スキー場

正月に「ホワイトワールド尾瀬岩鞍」スキー場へ行ってきました!

今シーズンはどこも雪が降っている、降雪に恵まれた年になりましたね。このようなありがたいシーズンですが、久しぶりに正月に時間を空ける事が出来て滑りに行くことが出来ました。

行ったのは1月3日の日曜日で、スキー場は「ホワイトワールド尾瀬岩鞍」になります。

ここのスキー場に行った記憶がなかった筆者ですが、どうやら10年ぐらい前に行っていたらしく、ほぼ忘れていました。

ゲレンデのコースなども全く忘れている状態なので、初めて行く感覚でかなり楽しみにしていたスキー場です。

そんな正月に行った「ホワイトワールド尾瀬岩鞍」スキー場について、ブログで色々と書いていきたいと思います。

群馬県の「ホワイトワールド尾瀬岩鞍」スキー場へ行ってきました!

今回筆者がスキー場へ到着したのが午前8時ぐらいで、この日は正月、日曜日だったので駐車場料金に1,000円がかかりました。

駐車場内に入ってみると、すでに多くの車が停まっている状態です。

正月とは言っても1月3日ですし日曜日なので、滑りに来る人も多いですね。

スキー場へ来る途中の道も普段の平日よりかは明らかに車が多かった印象だったので、この辺りはしょうがないところかなといった感じでした。

ちなみにこの日、筆者は関越道路の「沼田インター」で降りて、そこから50分ぐらいで到着しました。

着替えを終わらせゲレンデ内のチケットカウンターに行ってみると、やはりそこにも多くのお客さんがいました。

そして、ゴンドラやリフトも並んでいる感じです。

ゴンドラに関していうと、15分ぐらいの待ち時間かなといった感じでした。

とは言っても、ゴンドラに乗る人数も少なく制限されていたので、本来ならもう少し早いのかなといった感じです。

そして、ゴンドラに乗り込み、いざゲレンデへ!

まだ時間が早めという事で、ゲレンデ内の荒れも少ないかなという印象でした。

そして滑った時に感じたのが「コース幅が広い!」。

全体的に幅が広いコースが続いていくので、すごく滑りやすかったです。

もちろん、滑りに来ている人もたくさんいるはずですが、それを感じさせない広さでした。

そして、ゴンドラ降り場からの「ミルキーウェイ」コースは、1本滑るだけでロングコースを滑る事が出来ますし、地形遊びができる「壁」がいたる所にありました。

コース幅が広い、遊べる、コースが長いと、最高のコースです!

そして次はスキー場の頂上へ行ってみようかなという事で、とりあえずリフトを乗り継いで向かっていたら、「ここはどこ?」状態。

10年ぐらい前に来たとはいえ、ほぼ初めて来たような感じなので、コースなんて覚えていない状態です。

しかも、尾瀬岩鞍スキー場が思っていたよりも広く、分かれ道も意外と多かったので、「これはどっちだ?」なんて事がありました。

広くて慣れていないスキー場の場合に筆者は時々起こりますが、この分からない感じが冒険感があって楽しいです。

尾瀬岩鞍もそれぐらい広いスキー場でした。

やっと頂上に着くと、先ほどのコース幅の広さまではいきませんが、それでも滑りやすいコース幅になっていました。

ただ、結構な急な角度のコースが多めな感じです。

また、この日は当てる事ができませんでしたが、長めの非圧雪コースもあって、好きな人にハマりやすそうなゲレンデだなと感じました。

ちなみに、頂上へ行くには「西山第2ロマンスリフト」「西山第3ロマンスリフト」を乗り継いでいくのですが、正月で日曜日のこの日でも、それぞれ5分ぐらい待てば乗れるぐらいの列でした。

そしてこの尾瀬岩鞍スキー場で楽しかったのが、頂上からゴンドラ乗り場まで一気に滑り降りるコース取り。

先ほど書いた、ゴンドラ降り場からの「ミルキーウェイ」コースも長いロングコースで楽しかったです。

それと同時に、頂上の「西山第3ロマンスリフト」から1番下の「ゴンドラ乗り場」までもなかなかのロングコースでした。

このコース取りにも、「壁」があったり、飛びやすい「地形」なんかもあるので、遊びながら滑る事が出来ます。

コース的にはこのような感じです。

「国体女子コース(西山)」→「国体女子コース(沢)」→「ロマンスコース」

このコース取りが個人的には楽しかったです。

ただ、前半戦が上級者コースなので、スピードを遅めに気を使いながら滑ったり、足の踏ん張り力が持っていかれたりしました。

ですので、ゴンドラ乗り場に到着した時、太モモにはなかなかの疲労感。

とは言っても「ミルキーウェイ」とはた違ったロングコースだったので、個人的には楽しいコース取りでした。

そして、他のコースにも行きましたが、どこもやはりコース幅が広かった印象です。

初級者コースはもちろんの事、中級者コースも全体的に広めのコース幅になっていたので滑りやすかったなと感じました。

ですので、初心者の方や子供でも安心して練習がしやすそうだなと感じました。

ただ、やはり時間が経つにつれて、初心者コースや、一部の中級者コースには人が多くなってきたかなといった感じでした。

正月で日曜日なので、この辺りはしょうがない所ですね。

そしてこの日ありがたかったのが、昼前ぐらいから晴れてきたという所!

滑り出した午前中は雲がかかって、うっすら晴れているという感じではありましたが、昼前ぐらいからしっかり晴れてくれました。

晴れたからと言っても、気温が低いせいか、ゲレンデ内の雪質がビシャビシャになる事もなく、滑りやすい雪質を保っていてくれました。

正月からありがたい恩恵です。

滑りに来ている人は多めではありましたが、それをあまり感じさせないコース幅の広さ、大きいスキー場だったので楽しく滑る事が出来ました。

また、長いロングコースを楽しむ事もできたので、かなり満足できる1日を過ごせました。

楽しかったです!

スポンサーリンク

最後に

最後までお読み頂ありがとうございました。行った記憶がなかった尾瀬岩鞍スキー場でしたが、今までなんで来る回数が無かったのかと自分で疑問に思うぐらい楽しいスキー場でした。

もしも、平日の人の少なさにプラスして、新雪が降っていたら・・・と考えるとワクワクします。

スキー場を全体的に見ても大きいですし、ロングコースあり、遊べる地形あり、幅が広い、雪が降った次の日にはパウダー。

しかもゴンドラもある。

良い事が詰まったスキー場だなと感じます。

レールやBOX、キッカー(ジャンプ台)があるスノーボードパークはありませんでしたが、フリーランメインにするならかなり満足できるスキー場でした。

またぜひ行きたいスキー場です!

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!