アクセサリー

スノボの流れ止めリーシュコードは必要!選び方、おすすめの物を紹介します

スノーボードの事故防止に大切なリーシュコード!スノーボードを楽しむ上でなくてはならない道具の1つです。そんなリーシュコードですが、中には不要ではないか?付けていたらダサくないか?など考える方や、どんな物を選べば良いかわからないという方もいると思います。

そこで、以前スノーボードショップでゴーグルやグローブ、プロテクターなどのアクセサリー担当として働いていた経歴を持つ筆者が、リーシュコードについて色々とご紹介します。

よかったら参考にしてみてください。

リーシュコードは必要!

スノーボードのリーシュコードは不要と思われる方もいると思いますが、かなり必要な物になります。

手から板が離れた際に、ちょっとした不注意で板が流されていまい、板を紛失するだけではなく、流れてしまった板が他の人に当たってしまい、大怪我をさせてしまう可能性があるからです。

自分としてはちょっとした不注意かもしれませんが、ぶつかった相手としてはかなりの大問題です。

このような事を防ぐ為にもリーシュコードは付けておきましょう。

リーシュコードはある意味、保険と同じような意味合いの道具になります。

また、リーシュコードはダサいのか?という考えについては、今ではあえて見せるオシャレなリーシュコードも販売されています。

小さい物なら正直目立ちませんし、あえて見せる物もあるので、決してダサいという道具ではありません。

スポンサーリンク

リーシュコードを付けていても注意!

滑り始める前の、スキー場下部の平地でリーシュコードを付けると思いますが、その後も板から足を外す際には注意が必要です。

例えば、スキー場の上部や中腹で休憩をする際や、ジャンプ台があるようなスノーボードパークでハイクアップ(板を外して、歩いて上る事)をする時です。

スキー場の上部、中腹にあるレストランで休憩をする時には足から板を外しますが、その際、リーシュコードを外した時に、突然板が流れてしまう時があります。

大体は平地にレストランや休憩所が建てられていますが、微妙な坂になっている場合があります。

また、スノーボードパークはゲレンデ内になりますので、もちろん坂になっています。

このような時、リーシュコードを外した時に板が流れてしまっては意味が無いので、リーシュコードを外す際には、しっかりと板を手でつかんでからリーシュコードを外すことをおすすめします。

そして、外す時だけではなく、板を取り付ける際にも注意が必要です。

板を置いた瞬間、リーシュコードを付ける前に板が流されてしまう事もあります。

このような時に板を流してしまっている人を筆者は見たこともあります。

板を取り付ける際には、リーシュコードを付けるまであまり油断しないよう注意が必要です。

リーシュコードの選び方

リーシュコードには種類があまりありません。

大体の物が、ブーツに取り付けるリング、そして、板に取り付けるコードがセットになっている物になります。

後は、脚に取り付ける輪っか、板に取り付けるコードがセットになっている物になります。

板とブーツ、または、板と脚をつなぐだけのコードになるので、そこまで悩む必要もなく、サクッと選んでしまって大丈夫です。

「安い物だからすぐに壊れてしまう。」や、「高い物だからしっかりとしている。」という事も無いので、自分の好みに合った物を選ぶぐらいで十分です。

デザインがカッコいいから、好きなブランドだから、安かったから、など、人それぞれ分かれると思いますが、「基本的には板を流さない為の物」になりますので、自分の好みで購入してOKな物になります。

リーシュコードの付け方

リーシュコードの付け方は、種類、ブランドによって色々と変わってきます。

例えば、脚に巻く物や、スノーボードブーツのヒモ、もしくは、ボアブーツ(ブーツに付いた、丸いダイヤルのような物を回してしめる、ヒモが無いブーツ)に付ける物など、色々な種類があります。

各それぞれ、取り付け方は変わってきますので、自分が持っているリーシュコードの説明書を読んで、しっかりと取り付けてください。

おすすめのリーシュコード

ここからは、おすすめのリーシュコードになります。

はじめに書いておきますと、大体が同じような形状の物になって、ほとんど違いがありません。

どれもしっかりと固定してくる物になりますので、サクッと選んでしまって大丈夫です。

「同じと言われても、どれを買えば良いかわからない」という方は特に参考にしてみてください。

BURTON(バートン)

スノーボードのブランドの中で1番有名と言っても過言ではないBURTONは、脚に巻く物から、ブーツに付ける物まであります。

eb’s(エビス)

スノーボードのアクセサリーブランドのeb’sはデザインが豊富で、値段が安い物もたくさんあります。

ORANGE(オレンジ)

オシャレなデザインで人気があるスノーボードアクセサリーブランドのORANGEは、脚に巻く物から、ブーツに付ける物まであります。

NORTH PEAK(ノースピーク)

NORTH PEAKのリーシュコードはデザインが色々とあり、脚に巻く物からブーツに付ける物もありますし、それぞれ色々なデザインがあります。

GLASSY(グラッシー)

シンプルで安い値段の商品を販売しているGLASSY。サーフィン用のリーシュコードも販売しているので、購入する時には注意してください。

Snoman(スノーマン)

スノーボードアクセサリーブランドのSNOMANは、足に巻くタイプ、ブーツに取り付けるタイプの物まあります。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。リーシュコードをしていなかっただけで、板を紛失してしまったり、他の人に大怪我をさせない為にも必ず装着をして、安全にスノーボードを楽しみましょう!

繰り返しになりますが、リーシュコードは保険的な役割で、付けているから100%安全という訳ではありませんが、有って損をする事はありません。

事故を事前に防いで、安全なスノーボードをしましょう!

この記事で、リーシュコードについてお役にたてればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!