アクセサリー

ガリウムのワクシングアイロンSを実際に使っているのでレビューします

スキー、スノーボードのワックス関係の物を販売しているブランド、GALLIUM(ガリウム)のアイロンを実際に使っている筆者が、色々とレビューしていきたいと思います。

筆者は以前、スノーボードショップでゴーグルやグローブなどのアクセサリー担当として働いていた経歴があるのですが、メンテナンス関係もアクセサリーの分野に入るのでワックスも担当でした。

そんな経歴を持つ筆者ですが、使っているアイロンはガリウムというメーカーの「Waxing iron・S(ワクシングアイロンS)」という物になります。

値段も安いですし、個人的には使いやすいので使い続けています。

そこで、このガリウムのアイロンについて色々とレビューしていきたいと思います。

よかったら参考にしてみてください。

ガリウムのWaxing iron・Sをレビュー

GALLIUM(ガリウム)といえば、スキー、スノーボードが好きな人なら誰でも知っているワックスなどのメンテナンス関係で有名メーカーですが、アイロンもやはりこだわって作られています。

筆者も個人的にガリウムのワックスを使っているのですが、特に問題もなく、スノーボードシーズン中を楽しませてもらっています。

そんなガリウムのアイロンを、順を追ってレビューしていきます。

スポンサーリンク

サイズ感

【メーカー公式サイズ】

長さ 16.5cm
8cm
高さ 9.4cm

実際に手に持った時はこんな感じになります。

サイズ感的には、大き過ぎず、小さ過ぎずの、ちょうど良いコンパクト感です。

ワックスを塗っている時も、アイロンを待機させている時も邪魔になりづらいサイズ感です。

重さ

重さに関しては、なかなか伝えづらいので、500mlのペットボトルと実際に比較してみました。

この時に入っている物は水で、まだキャップを開けていない新品の状態です。

このペットボトルと、アイロンの重さの比較がこちらです。

【ガリウムのアイロン】

【500mlのペットボトル】

・アイロン → 513g

・500mlペットボトル → 574g

約60gの違いでした。

60gの差なので、比べるとすごい変わるというほどではありませんが、アイロンの方が少し軽いことが感じられるぐらいです。

長い時間使い続ける訳ではありませんが、使っている時でも重量はそこまで感じないで使うことができます。

コンセントコードの長さ

なんとなく気になりやすいのがコンセントコードの長さだと思います。

コンセントコードの長さは260cmになります。

長さを測った個所は以下の感じです。

アイロンとコードの付け根 → コンセントの先端

ちなみに、コンセントの先端は、銀色の刺すところは除いた、黒い所までです。

筆者の場合はワックスの台を使用しているのですが、これだけの長さでじゅうぶん足りています。

もちろん、人によっては長さをもっと欲しいという方もいると思いますが、その場合には延長コードが必要になります。

温度設定が細かくできる

スキー、スノーボード用のアイロンなら当たり前のことになりますが、ガリウムの温度設定も細かく設定することができます。

温度設定のメモリ

・90

・110

・130

・150

ワックス自体には、それぞれ温度設定があるので、この辺りは無くては困りますね。

ちなみに、温度設定が130°以下のワックスの場合、筆者は110と130の間に設定してワックスを塗っています。

また、このアイロンは、ワックスを塗る面が、普通の洋服などに使うアイロンより厚くなっているので、その分、熱が冷めるのが遅くなります。

冷めるのが遅くなることで、一定の温度を保ったままでいてくれるので、1度設定した温度をできるだけキープしつつ、ワックスをかける事ができます。

かける面が厚いから温度が下がりづらい

アイロンが温まるまでの時間

アイロンが温まらないとワックスがけはできません。

物によってはアイロンが温まるまで時間がかかってしまったりするんので、その待ち時間でイライラ・・・なんて事もあると思います。

このアイロンに関しては、電源を入れ、温度設定したらアッという間に温まります。

ちなみに、1番低い温度設定である90°は、温度設定のダイヤルを合わせれば、ほぼ一瞬で温まってくれます。

室内の室温、気温などによっては温まる時間が左右されると思いますが、筆者の経験上、90°~130°までは、温まるまで長いなと感じた事はありません。

130°ぐらいまでなら、大体1分~2分ぐらいで温まってくれます。

立てている時が少し不安

ワックスをかけている時に、アイロンを立てて待機させる事があるのですが、その時は少し不安定になりやすいです。

アイロンの取っ手の先にコードが付いていて、そこからコードが出てきているのですが、そのコードが少し当たる感じになります。

これにプラスして、アイロン自体が軽いという事もあるので、少し倒れやすそうな感じがします。

ゆっくり置いたり、アイロンが置いてある台に衝撃を与えなければ問題はないのですが、もう少ししっかり置ければ良いなというのは感じられます。

実際にワックスをかけている感じ

ガリウムのアイロンを板の上に置くとこんな感じになります。

筆者が現在使っている板に置いてみると、板のほぼ半分ぐらいまではアイロンが届いています。

板の幅などの違いはありますが、大体こんな感じです。

真上から見たらこんな感じになります。

そして、ワクシングペーパーを使用してワックスを塗っている時がこんな感じなります。

大き過ぎず、小さ過ぎずの、ちょうど良いサイズ感なので塗っている時も使いやすいです。

仕上がり

このアイロンを使ってワックスを塗った時がこんな感じになります。

ワックスが塗られている状態で、まだ剥がしていない状態になります。

少し分かりづらいかもしれませんが、しっかりとワックスを塗る事ができます。

そして、ワックスを剥がして、ブラシをかけた状態がこちらです。

こんな感じでキレイに仕上げる事ができます。

まとめ

ここまで色々とガリウムのアイロンをレビューしてきましたが、個人的には使いやすいアイロンです。

・コンパクトで使いやすい

・重くない

・温まるまでの時間が早い

・設定した温度が下がりづらい

・コードの長さも十分

これだけの使いやすさがあります。

ただ、さきほども書きましたが、

・立てている時に不安定

という点もあります。

とはいっても、価格設定は安めなので、コスパは高いアイロンだと思っています。

もちろん、このアイロン以上の高い品質で、値段が高いアイロンもありますが、正直な話、普通にホットワックスをするのであれば、このアイロンで十分です。

このアイロンでワックスをかけても、シーズン中は快適に滑る事はできますし、問題なくメンテナンスをすることはできます。

ただ、もしも1秒、2秒のスピードを競うような競技に出たり、「大会に出るからしっかりとしたワックスがけをしたい」という方にはおすすめできません。

より高品質なワックス掛けを求めている場合でしたら、専門業者の方にお願いしたり、精度が高いアイロンをおすすめします。

ちなみに、筆者の場合は、スノーボードショップ店員もやっていましたが、「山篭り」という、シーズン中にスキー場近くに住み、ほぼ毎日スノーボードを滑っているという経験もあります。

その時に使っていたアイロンもこれと同じ物を使っていました。

それでも何も問題なく1シーズンを過ごす事はできましたし、その後も使い続けていました。

値段も安くて使いやすいので、コストパフォーマンスが高いアイロンです。

ちなみに、初めてホットワックスをするという方には、アイロンが込みでホットワックスで使う物がセットになっている物もあります。

ホットワックスで使う必要な物が入っていて、ワックスのやり方の説明書も入っているうえに価格もお得なのでおすすめです。

この中に入っているアイロンは、今回レビューしている「Waxing Iron・S」と同じ物になります。

最後に

最後までお付き合い頂きありがとうございます。ガリウムのアイロンを使い続けていますが、個人的には満足しているアイロンです。

コンパクトで重くないので使っている時も楽ですし、収納する時も楽ですからね。

使いやすいアイロンでホットワックスをして、スキー、スノーボードを存分に楽しんでください!

この記事で、ガリウムの「Waxing Iron・S」について、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!