ゴーグル

SMITHのゴーグルPROPHECYを実際に使ったのでレビューします!

SMITHのスノーボードゴーグル【PROPHECY】を実際にスキー場で使ってきました!というよりかは、筆者が数年前に購入して使っていたゴーグルをレビューします!

カラーのバリエーションも少なく、I/OやSquadなどの有名なモデルは知っていても、このPROPHECYを知らない人は多いと思いますが、なかなか使いやすいモデルです。

そこで、以前スノーボードショップでゴーグルやグローブ、プロテクターなどのアクセサリー担当として働いていた経歴がある筆者が、その時に得た知識、経験を活かしてご紹介したいと思います。

よかったら参考にしてみてください。

ちなみに、読み方は【PROPHECY(プロフェシー)】になります。

SMITH(スミス)

創業時から視界の見やすさやゴーグルのくもりづらさ、耐久性を探求し続け、ゴーグルだけではなく、サングラスでも人気があるレンズ性能がトップクラスの老舗アイウェアーブランド「SMITH」。

【PROPHECY】のレンズは「CARBONIC-X LENS」という、傷等の耐久性に優れた素材が使われているので傷付きづらく、レンズ内側には「FOG-X LENS TREATMENT」という、くもり止めに特化した加工がされているので、ゴーグルの内側がくもりづらい性能になっています。

また、「SMITH」は海外のブランドですが、日本正規品のゴーグルは、顔に当たるゴーグルのスポンジが「ASIAN FIT」という日本人の骨格に合いやすいスポンジになっているのでレンズ性能が良く、フィット感も良く、くもりづらいオススメのブランドです。

スポンサーリンク

PROPHECYをレビュー!

ラージサイズの球面レンズが付いたPROPHECYは、見た目通り、広い視界を確保してくれます。

最近ではフレームをなくす事によって、より広い視界を確保しているゴーグルが多いですが、このPROPHECYはフレームがあってもかなり広く見えるのです。

そして、丸みがある球面レンズですが、丸みが緩くなっているので、球面レンズに出やすい歪みがかなり少なくてとても見やすい視界を確保してくれます。

眼鏡をかけたままでも使う事ができるモデルになりますので、それだけ視界が広いという事にもなります。

このPROPHECYのモデルは、すでに廃盤になっているゴーグルの【PRODIGY(プロディジー】というゴーグルの後継モデルになります。

【PRODIGY】は、販売された当初、大型のレンズで視界が広いのと、球面レンズの丸みが緩いので、歪みがない球面レンズゴーグルとして使いやすいゴーグルでした。

筆者も以前使っていたのですが、個人的にも見やすかったです。

これがPRODIGYになります。↓

このゴーグルは10年以上前に販売されていたモデルです。

見たことある!という方は、なかなかな年齢の方ですね。

10年以上前のゴーグルを持っている筆者もですが・・・

このPRODIGYの広い視界、丸みが緩くて歪みが少ないというのを残しつつ、更にシンプルなデザインで使いやすくなったのがPROPHECYになります。

10年以上前に作られたモデルが、いまだに後継モデルとして販売されているぐらい使いやすいゴーグルだという事になります。

実際に、筆者は以前の【PRODIGY】を使っていて、デザインが気に入ったという事もありますが、とても見やすかったのでこのPROPHECYを購入しました。

やはり後継モデルというだけあって、かなり見やすいです。

そして、このゴーグルはヘルメットにももちろん対応しています。

色々なヘルメットに合うように、ベルトの付け根が動くようになっているので、ヘルメットを着けていても、着けていなくてもしっかりとフィットしてくれるようになっています。

また、ベルトの裏にはシリコンが貼り付けられているので、ズレずらく、転んだ時にも飛んでいきづらくなっています。

ベルトの裏側がバックルタイプなので、脱着も簡単にできるようになっています。

ただ、ヘルメットにつける際には、このバックルが邪魔になって、ヘルメット裏側にあるストッパーにつけづらくなってしまったり、ベルトの長さが足りなくて、着けていて苦しくなってしまう場合があります。

その際には、別売りになってしまいますが、SMITHの延長ストラップが販売していますので、それを取り付け事によってこれらのストレスも解消してくれます。

延長ストラップはこれです↓

今回レビューしているこのゴーグルは、数年前に筆者が購入した物になりますので、普通のミラーレンズがついていますが、現在販売されているゴーグルには、【ChromaPop(クロマポップ)レンズ】というレンズが付きます。

【ChromaPopレンズ】とは、コントラストレンズとも呼ばれ、簡単に言ってしまえば色の明暗をはっきりとしてくれて、コブなどの凹凸の影や、滑った跡がはっきりと見やすくなるレンズです。

現在販売されているSMITHのゴーグルには、ほぼ全部、標準でついているレンズなのですが、この【ChromaPopレンズ】はかなり見やすくておすすめです!

筆者は何度かこのレンズを使用していますが、覗いた時に色味が薄めで、自然体に見やすいうえに、明暗をはっきりしてくれるので個人的には好きです。

つけるとすごい変わる!という感じではありませんが、有るのと無いのとで比べてみると、やはり有った方が見やすさを感じています。

このPROPHECY は、SMITHのゴーグルの技術が使われ、視界も広くて、【ChromaPopレンズ】が付いてくるうえで、最大のメリットが、値段が比較的に安めというところ。

SMITHのゴーグルの場合、性能の良さがあるので値段が高めなモデルが多いです。

もちろん、それ相応の技術が使われているので、値段が高めになってしまうのはしょうがない所だと思います。

大体のモデルが、定価で23000~30000円がSMITHのゴーグルの相場ですが、このPROPHECYは定価18500円。

繰り返しになりますが、【ChromaPopレンズ】もついてきます。

ただ、他のモデルの場合は、もう1枚スペアレンズが付いてくるモデルもありますので、それを考えたら「安いのか?」となる所ですが、スペアレンズはいらないという方にとっては嬉しいところだと思います。

ここまでPROPHECYの良い所ばかり言っていますが、1つ欠点があるのです。

それが、レンズ交換が面倒くさい!という所。

筆者が働いていた時は数年前なので、その時の事を思えば普通のレンズ交換ですが、現在ではワンタッチでレンズ交換が出来たり、強力な磁石でレンズが付いている物もあります。

それと比べてしまうと、やはりかなり面倒くさいです。

数年前は普通でも、便利な物に慣れてしまうとこうなってしまいますね。

ですので、スキー場の天気に合わせてレンズ交換がしたい方など、レンズ交換を素早く済ませたい方にとっては欠点になると思います。

販売開始からすでに何年も経っているので、もしかしたら近いうちに廃盤になってしまうかもしれませんが、SMITHの見やすい技術が使われて、値段も比較的に安めなので、コスパが高いゴーグルです。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。個人的にこのゴーグルを使っていて、不自由を感じたことは何もありませんでした。

むしろ、シンプルなデザインでカッコよくて、使いやすいゴーグルです!

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!