちなみに、読み方は卵と同じでEGG(エッグ)になります。

良かったら参考にしてみてください。

ELECTRIC(エレクトリック)

見た目のデザイン性の良さと視界の広さで人気があるELECTRIC。

ELECTRICのレンズの内側には特殊なくもり止めコーティング、レンズの表面には傷がつきづらいコーティングがされています。

そして、ELECTRICはアメリカのブランドですが、日本正規品のレンズには欧米人の目とは違う、色素が濃い日本人の黒目に合うように作られた【JAPANレンズ】というレンズを展開しています。

【JAPANレンズ】はゴーグル内を覗いた時に色味が薄く、ミラーコーティングがされても明るく見え、曇天、降雪が多い日本の雪山でも見やすくて使いやすいレンズになります。

また、【CONTRAST BROSE LENS】という滑った跡の影や、凹凸の影などを見やすくしてくれる、色の色彩のコントラストを上げてくれるレンズも展開しています。

更には、日本正規品の顔に当たるスポンジの部分は欧米人より鼻が低い、日本人の骨格にも合いやすいように造り替えられた「ASIAN FIT」の造りになっているので、ゴーグルを着けた時にもフィットしやすいです。

ELECTRICのゴーグルは見た目の良さだけではなく、機能性も十分高いブランドになります。

スポンサーリンク

EGGをレビュー!

このゴーグルは以前から知っていた筆者だったのですが、とても試してみたいゴーグルの一つでした。

レンズの形状が、球面レンズと平面レンズを合わせた、全く新しい【トリックレンズ】という形状だったからです。

この記事を読んでいる方は、EGGのレンズ形状を知っている方が多いと思いますが、あえて軽く説明すると、全体的には球面レンズ、正面は平面レンズになっている形状です。

レンズの正面の部分、要は、ゴーグルをつけた時に、目の前に来る部分だけが平面レンズになっています。

こんな感じです↓。

正直な話、筆者はこの写真もそうですが、実物を見ても平面感が分かりませんでした。

普通の球面レンズのゴーグルと並べてみると、確かに!とその時にやっとわかる感じでした。

初め、スキー場以外でEGGを試した時には、視界が広くなっているのかな?というのが正直な感想です。

もちろん視界は上下左右と、とても広いです!

ただ、同じELECTRICのEG2の視界の広さも知っていた筆者だったので、そんなに変わるかなと感じました。

そして、スキー場でつけてみても同じ感覚です。

確かにすごく広い!だけどEG2も同じく広かった気がする・・・という感じでした。

ただ、フィット感が良いというのは感じました!

EG2よりレンズが柔らかめに作られているらしく、レンズが柔らかい分、ゴーグル自体も柔らかくなっていたので、つけた時にしっかりとフィットしてくれました。

また、正面を平面レンズにする事によって、人間の顔の形に似た形状のフレームの形になるので、その分フィット感も上がっているという事でした。

もちろんASIAN FITという、日本人の骨格に合わせて作られたスポンジになっているという事もあると思います。

EGGは大きめのゴーグルなのですが、ASIAN FITと、EGGの形状が合わさって、しっかりフィットしてくれているという感じです。

鼻の高さが標準的な筆者でも、何も問題がありませんでした。

そして、実際につけて滑ってみると、やはり視界は広い!

上下左右を見ながら滑ってみても、かなり広い視界を確保してくれていて、もしかしたら、トリックレンズの影響で広く見えているのかな?とも感じました。

また、正面が平面レンズになっているので、滑っている時の球面レンズでたまにある、視界の歪みなども感じませんでした。

滑っていない時では感じられない感覚もありますからね。

実際にゴーグルをつけて滑ってみると、見やすくて、かなり滑りやすかったです。

今回つけたゴーグルには、【CONTRAST BROSE LENS】というコントラストレンズが付いていました。

最近ではどこのブランドでも販売している、滑った跡の影や、凹凸の影などを見やすくしてくれる、色の色彩のコントラストを上げてくれるレンズです。

このゴーグルをつけて滑った日は雲っていた天気でしたが見やすかったです。

ただ、雪が降ってもっと暗い天気になってしまったらどうかな・・・とも感じました。

このゴーグルはもちろんヘルメット対応になっています。

ベルトの裏側にはシリコンがついているので、ヘルメットをかぶっている時でも、ニット帽子をかぶっている時でもズレづらく、転んだ時でもゴーグルが飛んでいきづらくなっています。

ベルトもバックルが無いタイプなので、ヘルメットにつける時でもスムーズに装着できるようになっています。

EGGを実際につけてみて、とても広い視界で見やすかったですし、しっかりとフィットしてくれるので使いやすいゴーグルでした。

ELECTRICのゴーグルはフレームのカラーや、デザインの展開がたくさん出ているので、自分好みのゴーグルを見つけやすいと思います。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。初めて見た時には普通の球面レンズのゴーグルだと思いましたが、実際につけて滑ってみると機能性が良い事を確認することが出来ました。

視界の広さもありますが、やはり驚いたのはフィット感の良さです。

ゴーグルはどんどん進化していきますね!

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!