アクセサリー

レンタル会社Rentio(レンティオ)をレビュー!実際に使ってみました!

カメラや家電製品などを安い値段でレンタルして使う事が出来る【Rentio(レンティオ)】を実際に利用したので、簡単にレンタルができるのかなど、色々とレビューしたいと思います!

今回筆者が実際にレンタルしてみた物は【GoPro HERO7 BLACK】の、自撮り棒などが色々とセットになっている【初心者セット】という物をレンタルしてみました。

GoProは以前から使ってみたかったのですが、高額でなかなか手が出せず・・・

そして、性能が色々ついていて、果たして購入しても使いこなせるのか?自分にそんな性能が良い物が必要なのかと葛藤していました。

そこで見つけたのが、レンタル会社の【Rentio(レンティオ)】!

GoProだけではなく、最新のカメラや家電製品などもレンタルしている会社で、以前、筆者が使ってレビューをした【BONX(ボンクス)】もレンタルしていました。

筆者はスケートボード、スノーボードが趣味なのですが、ちょうど両方共行く予定が出来たので実際にレンタルしました。

これからRentioを利用してみようと考えていましたら、参考にしてみてください。

レンタル会社Rentio(レンティオ)とは?



まず初めに、Rentioって何?どんなサービス?という方のために簡単に説明します。

Rentioとは、最新のカメラ、GoProの各シリーズ、オーディオ関係、家電製品など、様々な物をレンタルできる会社です。

送料はすべて無料で利用でき、レンタル期間は3泊4日からで追加料金でそれ以上の延長をすることが出来ます。

メインの商品にプラス、必要な小物もセットでレンタルできるオプションサービスもあります。

使用者の過失による故障、破損に関しては、免責代金として2000円を上限とした金額を支払う事になります。

(ドローンなど、商品によっては免責代金が異なる場合があります。)

Rentio(レンティオ)を使ってみたレビュー!

今回の利用が初めてだった筆者だったので、まず初めに、ネットでアカウント登録を済ませました。

アカウント登録と言っても、公式サイトから必要事項(メールアドレス、名前や住所など)を記入するだけで簡単に登録を済ませる事が出来ました。

アカウント登録後に、自分が借りたい物をレンタルできるという流れです。

今回は【GoPro HERO7 BLACK初心者セット】12800円をレンタルしました。

レンタルの申し込み画面で、借りたい日にちを入れ、そこから3泊4日でレンタルすることが出来ます。

ちなみに、筆者がレンタルした期間は、

4月6日(土)午前中~4月9日(火)

この期間になります。

数日前に申し込みを済ませ、4月6日の午後から使いたかったので、宅急便を午前中指定にしました。

返却日の4月9日(火)は、自分の手元から離れる日にちで、4月9日にRentioに到着していなくても大丈夫です。

申し込みを済ませてから、数時間後にレンタル予約受付のメールが届き、利用1日前(住んでいる場所によって異なる)に出荷のメールが届きました。

スポンサーリンク

レンタルした物が到着

届いた商品はRentioの専用の箱に入れられていて、返却する際にも同じ箱で発送するという感じです。

中身には注文した【GoPro HERO7 BLACK初心者セット】と、Rentioのご利用ガイド、返送用の着払い伝票、返送用のテープが同封されていました。

さっそく中身の商品を取り出してみた所、GoPro本体、自撮り棒、防水ケース、バッテリー、SDカードなど、必要な物はすべてそろっている感じでした。

まったくの初心者の筆者でも何とか使えるようなセットだったので、このセットにしておいて良かったですが、Gopro自体の説明書が英語と、簡単な図・・

レンタルする商品によって説明書が変わるのかもしれませんが、英語がわからない筆者としましては、この説明書はな・・といった感じでした。

ただ、ネットでGoProの使い方などがありますし、Rentioがネットで使い方をアップしていたので、それを見ながら使い方を覚えました。

ネットがあれば何とかなるもんですね。

そして、届いた商品はキレイでしたが、使った上での細かいスレ傷などはありました。

レンタル商品なので、これはしょうがないかなといった感じです。

商品が届いて、色々と取り出して思ったのが、「オプションのパーツを無くさないように気をつけなきゃ」という所です。

今回注文したのが初心者セットという事で、細かいパーツや、使わなそうなパーツも入っていました。

これらをゴチャゴチャと出していたら、どこかに無くしてしまいそうな感じです。

特に筆者の場合、無くし物をよくしてしまうので、どこに何が入っていたか写真で撮影し、必要な物だけを出し、後は箱の蓋を閉めて収納しておきました。

紛失は、商品の場合は商品代金の100%、付属品に関しては1点あたり500円を上限とした支払いになってしまうので、この辺りは注意が必要です。

レンタルした物を利用

今回筆者は、4月6日にスケートボード、4月7日にスノーボードへ行ったので、両方の日にちで使いました。

2日間とも不具合もなく、特に気なるようなこともなく、はじめてのGoProを楽しませてもらいました。

使い方はその都度ネットで調べながら使っていたのですが、順調に使う事が出来ました。

そして、撮影したデータを4月8日にパソコンに移してから、SDカード内のデータを消し、そのまま収納です。

余談ですが、はじめて自分で撮影したGoProの映像は、画質がキレイだし、初心者でもそれなりの映像になるので感動します!

Rentioへ返却

最終日の4月9日に返送しました。

返送日の4月9日にRentioから「本日が返送日です」というメールも届きます。

忘れやすい方にとってはありがたいですね。

返送方法は、商品が入っていた箱に、元の通りに商品を入れて、返送用の着払い伝票を貼り、入っていたシールテープで箱を閉じて終了です。

返送用の着払い伝票には、発送先がすでに書いてあるので、発送元(自分)の箇所を記入して完了です。

筆者の場合は夕方頃にコンビニから発送しました。

配送業者はヤマト運輸なので、電話で自宅に集荷してもらう事も可能だそうです。

Rentioへ返却した後にメールが来た

商品を発送してから、1日後の4月10日にRentioから「ご返送を受け付けしました」というメールが届きました。

このメールに関しても住んでいる場所によって多少誤差があると思います。

このメールは、商品が到着した時に届くメールで、「これからRentio側で検品をします」との事も書いてありました。

壊れていないか、パーツなどの欠品はないかなどの検品になると思います。

そして、メールには「2~3日後に返却完了のメールをします」と書いてありましたが、その日のうちに「返却完了のお知らせ」というメールが届きました。

「返却完了のお知らせ」のメールが届いたら、すべて終了になります。

その後、公式サイトでのレビューなどをするという流れです。

Rentioレビューのまとめ

Rentioを実際に使ってみて、なんのストレスも無く、本当に簡単にレンタルすることが出来ました。

筆者はネットでレンタルをするという事じたい初めてだったのですが、一連の流れを書いてある利用ガイドもあったので、初めてでも何も問題なく使えました。

Goproの説明書が英語だった時は、正直少し困りましたが、ネットで検索すればすぐにわかりましたし、言ってしまえば、撮影しに行く時に説明書は持って行かないですもんね。

アカウント登録から、荷物の受け取り、返送、返却まで簡単にできましたし、最新の物を安い値段で使って試す事が出来るのでかなり助かるなと感じました。

今後また新しい商品が出てきて、このRentioでレンタルしていたら、また利用しようと思います。

公式サイトはこちら↓
お試し利用にもオススメ!【Rentio】

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。Goproじたいかなり高額なので、このようなサービスがあると助かりますね。

実際にGoproをレンタルしてみて、購入は先送りにします。

画質もすごくキレイですし、撮った映像もブレが本当に少なくて素晴らしい物だとは感じましたが、正直、現在の筆者には必要がなさそうな事がわかりました。

格安で購入できるなら欲しいけど、値段を考えたらいらないかもな・・・といった感じです。

本気で購入を考えていたので、今回レンタルをして気付けたので良かったと思います。

高額で購入して、今の自分には必要ないなってなったら悲しいですもんね。

筆者のように高額な製品を試してみたい方や、旅行などで一時だけ使いたいなという事でしたら、レンタルをして試してみる事をおすすめします!

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!