ゴーグル

OAKLEYのゴーグルFLIGHTDECKのXMとの違いなど色々と紹介します

スノーボードゴーグルブランドの中で最も有名と言ってもいいであろうOAKLEY(オークリー)の中でプロスノーボーダーも愛用者が多いFLIGHTDECK(フライトデッキ)!

スキー、スノーボード好きの方なら1度は見た事があるゴーグルだと思います。

そんなFLIGHTDECKですが、【XM】とつく物もありますよね。

FLIGHTDECKを購入しようと思った時に「これはなんだろう?」と思われる方もいると思います。

そこで、以前スノーボードショップでゴーグルやグローブなどのアクセサリー担当として働いていた経歴がある筆者が、FLIGHTDECKについて色々とご紹介していこうと思います。

よかったら参考にしてみてください。

OAKLEY(オークリー)

様々なシーンで世界的に大人気なブランド「OAKLEY」

世界のトップアスリート達を満足させる歪みが無いレンズの見やすさ、そして衝撃耐久性が非常に高い材質の「Plutonite®」を使用し安全性も高く、紫外線を100%カットしてくれる目に優しい性能があり、レンズクオリティーが非常に高いブランドです。

日本正規品のOAKLEYのゴーグルは、顔に当たるゴーグルのスポンジが「ASIAN FIT」という日本人の骨格に合いやすいスポンジになっているのでフィット感も良く、毎年大人気なアイウェアーブランドです。

スポンサーリンク

FLIGHTDECK

 大型の球面レンズに、フレームが無いリムレスフレームによって上下と左右共に、非常に広い視界を確保できる「FLIGHT DECK」。

リムレスフレームにする事で降雪時や、パウダー滑走時にフレーム周りに雪が溜まる事が無くなるのでゴーグルの雪溜まりによる視界の妨害が減り、滑走時の視界不良によるストレスを軽減してくれます。

また、フレームとレンズの溝の隙間が無いのでダブルレンズ内の水分の侵入も減り、ダブルレンズ内のくもりの予防にもなってくれる造りで、レンズには曇りを最小限に抑える「F3アンチフォグ」を施した「3DデュアルPlutonite®レンズ」というくもりづらいレンズが使用されています。

ですので、滑走時のゴーグル内のくもりを軽減してくれます。

 ゴーグルベルトの裏側にはシリコン性の滑り止めが付いているので、ゴーグル着用時にニット帽子やヘルメットでもズレにくく、ベルト自体がバックルタイプではないのでヘルメット裏のストラップにもストレス無く装着する事が出来ます。

また、ゴーグル自体のサイズが大きい分、眼鏡をしている方でも、そのままゴーグルをかける事も出来るのです。

 レンズには色のコントラストが上がり、斜面の凹凸や滑った跡のライン等がとても見やすく、使える天候の幅が広がると大人気の「PRIZM LENZ プリズムレンズ」という、従来のレンズクオリティーに更に見やすさが上がったレンズが使用されています。

引用:http://grove-miyamaedaira.com/goods/16290
引用:https://item.rakuten.co.jp/glassmaster/okly02-00765/
引用:https://item.rakuten.co.jp/aila/oakleyggl6/

XMとの違いは?

「FLIGHT DECK」には【XM】というモデルもあります。

この違いは、FLIGHTDECKの性能はそのままで、サイズが数%小さめに作られているというのが違いになります。

・FLIGHTDECKと性能は同じ

・数%小さめに作られている

ですので、FLIGHTDECKでは大きいなと感じる男性の方や、女性の方でも、サイズ感がしっくりきやすいモデルとなっています。

FLIGHTDECK自体が大きめのサイズ感なので、小さいゴーグルを探している方には嬉しい事ですよね。

ちなみに、「レンズ」に関しては、それぞれ違う大きさのレンズになりますので、お互いのレンズを着ける事はできません。

・FLIGHTDECK → FLIGHTDECKのレンズ OK

・FLIGHTDECK XM → FLIGHTDECK XMのレンズ OK

・FLIGHTDECK → FLIGHTDECK XMのレンズ NG

・FLIGHTDECK XM → FLIGHTDECKのレンズ NG

ですので、「スペアレンズ」を購入する時には注意が必要です。

まとめ

FLIGHTDECKのゴーグルはレンズの取り外しや取り付けもとても簡単にしやすいですし、天候によるレンズ交換も簡単に素早く交換する事ができるので、使いやすさも兼ね備えたゴーグルです。

また、サイズも2種類から選ぶ事が出来ますので、男性、女性問わず使いやすいゴーグルだと思います。

ゴーグルに欲しい性能の見やすさ、くもりづらさ、ASIAN FITによるフィット感の良さを兼ね備え、更には高級感があるゴーグル自体の見た目の良さもある、使いやすいゴーグルです。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございました。OAKLEYのゴーグルは性能の良さもありますし見た目の良さもあるので、つけていて間違いがないゴーグルです。

筆者はプリズムレンズをスキー場で使った事がありますがとても見やすかったです。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!