スケートボード

シルバーフォックスのヘルメットをレビュー!被った感じやサイズ感など!

スケーターなら知っている人が多い「Silver Fox(シルバーフォックス)」のヘルメットを、実際にスケートボードで使ってみました。

筆者はスケートボード歴が10年以上なのですが、スケートボードを始めた頃からすでにあったブランドのシルバーフォックス。

全国規模の大手アクションスポーツ店でも販売され続けているので、知っている方も多いと思います。

そんなシルバーフォックスのヘルメットを、筆者の友達が使っていたので、そのヘルメットを借りて1日滑ってみました。

実際に使ってみたところ、定価が3,500円と値段が安いので、なかなかコスパが高いヘルメットだなと感じました。

そこで、シルバーフォックスのヘルメットをサイズ感なども含めて、レビューしたいと思います。

良かったら参考にしてみてください。

シルバーフォックスのヘルメットをレビュー!

今回レビューするのはこちらです。

シルバーフォックスのヘルメットを手に取ってみたら、いたってシンプルなデザインで「よく見かけるヘルメット」といった感じです。

安っぽさを感じる事はなく、しっかりとしたヘルメットという見た目でした。

手に持ってみたり、頭にかぶったりしてみた所、重いといった感じはありませんでした。

「とても軽量」とまでは言えませんが、それでも軽めな感じはします。

ヘルメットの外観は、前、頂点、後ろに空気穴が空いていました。

この穴で通気性をよくしているといった感じです。

体を動かすスケートボードは、出来るだけ蒸れない方が使いやすいですからね。

そして、あごの下で留めるベルトは、取り外しがしやすいバックルが付いていました。

小さめのバックルなので、使っている時も気にならない感じです。

また、ベルトの長さも簡単に調整する事が出来ます。

ちなみに、ベルトで使用されている素材は少し硬めな感じです。

ガチガチに硬いという訳ではありませんが、硬めなので、あごの下に擦れるとかゆくなりそうな感じはします。

ですので、出来るだけ擦れないようにするために、ベルトはしっかり締めた方が良さそうです。

そして、頭を守るうえで大切なヘルメット内のスポンジは、頭周りが2層、頂上が1層のスポンジになっていました。

2層の方は、スポンジの外側が少し硬めの素材、内側は少し柔らかめの素材といった感じです。

スポンジは厚めに造られているので安全そうですし、被った時にはしっかりとフィットしてくれました。

見た目もシンプルなので、使いやすいヘルメットだなと感じます。

スポンサーリンク

ヘルメット内のスポンジが外せる

このヘルメットは、中身のスポンジを外すことが出来ます。

実際に外している状態がこちらです。

前、後ろ、頂点の3つに分かれて外す事が出来ました。

どれもマジックテープでくっついているので、取り外しは簡単に出来ます。

取り外しが出来る事で、汗で濡れてしまった場合でも手で水洗いする事が出来るので、ヘルメット内を清潔に保つ事が出来ます。

筆者の友達も、使い終わったら毎回洗っているらしいです。

色々なヘルメットがある中でも、スポンジが外せない物も多いので、この辺りはありがたい事ですね。

スポンジを取り外してみると、1部のマジックテープが剥がれていました。

このヘルメットは、数年使っているらしいので、この辺りは経年劣化でしょうがないといった所でしょうか。

ただ、筆者も実際にかぶってみたのですが、マジックテープが外れているからと言っても、ヘルメットがズレる事はありませんでした。

他のマジックテープが補強になってくれているのかもしれませんが、滑っている時に違和感はありませんでした。

ちなみに、手で水洗いをした後は、乾くまで待って、その後は普通通りに戻せば何も問題ないらしいです。

この日も暑くて汗だくになりましたが、水で洗えるので次も使いやすいですし、気になる臭いも軽減する事が出来ます。

シルバーフォックスのヘルメットのサイズ感

今回筆者が使ったヘルメットのサイズは「M」になります。

初めに、筆者の頭のサイズはどれぐらいかというと、頭を1周グルっとメジャーで測ると、56cmになります。

頭の形は一般的な感じだと思います。

キャップやニット帽子も普通どおり被れる感じです。

この頭のサイズで、Mサイズのヘルメットを被ってみました。

ちなみに、公式サイトでのサイズ表はこちらになります。

・S/54-56cm

・M/56-58cm

・L/58-60cm

※公式サイト調べ

実際にかぶって使ってみました

筆者の56cmの頭で、Mサイズを被るとこんな感じになります。

頭が特別デカくなるという感じもなくて、見た目的には普通な感じです。

ちなみに、横から見るとこんな感じになります。

かぶった時のサイズ感の感想は、かなりピッタリという感じです。

ガッチリとかぶれている状態で、あごのベルトを調整すると、全くズレない状態でした。

人差し指がヘルメットと頭の間に入るか試してみた所、全く入らない状態です。

ですので、筆者と同じような頭のサイズの方で、ピッタリとしたフィット感にする場合でしたらMサイズでも良いのかなと感じます。

ただ、かなりピッタリなので、ヘルメットの下にキャップやニット帽子は入りません。

ですので、軽く余裕が欲しいかなといった場合でしたら、Lサイズの方が良いと思います。

シルバーフォックス「ヘルメット」レビューまとめ

シルバーフォックスのヘルメットを使って滑ってみた所、かぶり心地も悪くないですし、しっかりとしたスポンジで守ってくれているなと感じました。

サイズがピッタリという事もありましたが、滑っている時にズレるという事もなかったです。

このヘルメットの事をまとめますと、以下のような感じです。

・見た目がシンプル

・安っぽさは感じない

・スポンジが厚めでしっかりフィット

・重くはない

・中身が洗える

1日滑っていて、ヘルメットを被っている感覚はありますが、それでも楽しく滑る事は出来ました。

中身が洗えるのもポイントが高い所だなといった感じです。

定価は3,500円ですが、コスパ的に考えたら安いなと感じるヘルメットでした。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。シルバーフォックスのヘルメットを初めて被ってスケートボードをしてみましたが、長年販売し続けている理由が分かる気がします。

スケートボード等の体を動かす時には、使いやすさも必要ですからね。

また、手が出しやすい値段なので、大手アクションスポーツショップが長年取り扱っているのも分かります。

これから始める初心者の方でも使いやすいと思いますし、経験者の方でも使いやすいヘルメットだなと感じました。

この記事で、シルバーフォックスのヘルメットについて、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!