スケートパーク

無料で使える新見沼大橋スポーツ広場スケートパークをレビュー!高架下にあります!

埼玉県さいたま市緑区の新見沼大橋の高架下にある、スポーツ広場のスケートパークへ行ってきました。無料で使えるここのスケートパークは、筆者がスケートボード初心者の頃から通っていたスケートパークの1つになります。

ここのスケートパークには何年か通っているのですが、はっきり言って好き嫌いが分かれるスケートパークだと感じています。

個人的には嫌いではないのですが、人によっては「う~ん・・・」となってしまう可能性が高いです。

人によって感じ方は色々ありますからね。

そこで今回は、この「新見沼大橋スポーツ広場スケートパーク」をブログで色々とレビューしていきたいと思います。

新見沼大橋スポーツ広場スケートパークの行き方

今回行ったのは日曜日の12時過ぎ頃だったのですが、すでにパークで滑っている人は結構いました。

ここは無料で使えるうえに、日曜日という事もあって、少しぐらい人がいるのはしょうがない所だと感じています。

駐車場は少し離れた所にあって、こちらも無料で停めることが出来ますが、広いという感じでもありません。

また、スケートパーク以外に、バスケットコート、テニスなどの壁打ち、ドッグランなども無料で使えるので、駐車場は混みやすい環境にあります。

そもそも、ここのスケートパークがどこにあるのかと言いますと埼玉県さいたま市緑区にある「新見沼大橋」という有料道路の高架下にあります。

国道でいうと、463号になります。

筆者もそうだったのですが、初めて行く方にとってはかなり迷いやすい所にあります。

筆者の場合は、マップを上から見て、有料道路の左下から行っています。

そこからの行き方は、有料道路には入らずに、入口の手前にある側道に向かっていけば、有料道路の高架下に行くことが出来ます。

この側道をまっすぐ進んで行くと、少し変な形をした十字路に当たるので、高架下を目指して進んで行きます。

進んで行くと、すぐに曲がれる所があるので、そこを高架下方向に曲がって行きます。

すると、高架下の道に出ることが出来ます。

高架下はほぼ畑になっている道で、その道をまっすぐ進んで行けば、スポーツ広場、ドッグラン、スケートパークと柵でおおわれています。

そして、駐車場は、【テニスの壁打ちが出来る広場】の隣のエリアに設置されています。

まとめるとこんな感じです。

・有料道路には入らずに、側道へ向かう

・高架下にある、畑に挟まれた道へ行く

・まっすぐ進めば、スポーツ広場、ドッグランが出てくる

・駐車場は、【テニスの壁打ちが出来る広場】の隣のエリア

こんな感じになります。

このブログの下に、住所を載せておきますが、その住所は最寄の【畑】の住所になります。

ですので、記載している住所に向かい、そこから高架下に向かってみてください。

新見沼大橋スポーツ広場スケートパークをレビュー!

駐車場からは少しだけ歩いたところに設置されているスケートパークは、金網の柵に覆われている所にあります。

パーク内にはベンチがいくつかと、セクションのみになります。

ちなみに注意してほしい所がいくつかあります。

・トイレ無し

・ゴミ箱無し

・自動販売機無し

ここのスケートパークは、トイレやゴミ箱、自動販売機などは一切ありません。

トイレに行く場合には、少し遠い最寄りの公園まで行く必要があります。

また、ゴミ箱も無いので、持ってきた物は全て持ちかえる必要がありますし、飲み物は事前に準備してくる必要があります。

この辺りは注意してください。

パーク内に入りますと、少し広めの広場になっていて、色々なセクションが設置されています。

路面に関しては、お世辞でも良いとは言えない状態。

これが好き嫌いを分ける所になります。

かなり粗目のコンクリート路面なので、滑っていて少しガタガタいう感じです。

粗めのコンクリートなので、滑っていてもスピードが落ちやすい感じなので、セクションに入る時には、いつもより少し早めのスピードを出す必要があります。

個人的にはこの劣化している感じが嫌いではないですし、修行している感が強いので何年か通っています。

ただ、人によっては「疲れやすい」、「滑りづらい」なんて事も聞いた事があるので、ツルツル路面で慣れている方には少し難があるのかなと感じます、

とは言っても、滑っている人は少なくはありませんし、普通に滑る事は出来ます。

セクションに関しては、2WAYのカーブBOXやアール、レールなど、色々な物が設置されています。

レールに関しては3本設置されているのですが、どれも角レールになるので、レールに初めて挑戦する人でも入りやすい感じです。

2WAYのカーブBOXは、コーピングもついていますし、低い方はマニュアル台としても使う事が出来ます。

奥の方には、アールTOバンクと大きめの片面アールも設置されています。

アールTOバンクに関しては、アールもバンクも低めになっているので、初心者の方でも入りやすい大きさです。

片面アールは結構な大きさがあります。

レベルが高い人がオーリーやフリップ等をやっていますが、初心者の方でもターンの練習がやりやすい大きさだと感じます。

そして、存在感が大きいのが、四角いセクション。

正直言って、名前が分からないセクションです。

結構高めで、コーピングは付いていません。

レベルが高い人向けのセクションといった感じなのですが、某プロスケーターの方達は、このセクションで色々な事をやっています。

ちなみにですが、この日は手作り感があるカーブBOXやマニュアル台も設置されていました。

ただ、このセクションに関しては、もしかしたら撤去されてしまう可能性もあります。

何年かここのパークに通っている間に、いくつかの手造りセクションが設置されていた事がありましたが、何度か撤去されています。

ですので、このセクションもいつまであるか・・といった感じです。

ここのスケートパークで良い所は、パーク内の周りには、少しずつ広めのスペースがある所です。

そのスペースを使えば、スケートボードを始めてやる方でもオーリーなどの練習もしやすいですし、フリップなどのフラットもやりやすいです。

また、周りは縁石で囲まれているので、カーブの練習もできます。

ただし、縁石はただの石になりますので、ワックスを塗る必要がありますし、高さは少し高めになっています。

新見沼大橋スポーツ広場スケートパークは、高架下にあるという事で、少しぐらいの雨でしたら滑る事が出来ます。

ただし、風が強めの雨の場合ですと、横から雨が入ってきて路面が濡れ始める事があります。

また、有料道路の構造の関係なのか、雨が降っていると、両脇とパークの真ん中から濡れ始めてきます。

道路の隙間が空いているのかもしれませんが、パークを縦に割ったかのような濡れ方をするので注意してください。

ちなみに、強い大雨の場合ですと、高架下でも関係なく路面が全て濡れてしまいますし、強風の時でも、風がかなり通ります。

周りが畑だらけで囲う物がないので、この辺りはしょうがない所ですね。

この日筆者は、夕方前ぐらいまでガッツリ滑っていたのですが、色々な事を練習する事が出来ました。

ここのスケートパークは何年か来ていますが、いつ来ても修行感を感じられて好きです。

最近ではここに行く回数もかなり減ってきていますが、それでも慣れている所は安心感がありますね。

路面が良いとは言えませんが、それでも練習するには良い所だと感じています。

スポンサーリンク

新見沼大橋スポーツ広場スケートパークのアクセス

住所 埼玉県 さいたま市緑区 大字 見沼318-2(最寄りの畑)
料金 無料
駐車場 あり(無料)
営業時間 8:30~19:00(施錠あり、照明なし)
定休日 なし
雨天時 少しの雨ならOK

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。ここのスケートパークは、現在では行く回数が減りましたが、行き始めた頃は結構な頻度で行っていました。

周りは畑で自然の感じがしますし、修行感が好きだった感じもありましたが、他のスケートパークと比べると空いている確率が高いというのもあったからです。

やはり人が少ない方が滑りやすいですからね。

路面の悪さや、トイレが無い等の不便はありますが、それでもカーブBOXやマニュアル台、レールがあるので、基本的なセクションは揃っているというのも魅力の1つだと感じています。

今では出来るだけ色々なスケートパークに行こうとしている筆者ですが、また滑りに行きたいと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!