カルチャー・その他

暖冬の雪不足を防ごうとしている環境団体【POW】をご紹介します

プロスノーボーダーが立ち上げた団体【Protect Our Winters】、通称【POW】をご存知でしょうか?ここ数年、暖冬で雪不足だとよく言われていますが、この団体は冬を気候変動から守ろうという環境団体です。

筆者自身、つい最近までこの団体を知りませんでした。

なにげなくSNSを見てて、その時にみつけたのですが、こんな団体がいるのかと驚きました。

筆者は、政治や経済、団体系の事は、正直よくわかっていない人です。

テレビのニュースで見ても「ふ~ん・・」ぐらいしか思っておらず、ネットのニュースでもそのような記事はあまり読みません。

そんな筆者でも、この団体の公式サイトを見てみたら、この団体が行おうとしている事には興味を持ちました。

そして、大いに賛同しました。

そこで、この【POW】をご紹介したいと思います。

よかったら読んでみてください。

冬の雪を守ろうとしている【Protect Our Winters】

まず初めに、Protect Our Wintersという団体に関して簡単に説明します。

POWとは
【POW Japanはスノーコミュニティとともに、気候変動への関心を高める情報発信、自然から学ぶ環境教育、脱炭素型の地域づくりや持続可能なスノーリゾートへの転換につながる政策提言などを通して、私たちの愛する冬を気候変動から守り、未来につなぎます。】

引用:POW Japan公式サイト

プロスノーボーダーのJEREMY JONES(ジェレミー・ジョーンズ)が立ち上げた環境団体

【Protect Our Winters (POW)】

現在はヨーロッパなど11か国にその活動が広がっています。

日本においても2019年2月に「冬を守る」というメッセージを掲げ【Protect Our Winters Japan】の活動がスタートしました。

「地球温暖化」という言葉をよく聞くと思います。

そして、聞き慣れない言葉の「気候変動」。

この2つの言葉は、ほぼ同じ意味合いがあります。

地球温暖化とは、温室効果ガスの大気中濃度が上昇することにより地球の平均気温が上昇することを指します。

地球温暖化は様々な気候の変化(雨の降り方の変化など)を引き起こすため、「気候変動」と呼ばれることも多いです。

日本では「地球温暖化」の方が一般的ですが、海外では「気候変動」と呼ぶことも多いです。

これらの言葉はほぼ同じ意味だと考えてよいでしょう。

引用:気候ネットワーク

温暖化によって、雪が減っていることはスキー、スノーボードが好きな人なら身をもって体感している事だと思います。

この「気候変動」対策をしていこうとしている環境団体です。

詳しい事は公式サイトの方がわかりやすいです。

Protect Our Winters公式サイト↓
【POW JAPAN公式サイト】

確かにここ数年の日本の冬の暖冬に加え、夏もかなりの高温になっていますね。

筆者は、冬はスノーボード、夏はスケートボードが趣味で、ここ数年の真夏の昼間のスケートボードは正直しんどく感じています。

年齢を重ねたという事と、筆者自身が暑いのが苦手という事もあるのですが、昼間に滑っていると暑過ぎて疲れやすくなっています。

また、テレビのニュースなどで、「このままいくと地球の気温が上がり続けて、日本の夏の平均気温が今よりもっと上がる」というのも見たことがあります。

もちろんちゃんとしたテレビのニュースですよ。

冬の場合も同じで、暖冬、雪不足なんてことをよく言われていますが、「確かに雪が少ないな」ぐらいでしか思っていませんでした。

結局は雪が降っていますし、トップシーズンにはしっかりと雪が積もっていますからね。

ただ、この記事を書いている今年もそうですが、12月の雪の降りはじめが遅かったり、2月の時点で暖かくなったりもしています。

そして、3月になってから早期で営業終了するスキー場も何か所かあるのも事実です。

12月のスキー場オープン日が遅くなった所もありました。

今年は4月に入ってから突然雪が降り、なんだかんだで春でも滑れるような状況ではありました。

ただ、よく考えたら、たまたま降っただけで、もしも降らなかったらどこのスキー場も早期営業終了になってしまいますもんね。

この現象がこれから何年も続いていったら、数年後には初滑り12月後半、スキー場の平均営業終了が3月上旬、なんて事になってしまう気がしてきます。

という事は、スキー、スノーボードのシーズンが1月と2月だけ?

短か過ぎる!

スノーボードが好きな筆者としましては、そんなの絶対に嫌です!

ただでさえスキー、スノーボードシーズンは短いのに、更に短くなるのは嫌です!

ましてや暖冬で雪が少なくて、パウダースノーが滑れなくなるなんて嫌です!

そして、雪不足の影響で営業できるスキー場が少なくなって、人が集中し、滑りに行っても混んでいるなんて嫌です!

スキー、スノーボードが好きな人なら誰しもが思う事だと思います。

もしも【POW】が気候変動に関する事で、暖冬を改善するような行動をするのでしたら、筆者は全力で応援したいと思います。

暖冬が改善されれば、スノーボードを長い期間楽しむ事が出来ますからね!

ただ、筆者は金持ちでもありませんし、普通に仕事もしてます。

そもそも、スノーボードのレベルが高い訳でもない一般人です。

ですので、多額の金額を寄付するとか、行けないイベントに無理して行くという事はできません。

筆者自身ができる範囲で応援するといった感じです。

例えば、このようなブログを書くとか。

正直、筆者自身ができる事はものすごく小さい事です。

こんな事しかできませんから。

ただ、この記事を読んでいる方が【POW】の存在を知り、筆者と同様に賛同してくれて、ブログやSNSなどでまた広め、【POW】が広く知れ渡ってくれたら良いなと思いっています。

そうすれば微力ながら力になれるかなと思いながら書いています。

このような記事を読むという事は、少なからずスキー、スノーボードが好きな方ですからね。

筆者は現在30代半ばですが、50歳、60歳になってもスノーボードを楽しんでいくつもりです。

年を重ねれば重ねるほど新しい楽しみ方ができるのもスノーボードができるスキー場、スキー場周辺の醍醐味ですからね。

この年齢になった頃に、もう日本では雪が全然降らなくて、スキー場がごくわずかなんて事になったら悲しすぎます。

なんだか1人よがりの宗教勧誘みたいな感じになってしまいましたが、もし【POW】の事を知り、賛同しようと感じたら、ぜひ何かしらで行動してみませんか?

ブログでも、SNSでも、【POW】がブースを開いているイベントに行くなどでも、なんでも良いと思います。

もちろん自分ができる範囲で。

ぜひ公式サイトで詳細を読んでみてください。

この記事より数倍、ためになる事が書いてあります。

公式サイトはこちら↓
【POW JAPAN公式サイト】

スポンサーリンク

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。筆者自身は、雪が少なくなって滑れなく無くなるのが嫌!という意見だけで賛同していますが、世界規模で見たらかなりの大事でした。

正直、こんな筆者が、こんな小さいサイトで、こんな記事を書いていいのかと思うほどです。

ただ、【POW】を知らなかった人が、1人でもこの団体の存在を知ってもらえたらなと思います。

この先何十年、いつまでもスキー、スノーボードを楽しめるようになってくれるように願っています。

この記事で、暖冬の雪不足を解消するお役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!