アクセサリー

【ヘルメット以外】スノボで頭を守るパッド!ヘッドプロテクターを紹介します!

スノーボードをする時に、頭を守る物として初めに思いつきやすいのがヘルメットだと思います。ただ、中にはヘルメットをかぶりたくないな・・と思う方もいると思います。

ヘルメットは頭を守るうえで1番のプロテクターですが、見た目的に抵抗がある方や、ヘルメットをかぶると気になってしまいそうと思う方も少なくはないですよね。

筆者は以前、スノーボードショップでゴーグルやグローブ、プロテクターなどのアクセサリー担当として働いていた経歴があるのですが、働いていた時にも同じような気持ちのお客さんはもちろんいました。

ヘルメット以外で頭を守ってくれるものはありますか?と聞かれた事もあります。

そこで、そんな経歴を持つ筆者が、プロテクター以外の、頭を守ってくれるプロテクターをご紹介したいと思います。

よかったら参考にしてみてください。

頭を守るヘッドプロテクター

ヘルメット以外に頭を守ってくれるヘッドプロテクターは、言ってしまえばパッドと言われる物になります。

パッドと言っても、柔らかい簡単な物だけではなく、しっかりと衝撃を抑えてくれて防御力がしっかりとしたパッドもあります。

意外と知られていないこのヘッドプロテクターのメリット、デメリットや、おすすめの物などを紹介していきます。

スポンサーリンク

メリット

ヘッドプロテクターをつけていると、頭を守ってくれる事はもちろんの事、それ以外にもメリットがあります。

ヘルメットと違うメリットを色々とご紹介します。

・目立ちづらい

ヘルメットと違って、ニット帽子の中に入れるプロテクターなので、外から見ても目立ちづらいのが特徴です。

ニット帽子自体も膨らんでいる物が多いですし、パッドを入れていても周りは気付きづらいです。

ヘルメットはしたくないけど頭が守りたいという方にはかなりメリットになります。

・脱着が簡単

パッドをニット帽子の中に入れるだけなので、脱着がとても簡単なのもメリットの1つです。

パッドを入れる時も、外す時も簡単にできますし、中にはかぶるだけでプロテクターになってくれる物もあります。

また、ゴーグルで固定してしまえばズレる事も防げるので、脱着が簡単でもしっかりと守ってくれます。

・サイズの心配が少ない

ヘッドプロテクターのパッドは、サイズ展開がある物もありますが、基本的にワンサイズの物がメインとなります。

サイズがあるとしても、大きいか小さいかだけのサイズ展開です。

ヘルメットの場合ですと、大きすぎるとズレてしまうとか、小さいと頭が痛くなってしまうというのが出てきてしまいます。

また、ヘルメットによっては形が合わないという事も出てきてしまう場合があります。

しかし、パッドの場合ですと、そのような事はかなり少ないので、簡単に選ぶ事が出来ます。

・着けていても違和感が少ない

ヘルメットの場合ですと、いくら軽い物を被っていたとしても違和感があります。

これはどうしようもない事なので仕方がない事なのですが、ヘッドプロテクターの場合、軽量な物が多いですし、ヘルメットと比べると違和感が少ないです。

ですので、ヘルメットの違和感が苦手という方でも着けやすいと思います。

・値段が安い

ヘルメットと比べると、値段はかなり格安になります。

1万円を超えるような物はありませんし、2千円~4千円ぐらいの価格で購入することが出来ます。

安いといっても、ただの柔らかいただのパッドではなく、しっかりと衝撃耐性がある防御力が高いパッドの物もあります。

それでも定価が4千円しないぐらいです。

ヘルメットよりも値段が安くて、しっかりと守ってくれるのがヘッドプロテクターの最大のメリットになります。

デメリット

使っているうえでのデメリットという訳ではありませんが、ヘルメットと比べると防御力が低くなるというデメリットがあります。

ニット帽子の中にパッドを入れるだけなので、簡単に脱着がしやすいですが、やはりヘルメットの方が衝撃耐性はあります。

ですので、この辺りがヘッドプロテクターのデメリットになります。

種類がいくつかある

ヘッドプロテクターにはいくつかの種類があります。

どれもニット帽の中になるので、目立つ事はありません。

・ニット帽の中に入れるパッドタイプ


(画像出典:amazon)

パッドだけが個別になっている、ニット帽の中に入れるタイプになります。

入れた後にゴーグルで固定してしまえば、ズレを防止することもできますし、入れるだけなので簡単に脱着できます。

・ニット帽の中にかぶる帽子タイプ


(画像出典:amazon)

帽子のようにかぶるタイプになります。

かぶる事でズレる事も少なくなりますし、ゴーグルのベルトで固定すれば更にズレ防止にもなります。

かぶるだけなので簡単に脱着する事が出来ます。

・ニット帽と一体型のタイプ


(画像出典:amazon)

ヘッドプロテクターの中には、パッドがセットになっているニット帽もあります。

パッドが別になっていないので、かぶるだけでプロテクターになってしまうという優れ物です。

パッドがセットになっているのでズレるという事も無く、見た目的にも違和感がないので、より簡単に頭を守りたい方にはおすすめです。

おすすめのヘッドプロテクター

ここからは、使っても安心で、目立ちづらいおすすめのヘッドプロテクターをご紹介します。

先ほどご紹介した3種類の全ての物をご紹介しますので、参考にしてみてください。

eb’s

スノーボードのアクセサリーブランドeb’s(エビス)は、【PORON(R) XRD(R)(ポロン®XRD®)】というパッドを使用しています。

PORON(R) XRD(R)(ポロン®XRD®)

・軽くて柔らかい

・高い衝撃吸収力がある

・優れた耐久性

・HEAD PAD-PORON® XRD®
ニット帽子の中に入れるだけの簡単なヘッドプロテクターになります。

ゴーグルのベルトで固定すればズレを防止することが出来ます。

・HEADCAP PAD-PORON® XRD®
帽子のようにかぶるタイプのヘッドプロテクターです。

後頭部にパッドが入っているので、いざという時に安心です。

SM、MLの2サイズの展開があります。

・PORON® XRD® BEANIE
ニット帽子と一体型になっているタイプのヘッドプロテクターです。

パッド付なので、かぶるだけでプロテクターになってくれます。

デザインも数種類あるので自分の好みのニット帽を選ぶ事が出来ます。

INDUSTY

プロテクターブランドINDUSTY(インダスティー)はニット帽と一体型のプロテクターです。

柔らかくて衝撃吸収力に優れたパッドを使用し、取り外しが出来る「ポケット式」、一体型の「ブロック式」の2種類から選ぶ事が出来ます。

サイズの展開が3サイズあるので、子供から大人まで使いやすいモデルです。

northpeak

スノーボードのアクセサリーブランドnorthpeak(ノースピーク)は、衝撃吸収力に優れたパッドを使用しています。

スッキリとしたデザインで、後頭部をしっかりと守ってくれます。

VAXPOT

価格が安いスノーボード、マリンスポーツ、アウトドア用品を中心としたブランドのVAXPOT(バックスポット)。

価格が安いので、出来るだけ出費を抑えたい方にも購入しやすいヘッドプロテクターです。

最後に

最後までお付き合い頂きありがとうございます。スノーボードを楽しむ上で、頭の怪我はやはり気になりやすいですよね。

ヘッドプロテクターならヘルメットと違って目立ちませんし、しっかりと守ってくれるので、ヘルメットには抵抗が‥という方にはおすすめです。

頭を守って、安全にスノーボードを楽しみましょう!

この記事で、ヘッドプロテクターについて、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。夏はスケートボードをして冬はスノーボード。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!