スキー場

北海道のルスツリゾートスキー場に行ってきたのでレビューします!

毎年恒例の筆者と当サイト管理人snowgoat氏との2泊3日、札幌宿泊の色々なスキー場に行く北海道ツアー。
今年の1日目はキロロを堪能し、2日目はルスツを楽しんできました。

snowhack170101-11124x633

総移動距離572km!

今回で5回目の北海道ツアーですが、色々なスキー場に行ってみたい筆者とsnowgoat氏は2泊3日の中で毎回1日は初めて行くスキー場を選んでいるので、あーでもない、こーでもないと言いつつ、泣く泣く行きたいスキー場を省きながら3日間のスキー場を選んでいますが、ルスツスキー場だけは1度も外した事はありません!

とはいうものの今回snowgoat氏はニセコに行きたがっていたのを、筆者の強い要望でルスツに決まっただけですが・・・

ルスツに行くと毎回楽しいルートを見つけては同じルーティンを回してしまうので、今回はまだ行ったことが無いコース等に行ってみたかったのでルスツを入れる事に決まりました。

毎年、滑ってみたいコースを滑り終わった後に見つけ、来年はここを滑ろうと言いながら毎年滑らずに終わるのも毎年恒例でした・・
それだけルスツは広くて楽しいんです。

札幌宿泊ツアーの筆者達は2日目の朝、リゾートライナーのバスで札幌のホテルを8時過ぎには出発してルスツスキー場を目指します。

snowhack201701300012-31 (3)

約2時間の道のりでルスツに到着しました。

snowhack201701300012-31 (5)

フロントのロビーに入ってすぐにあるメリーゴーランドが毎年ルスツに来た事を実感させてくれます。

snowhack201701300012-31 (4)

2日目は月曜日という事もあり人はそこまで多くなく、札幌のホテルで着替えを終えて来た筆者達はリフト券交換後、すぐにゲレンデへ向かいましたが、そこで初めて見た光景がありました。
フロントを出た瞬間にトナカイが2匹もおり、まずここで筆者の気持ちはかなり高まりましたw鹿じゃなくてトナカイです!

snowhack201701300012-31 (6)

ルスツスキー場はホテル前の「West Mt」、連絡ゴンドラを乗った先の「East Mt」、更に奥の「Mt Isola」の3つの山に分かれており、筆者達はまず、1番奥の「Mt Isola」から滑り出しているのですが、「Mt Isola」まで行くコースでも雪質の良さを実感しながら滑る事ができます。

出典:http://ski.rusutsu.co.jp/ski/guide出典:http://ski.rusutsu.co.jp/ski/guide

前半は主に「Mt Isola」の奥の「イゾラ第3クワッドフード付き」のリフトで回して遊んでいたのですが、天候は曇りで視界も悪くなく、人の少なさ、ゲレンデ幅の広さ、コースの長さで気持ち良くカービングでき、所々に出てくる地形で遊ぶ事ができるのでついつい同じようなルーティンで滑ってしまいました。

snowhack201701300012-31 (7)

後半は先程も述べたまだ知らないルスツコースへ移動です。

実は4回もルスツへ訪れているのに、「East Mt」と「West Mt」は滑った事が無かったので行きたかったのです・・
むしろ現在でも「Mt Isola」もまだ全コース周りきれていませんが・・

それぐらい飽きずに滑れる楽しい山です!

「East Mt」は「Mt Isola」よりもコース距離が短く、コース幅は狭く感じ、キッカーやジブアイテム等があるパークがあるのでそれがメインの山なのかな?と思いました。

人の数はパークに入らない方等を合わせてもコース幅が狭い分「Mt Isola」よりも多く感じました。

次に向かったのがホテル前にある「West Mt」です。

こちらは学校のスキースクールの方達が多くいたので、このルスツへ来てから初めてリフト待ちをしました。
毎年、ルスツに来るとこの「West Mt」はスキースクールをしているので並ぶのが苦手な筆者達は避けていましたが、今回は「West Mt」の上部にある地形を活かした木のジャンプ台や、木を擦る事が出来る天然パークがあるという「サイドカントリーパーク」に行きたかったので、初めて行ってみました。

リフトを乗り継いで上部のリフトを乗っているとアイテムらしき物が見えましたが、正直、目を疑うようなモンスターアイテムばかりでした。

snowhack201701300012-31 (8) snowhack201701300012-31 (9)

アイテムに入るだけでも難しいレベルに加え、高低差がかなりあるBIGアイテムばかり・・
筆者達のレベルではとても入る事は出来ず、素通りでそのパークを後にしました。

後から調べると、雪が少ない為とんでもなく大きく見えたとの事でしたので、また来年に持ち越しです・・

滑り終わった後に札幌に戻るバスまで時間があったのでホテル内を探検しましたが、ホテル内は街のような、テーマパークのようなキレイでゴージャスな造りで、スキー、スノーボードをしない方でも楽しめる施設でした。

snowhack201701300012-31 (11) snowhack201701300012-31 (12) snowhack201701300012-31 (10) snowhack201701300012-31 (13)

今回で一応全ての山(行っていないコースはありますが)を滑る事ができ、やはり1番楽しく滑れるのはコース幅も広く、距離も長く、リフトもフード付きが多い「Mt Isola」かなと実感しました。

筆者のレベル不足で「サイドカントリーパーク」のアイテムには入る事が出来ませんでしたが、とても気持ちの良い楽しいスノーボードを満喫できた1日でした。

札幌宿泊のツアーで行っている筆者達はリゾートライナーのバスで札幌のホテルに移動し、札幌のジンギスカン屋で最高のジンギスカンと、1日目に続き筆者が大好きな北海道のビール、「サッポロクラシック」で2日目をシメました。

snowhack201701300012-31 (1)

筆者らが行ったジンギスカンのお店は「七桃星」洒落すぎてなくてジンギスカンのお肉の切り方も大きいので肉食べてる!って感じがとてもいい感じで落ち着く店内で最高でした。ラムもジンギスカンもどちらも食べやすく約1200円程で飲み放題も付けられたのでサッポロクラシック飲み放題、まさに最高で2日目終了です。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!