カルチャー・その他

クリスマスのスキー場の状況は?カップルでスノボのデートに行く人はいる?滑りに行ってみました!

12月の大イベントと言ったらクリスマスですよね!クリスマスの場合、家族やカップル、友達と過ごす方も多いと思いますし、中には一人で過ごす人もいると思います。

人それぞれクリスマスの過ごし方はありますが、「クリスマスにスキー、スノボ行こうかな」と思っている人も少なくはないと思います。

ただ、クリスマスのスキー場は「混んでる?」と気になる方や、「カップルで行くのはあり?」「一人で行くのはあり?」と気になる部分はあります。

そこで今回は、12月25日のクリスマスに、たまたまスノーボードへ行く事ができた筆者が、クリスマスのスキー場の状況や、スノボデートしている人がいるのか調査してきました!

ちなみに、今回行った筆者は男性の1人で行ってきました。

クリスマスのスキー場の状況が気になっていましたら、ぜひ参考にしてみてください。

クリスマスのスキー場の状況をレポート!

今回は12月25日のクリスマスに滑りに行く時間が出来たので、行ってきました。

まず初めに言っておきたい事があります。

クリスマスを完全にナメていました。

筆者は新幹線を利用して行ったのですが、行きの新幹線から混んでいる状況です。

今回のクリスマスは平日ですし、「滑りに行く人は少ないんだろうな~」と勝手に思い込んでいました。

だがしかし、いざ乗ってみると席がほぼ埋まっているような状況。

そして、男性率の高さ!

もちろん女性の方もグループや一人で来ている人を見かけましたよ。

それでも、普段と比べると男性が多かった印象です。

まぁ筆者もその中の一人ですけどね。

ですので、クリスマスに滑りに行く人は結構いました。

スポンサーリンク

クリスマスのスキー場は混んでいる?

今回行ったのはガーラスキー場という所なのですが、クリスマスのスキー場は思っていたより空いている状況でした。

新幹線に乗っている人は多かったのですが、そこから色々なスキー場に分かれていくので、思っていたよりも少なかったです。

リフト待ちもしていませんし、レストランでも座れる状況でした。

ただ、ゲレンデ内は普段の平日よりは人が多かったかなという印象です。

新幹線の状況を見れば、この辺りは当たり前かなと言った感じでした。

そして、滑りに来ている人は、家族連れや、男女問わずグループ、男女問わず一人と、普段とは変わらない感じです。

ゲレンデ内は少し人が多い感じはありましたが、コースによってはすごく空いている所もあったので、個人的にストレスはなかったです。

荷物が少ない人が多かった印象

スノーボードと言えば、板、ブーツなど重い荷物を持って移動するのが当たり前です。

ただ、クリスマスのこの日は、荷物が少ない人が多いなという印象でした。

他の人をジロジロと観察していた訳ではないですが、新幹線から降りた時、ふとそんな印象に気づきました。

想像ではありますが、レンタルの人が多いのかなといった感じです。

ガツガツ滑るわけではなく、ライトな気持ちで遊びにきている感じが多かったです。

もちろん、板やブーツなど一式持っている人も普段通りたくさんいます。

ただ、普段の平日も来た事がある筆者としては、荷物が少ない人が多めだなといった印象です。

これは、グループや一人、カップル問わず、全体的に言える事です。

クリスマスにスノボデートに行くカップルはいるのか?いないのか?

クリスマスにスノボデートに行くカップルはいるのか?

まずは、結論から言ってしまいます。

クリスマスにスノーボードに行くカップルはいる!

実際に行ってみたらカップルはいましたし、むしろ個人的には「意外と多いな」という印象でした。

冬のスキー場は幻想的ですし、雪がたっぷりあるので確実に「ホワイトクリスマス」になるからでしょうか。

今まで気にしていなかった筆者ではありますが、やはり結構いるんですね。

今回行ったスキー場が、都内から新幹線で70分程度行けるガーラスキー場なので、来やすさという所もあるのかなと感じます。

とは言っても、他のスキー場でもいるんだろうなといった印象です。

その理由が、今回筆者は新幹線で行ったのですが、1つ前の駅「越後湯沢駅」でもカップルらしき2人組みがそれなりに降りていったからです。

「越後湯沢駅」で降りた場合、「かぐら」「苗場」「舞子」「岩原」など、たくさんのスキー場に行けます。

その中には、スキー場へは行かず、別の遊びをしに行くカップルもいると思いますが、スノーボード道具を持っているカップルも多かったです。

この理由から、クリスマスにスノーボードデートする人は結構いるという結論になります。

そして、駅、ゲレンデ内、レストラン問わず、手をつないでいるカップルも多かったです!

スキー場でクリスマス限定料理などあるのか

クリスマスというイベントに行く場合、せっかくなら「クリスマス限定料理」とかがあったら更に楽しめそうですが、今回行ったガーラスキー場にはなかったです。

レストランの料理は、普段通りでした

ただ、今回行った時が無かっただけで、違う年の場合はあるかもしれないので、その辺りは各スキー場をチェックしてみてください。

とは言っても、筆者が色々なスキー場を確認してみたところ、クリスマス限定料理はかなり少ないかなといった感じがしました。

宿泊とかの夕飯の場合でしたら出る所もありますが、やはり昼ご飯を食べるレストランの場合は、あまり期待しない方が良さそうです。

雪が降っていても楽しめるのか

今回筆者が行った日が、ちょうど雪が降っている日で、視界的には可もなく不可もなくという状況でした。

その中でもカップルの方たちは楽しそうに滑っていた印象です。

初心者っぽい方もいましたし、筆者が普段みかけるような感じで普通どおりのゲレンデ内といった感じでした。

寒そうな中でも、温かい恰好をすれば意外と寒さは防げますからね。

もしくは、カップルで気持ち的に熱くなっているのか!

気持ちの部分では筆者は分かりませんが、遠目で見ている感じ、普通に楽しんでいるような状態に見えました。

スキー場での防寒対策のおすすめ方法!寒い吹雪でも滑っているので紹介します!元スノーボードショップ店員だった筆者が、スキー場での防寒対策の方法をご紹介していきます。スキーやスノーボードへ行く時に大切なのが、防寒の対策です。寒いスキー場へ行く時に、どんな事に気を付けて対策をすれば良いか、参考にしてみてください。...

スキー場によってはイルミネーションやツリーがある

今回行ったガーラスキー場にはありませんでしたが、スキー場によってはイルミネーションやツリーがある所もあります。

そのような所に行けば、クリスマスの雰囲気も存分に楽しめると思います。

ちなみにですが、筆者が数年前に行った12月のスキー場にもツリーはありました。

やはりツリーがあると「クリスマスだな~」と感じます。

カップルで行けば気分も上がると思います。

クリスマスのスキー場レポートのまとめ

12月25日のクリスマスにスキー場に行ったら、結構滑りに来ている人は多かったですし、スノーボードデートしているカップルも結構いました。

家族連れやカップルの場合、クリスマスの雰囲気が味わいやすい環境が整っているので、意外と良いクリスマスが過ごせそうです。

・普段の平日より人は多め

・男性率が高い

・女性の一人やグループもいた

・家族連れもいた

・カップルもいる

こんな感じで、普段と比べると男性率が高い印象ではありましたが、普段通りといった感じがしました。

とは言っても、人が多いという部分では意外でしたけどね。

そして、カップルや家族連れがクリスマスにスキー場に行った時、こんなメリットがあるなと感じました。

・雪があるので「ホワイトクリスマス」になる

・街中などと比べると人混みがない

・いつもと違う雰囲気で楽しめる

・夜にはイルミネーションが見られる

・レンタルすれば、ほぼ手ぶらで遊びに行ける

こんな感じで、スキー場で過ごすメリットは高そうです。

もちろん、カップルの場合は相手の合意も必要だと思いますけどね。

とは言っても、都内から最短70分程度で行けるスキー場もあるので、意外とサクッと行くこともできちゃいます。

こんな理由でクリスマスに来る人も多いんだなと感じました。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。今回は「空いているだろ」なんて軽い気持ちで行ってきましたが、ナメていたことに反省です。

クリスマス効果というのは、カップルだけではないと勉強になりました。

とは言っても、ストレスを感じるような事は無かったですし、普段通り滑る事が出来たので良かったです。

そして、スキー場で過ごすカップルはやはり多いだなと感じました。

一人やグループ、家族連れやカップル、色々な人がクリスマスをスキー場で過ごしていたので、気兼ねなく楽しめそうです。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!