アクセサリー

スノボで使う撥水パーカーおすすめブランド15選!メジャーからマイナーまで!

スノーボードウェアーでは暑いシーズン初めや、シーズン終り頃に活躍するパーカー。トップシーズン中でもインナーウェアーとして使う事もできますし、更には、スノーボード以外のタウンユースでも使えるので1着持っているととても便利なアイテムです。

そんな撥水加工されたスノーボードパーカーですが、いざ探すとなるとたくさんあるので、どんな物があるのか分かりづらい所だと思います。

そこで、以前スノーボードショップでゴーグルやグローブなどのアクセサリー担当として働いていた経歴がある筆者が、スノーボードで使う撥水パーカーの選び方や、おすすめのブランドをご紹介していきます。

良かったら参考にしてみてください。

スノーボード撥水加工パーカーの選び方

はじめに、スノーボード撥水パーカーの選び方や、普通のパーカーとの違いなどをご紹介していきます。

選び方でご紹介していく順番は、次のような感じです。

このような順番でご紹介していきます。

選び方ではなく、すぐにおすすめのスノーボードパーカーを見たい場合はこちらから読み飛ばしができます。

※タップで読み飛ばしができます

・おすすめのスノーボード撥水パーカーを見る

それでは順番にご紹介していきます。

スポンサーリンク

普通のパーカーと撥水加工されたパーカーの違いは?

普通のパーカーと撥水加工されたパーカーの、スノーボードで使った時の違いをご紹介ます。

一般的なスウェットパーカーには撥水性がもちろん無いので、転んだ時やビンディング装着の座る時などに、両袖口や後ろのスソ等が濡れてしまいます。

更には、その濡れた部分に雪がくっついてしまう事があります。

実際に普通のパーカーと、スノーボードの撥水加工されたパーカーの濡れ具合の違いは、次の画像のような感じです。

【撥水加工されたスノーボードパーカー】

【普通のパーカー】

このような感じで、撥水加工されたスノーボードパーカーの方が、断然濡れづらく、快適に滑りやすくなります。

濡れてしまった部分や雪がくっついたり、凍ってしまったままにしてしまうと、その濡れた部分の生地だけが伸びてしまい、型崩れをしてしまう場合があります。

また、撥水加工パーカーは、裏地が温かい起毛生地になっている事が多いので、撥水機能だけではなく保温性もあるパーカーになります。

ですので、スキーやスノーボードをする時には撥水加工されたパーカーを着ることがオススメです。

ブランドの選び方

現在では様々なスノーボードブランドが撥水パーカーを販売しています。

もちろんスノーボードブランドも販売していますし、スノーボードとは関係無いアパレルブランドも販売しています。

正直言ってどこのブランドもしっかりと撥水機能がありますし保温性もあります。

ですので、このブランドが1番機能が良いというのは無く、好きなブランド、デザインで選ぶのが1番良い方法です。

サムホールは必要?

スノーボードで使うパーカーの袖口にたまについている、指を通すサムホール。

指を通すことでズリ上がってくるのを防止してくれる性能がありますが、サムホールが無くても問題ありません。

パーカーだけで滑っている時にズリ上がってくるというのは、ほとんどないからです。

ただし、ウェアの中に着るのをメインとしたい場合は、サムホールがあった方がズリ上がらずに着やすいので、サムホールがあるパーカーがおすすめです。

ロング丈を選ぶメリット

スノーボードで使うパーカーは、ロング丈の物がおすすめです。

どれだけ細身なスノーボードのパンツだとしても、普段着のパンツよりか太い為、それに合わせてパーカーも大きくて丈が長めに造られています。

また、ロング丈であればビンディングの操作時にも後ろがめくれづらく、雪の侵入も防ぎやすくなります。

スノーボードのパーカーでオシャレなコーディネートもしやすいのでロング丈はおすすめです。

撥水パーカーを選ぶときの注意点

スノーボードのパーカーの中には、同じブランドでも撥水性が無い物もあります。

BURTONを例に挙げますと、普段着用の通常のパーカーも販売していますし、撥水性があるパーカーも販売しています。

【BURTONの場合】

・商品名に「Weatherproof」が付く → 撥水パーカー

・商品名に「Weatherproof」が付かない → 撥水性がない

※BURTONの旧モデルの場合は「Bonded」になります。

また、この他のブランドの場合では、「BONDING」や、「DWR」などの撥水加工を意味する言葉がついています。

また、スノーボードブランドだからと言って、「撥水性がある」と思い込んでしまう事もあります。

パーカーを選ぶ際には、販売しているサイトのページに書いてある説明を、注意して読む事で防ぐ事もできますので参考にしてください。

この記事でご紹介していくパーカーは、すべて撥水性があるパーカーになります。

スノーボードでパーカーだけは寒いのか?

スノーボードでパーカーだけだと寒いのか気になる人も少なくはないと思いますが、パーカーだけでは寒い時もあります。

また、撥水性がない普通のパーカーの場合ですと、生地の密度が低いので更に寒さを感じやすいです。

ですので、雪が降っている日や、風が強い日などの寒い時は、ウェアのジャケットも着る事をおすすめします。

スノーボードで使う撥水パーカーのおすすめブランド15選

ここからは、スノーボードで使えるおすすめの撥水パーカーをご紹介していきます。

ご紹介していくパーカーは全て撥水加工がされたパーカーになりますので、濡れづらい物だけになります。

また、保温性もしっかりとしている物になりますので、少し寒い時でもパーカーだけで使いやすい物をご紹介していきます。

色々なブランドがありますので、ぜひ参考にしてください。

BURTON

Crown Weatherproof Pullover Fleece
スノーボードをしている人なら知らない人はいないトップスノーボードブランドBURTON(バートン)。

表面の生地には撥水性のある素材、裏地は暖かいフリース素材なので保温性もあるプルオーバーのパーカーです。

カンガルーハンドウォーマーポケットのなかにはジップポケットを備えています。

型落ちモデルはこちらです↓

Crown Weatherproof Full-Zip Fleece

脱着が楽なジッパータイプのパーカーです。

撥水性はもちろん、裏地がフリースになっている保温性もあるジップタイプのパーカーです。

型落ちモデルはこちらです↓

DRAGON

ロゴがカッコイイ人気アイウェアーブランドのDRAGON(ドラゴン)。

撥水性があり、裏地は起毛生地になっているので保温性もあります。

袖口に指を通せる穴があるのでズリ上がり防止や雪の侵入も防いでくれます。

ELECTRIC

サングラスやゴーグルで人気があるアイウェアーブランドのELECTRIC(エレクトリック)。

裏地はフリース素材で保温性があり、袖口に指を通せる穴があるのでズリ上がり防止や雪の侵入も防いでくれます。

フロントのポケットにはジッパーが付いています。

GNARLY

人気のアパレルブランドGNARLY(ナーリー)。

撥水加工で、裏地が起毛生地なので保温性もあります。

袖口に指を通せる穴があるのでズリ上がり防止や雪の侵入も防いでくれます。

ROME

デザインの良さで人気あり、ウェアーでも評判が高いスノーボードブランドROME(ローム)。

撥水加工がされ、袖口に指を通せる穴があるのでズリ上がり防止や雪の侵入も防いでくれます。

更には、脇の下にジッパータイプのメッシュ生地が付いた機能的に使いやすいパーカーです。

HOLIDAY

アパレルでも人気があるスノーボードブランドHOLIDAY(ホリデイ)。

撥水加工され、裏地はフリース素材になっている保温性もあるパーカーです。

袖口に指を通せる穴があるのでズリ上がり防止や雪の侵入も防いでくれます。

686

デザイン性、機能性で人気があるスノーボードウェアーブランドの686。

アパレルでも人気が高く、シンプルなデザインから派手なデザインまで様々な展開があります。

撥水加工の生地に、袖口に指を通せる穴があるのでズリ上がり防止や雪の侵入も防いでくれます。

OAKLEY

世界的に人気があるアイウェアーブランドOAKLEY(オークリー)。

アイウェアーだけではなくアパレルなども人気が高いブランドで、街中でも着ている人が多いブランドです。

撥水加工に加え、裏地は起毛生地で保温性もあります。

VOLCOM

アパレルからスノーボードウェアーまで大人気のVOLCOM。

スノー、スケート、サーフと、色々なシーンで人気が高く、知らない人がいないと言っても過言ではないブランドです。

撥水加工の生地に、袖口に指を通せる穴があるのでズリ上がり防止や雪の侵入も防いでくれます。

Himass Mania

スノーボード用品専門ブランドの「Himass Mania(ハイマスマニア)」。

撥水加工に加え、丈夫な3レイヤー構造をプラスしたウェアーのようなハイスペックなパーカーです。

無地が多く、カラーバリエーションも豊富で、値段が安いのが特徴のスノーボードパーカーになります。

こちらはレビュー記事も書いたので、良かったら参考にしてください。

・「ハイマスマニアの撥水スウェットパーカー」レビューはこちら >

ハイマスマニアの撥水スウェットパーカーを徹底レビュー!サイズ感や生地感など!ハイマスマニアの撥水スウェットパーカーを買ったので、ブログでサイズ感や生地感などをレビューしていきます。スノーボードのメーカーの中では圧倒的に値段が低めなハイマスマニア。その中でもパーカーは3千円台と、他と比べてかなり違う価格帯で販売されています。...

また、「Himass Mania」には、着ている時のシルエットが大きめになる「BIG」というモデルもあります。

こちらも撥水加工がされている生地を使用しています。

namelessage

スノーボードのアパレル、アクセサリーブランドの「namelessage」。

表地と裏地の間には、防風、防水性があるフィルムが張り合わされている、耐水性、透湿性、撥水性に優れています。

袖口にはズリ上がり防止の穴、フロントのポケットには止水ジップが使用されています。

値段も比較的に安いコスパが高いスノーボードパーカーです。

ANTHEM

スノーボードウェアー、アクセサリーブランドの「ANTHEM(アンセム)」。

裏地は起毛生地で保温性があります。袖口には指を通せる穴があるのでズリ上がり防止や雪の侵入も防いでくれます。

流行りのデザインが豊富で、お気に入りを見つけやすいブランドです。

AA HARDWEAR

大人気スノーボードウェアーブランドAA HARDWEAR(ダブルエー ハードウェア)。

アパレルでも人気なスケートマガジンブランド「THRASHER」とのコラボモデルもあります。

撥水加工がされたプルオーバータイプのパーカーです。

32

スノーボードブーツブランドの32。

ブーツだけではなく、ウェアー、アパレルでも人気があるブランドです。

撥水性があるのはもちろんの事、保温性も兼ね備えています。

SULLENS

無地の撥水加工パーカーを販売しているブランドになります。

値段は安めですが、撥水加工に加え、裏地は起毛生地になっているので保温性があり、袖口に指を通せる穴があるのでズリ上がり防止や雪の侵入も防いでくれます。

カラー展開が豊富でお気に入りが見つけやすいブランドです。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。撥水パーカーはスノーボードだけではなく、行き帰りの移動中や普段着としても使う事ができるのでとても便利です。

筆者も普段着としても来ています。

ぜひお気に入りの1着を見つけてみてください。この記事で撥水パーカー選びのお役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!