アクセサリー

スノボで使えるおすすめのバラクラバ(目出し帽)をまとめました!

スノーボード、スキーを楽しむ時の大敵が寒さ!特に顔周りは寒さを感じやすいところだと思いますが、そんな顔の寒さから守ってくれるバラクラバ(目出し帽)は誰でも1枚は持っておきたい所だと思います。

寒さだけではなく、日焼け対策にも使えるので、男性、女性問わず、持っておいて損はないアイテムですよね。

実際に筆者も使用していていますが、吹雪の日や寒い日にはかなり助けてもらっています。

そんなバラクラバですが、いざ探してみると色々なブランドやモデルがあったり、値段にもバラつきがあって、どんな物を選べば良いか悩みやすいと思います。

そこで、以前スノーボードショップでゴーグルやグローブ、プロテクターなどのアクセサリー担当として働いていた経歴がある筆者が、おすすめのバラクラバをご紹介したいと思います。

良かったら参考にしてみてください。

バラクラバの選び方

色々あるバラクラバですが、選び方を抑えてしまえば自分好みの物を選びやすくなります。

そこで、まず初めにバラクラバの選び方をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

息苦しさを軽減してくれる物

バラクラバは鼻や口を隠すようなアイテムなので、呼吸がしやすくないと息苦しさを感じてしまいます。

スノーボードは滑っている時でも踏ん張ったり、体を動かす遊びなので、気付かない内に呼吸が荒くなってしまっています。

ですので、息苦しさを出来るだけ軽減してくれる物を選べば、滑っている時でも快適に楽しむ事が出来ます。

被っても違和感が少ない物

顔の全体を覆い隠すバラクラバは、やはりかぶっている違和感が生まれやすい物です。

「頭辺りがゴワゴワする」

「髪の毛がうまく入らない」

「顔の頬が痛くなる」

こんな感じで違和感が出来やすいので、出来るだけ快適に滑る為にも、着用感が良い物を選ぶのがポイントです。

吸汗速乾素材の物

スノーボードで楽しんでいる時は少なからず汗をかいています。

それは寒い日でも例外ではなく、寒さ対策をバッチリしているうえでの体を動かす遊びなので、雪が降っている日でも汗をかきやすい状態です。

また、バラクラバをする事でより保温性が高くなり、更に汗をかきやすくなっています。

そのため、汗でバラクラバ濡れてしまい、「汗冷え」を起こして寒くなってしまったり、濡れた状態のバラクラバが顔にくっついて、気持ち悪い状態になってしまう可能性もあります。

「吸汗速乾素材」の物を選んでおけば汗で濡れてもすぐに乾いてくれますし、バラクラバの生地もサラサラの生地感のまま1日を楽しむ事が出来ます。

髪の毛が長い女性はどうする?

女性の場合は髪の毛が長い方も多いと思います。

髪の毛が長いとどうしてもまとめづらくなりやすいですよね。

ネットで画像検索すると髪の毛が長い女性がバラクラバをしている画像がたくさん出てきて参考になりやすいですが、

中には「出来たら前から髪の毛を出したくない」

という方も少なからずいると思います。

そんな女性の場合でしたら、後ほどもご紹介しますが、バラクラバの後ろに「スリット」が入っている物を選べば、前から髪の毛を出さずに済みます。

ちなみに、このバラクラバです↓

こちらでしたら後ろから髪の毛を出す事が出来るので、滑っている時でも目の前をふさぐ事はありません。

また、髪の毛を出さないにしても、後頭部の丈スソに「マチ」があるので、スソに余裕があり、髪の毛をそのままバラクラバ内に入れていても違和感が軽減されます。

もちろん、前から髪の毛を出す事も出来るので、その時の天気や気温、自分の気分でスタイルを変える事が出来ます。

おすすめバラクラバのブランド

ここからは元スノーボードショップスタッフが選ぶ、おすすめのバラクラバをご紹介していきます。

おしゃれなデザインな物から、機能性に優れた物まで色々とご紹介していきたいと思います。

是非参考にしてみてください。

BURTON(バートン)

スノーボードのトップブランド「BURTON」のバラクラバです。

POLARTEC® POWER STRECH®フリース素材という、保温性、透湿性、速乾性に優れた素材が使用されています。

4方向にストレッチする性能があり、快適にスノーボードを楽しむ事が出来ます。

口元には呼吸を通す穴が空いているので、息苦しさを軽減してくれます。

eb’s(エビス)

スノーボードアクセサリーブランド「eb’s」からは3つの物をご紹介します。

RANGER MASK

eb’sの中では標準のバラクラバになります。

吸汗速乾生地が使用されているので、汗をかいても顔周りが冷えるのを防いでくれます。

口元は立体成型のためアゴまで下げることが可能なので、状況に合わせて使う事ができます。

GIRLS RANGER

女性向けに作られたレディースのバラクラバです。

先ほどもご紹介したモデルです。

素材は「RANGER MASK」と変わりませんが、髪の毛が長い方が多い女性の為に、後ろ部分にスリットが入っています。

髪の毛が顔にまとわりつくのが苦手な方には使いやすいモデルです。

RANGER-PORON® XRD®

先ほどご紹介した「RANGER MASK」の後頭部に通気性、耐久性に優れたパッドが入ったバラクラバです。

軽くて柔らかく、衝撃自にだけ「硬化」する特殊な素材が使用されています。

取り外しができるので、その時の状況に合わせて使い分ける事が出来ます。

顔覆う素材も吸汗速乾生地が使用されているので、快適に滑る事ができます。

SMITH(スミス)

スノーボードのゴーグルやヘルメット、サングラスで人気がある「SMITH」のバラクラバです。

伸縮性に優れた薄手の生地なので、ニット帽子やヘルメットを被っても違和感はありません。

通気性が良く、呼吸をしても息苦しさを解消してくれます。

DAKINE(ダカイン)

バッグやリュック、スノーボードグローブやウェアで人気が高いDAKINEのバラクラバです。

速乾性、通気性に優れていて、ストレッチ素材が効いたフィット感が良いモデルです。

色は黒だけではなく、オシャレなデザインも数種類あります。

SALOMON(サロモン)

スキー、スノーボードの老舗ブランド「SALOMON」のバラクラバになります。

ウール100%の素材を使用しているので、保温性は抜群です。

生地の厚さは薄めに作られており、ヘルメットやニット帽をかぶった時にも違和感が少ないです。

DREGEN(ドレゲン)

スノーボードアクセサリーブランドの「DREGEN」からは2種類のバラクラバをご紹介します。

AMOTT TYPE-A

スカル柄など、デザインが色々あるタイプのバラクラバです。

デザインの良さだけではなく、防風、保温性、UVカットに優れた素材を使用し、口部分には呼吸を外に逃がすメッシュタイプの穴が空いています。

伸縮性にも優れ、着用感も違和感が少ないモデルです。

AMOTT TYPE-C DRY

薄手のストレッチ素材が使用されているモデルです。

生地が薄手なのでニット帽子やヘルメットを被った時でも違和感が少なく着ける事ができ、値段もリーズナブルなバラクラバです。

このタイプには「TYPE-C」と「TYPE-C DRY」の2種類の展開があり、違いは前面の素材、造りの違いになってきます。

TYPE-C
・前面がストレッチ素材+ブレスベントホール(小さい呼吸穴)

メリット:保温性に優れている

TYPE-C DRY
・前面がドライメッシュ素材

メリット:通気性に優れている

Blackstrap(ブラックストラップ)

アメリカ発のフェイスギア専門ブランドの「Blackstrap」。

4ウェイストレッチ素材が使用されているので着け心地も抜群です。

紫外線対策の性能素材も使用されていて、口周りには通気性もあるので、機能性としても使いやすいバラクラバです。

無地からオシャレなデザインまで色々なカラー展開があり、自分好みを見つけやすいブランドです。

Purplecow(パープルカウ)

値段が安いスノーボードアクセサリーブランド「Purplecow」のバラクラバです。

やや薄めの生地ですが、裏地は起毛生地になっているので保温性もあります。

鼻の部分はメッシュ生地になっているので呼吸もしやすくて、立体裁断製法で着用感の違和感も少なくしています。

2サイズ展開なので、自分に合ったサイズを選びやすいバラクラバです。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。筆者もバラクラバは活用していますが、やはり防寒対策としては最高なアイテムだと感じています。

バラクラバにフェイスマスクやネックウォーマーを合わせれば、最高の保温力ですからね。

是非自分に合ったバラクラバを見つけて頂き、快適なスノーボードを楽しみましょう!

この記事で、スノーボードで使えるバラクラバに悩んでいる方の、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。夏はスケートボードをして冬はスノーボード。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!