ゴーグル

ELECTRICのCHARGER(チャージャー)をレビュー!着けた感じや使い心地など!

ELECTRICのゴーグル「CHARGER(チャージャー)」を実際にスキー場で使ってきました。

今回筆者は、スノーボードの試乗会でこのゴーグルを使ったのですが、見ただけの印象と違い、意外と良いゴーグルだなと感じました。

値段も1万円ぐらいと聞き、お手頃な価格なのに良いなと。

ゴーグル1つだけでも2万~3万円ぐらいが当たり前の中、性能もほどほど良くて1万円前後で購入できるのはありがいですからね。

そこで今回は、以前スノーボードショップでゴーグルやグローブなどのアクセサリー担当として働いていた経歴を持つ筆者が、ELECTRIC(エレクトリック)のCHARGER(チャージャー)をレビューしていきます。

良かったら参考にしてください。

ELECTRIC(エレクトリック)のCHARGER(チャージャー)をレビュー!

今回レビューするのはこちらです。

平面レンズを使用した、ミディアムサイズのCHARGER

はじめてみた時には、結構小さめのゴーグルだなという印象でした。

そして、手に取ってみた時に感じたのが「軽い」という事。

軽いと言っても、決して安っぽさは感じませんでしたし、軽い事で着けている時のストレス感も軽減してくれるので、この辺りは良いなと感じました。

実際に着けてみると、ジャパンフィット(アジアンフィット)によって着けた感じは良かったです。

鼻の高さが標準的な筆者ではありますが、鼻とゴーグルの間に隙間ができるという事はありませんでした。

視界の広さの感じは、とても広いという感じではありませんでしたが、滑るには十分な視界を確保してくれました。

ミディアムサイズなので、この辺りは当たり前かなといった感じです。

ただ、1点だけ気になった事が、着けている時にゴーグル両端の上部が、かすかに目に入る部分があるという事。

目に入る部分は、こちらの「通気口」になります。

すごく気になるという感じでもなく、かすかな感じではありましたが、個人的には気になりました。

ただ、本当微妙な感じで見えるぐらいになるので、全然気にならない人もいると思います。

気になる点は人によって変わってきますからね。

個人的には、微妙に気になりました。

そして、ゴーグルの上部はメッシュ生地だけではなく、フレームと同じ素材を使った、いわば「ガード」のような造りになっていました。

ここのメッシュ生地は、雪が積もった後に凍ってしまいやすいので、それを防止しやすくなっています。

また、凍るのを防ぎやすい事で、空気の流れを邪魔しないようになっているので、ゴーグル内のくもり防止にもなってくれます。

そして何より、メッシュ生地が破れづらいようになっているので、ゴーグルの長持ちにもつながるようになっていました。

意外とここのメッシュ生地は破れる事があるので、それを防止してくれるのは良い所だなと感じます。

ベルトに関していうと、バックルではなく、1本のベルトタイプになっていました。

バックルではないので、頭の上からかぶるように装着するタイプになります。

そして、ベルトの裏側にはシリコンが付いているので、ゴーグルがズレるのを防いでくれます。

シリコンが付いている事で、転んだ時にゴーグルが飛んでしまう事を、できるだけ抑えてくれる性能があります。

激しく転んでしまった場合ですと、さすがに飛んで行ってしまいますが、それでもある程度は抑えてくれます。

CHARGERを使ってみて、フィット感も良かったですし、滑るには十分な視界も確保してくれました。

スポンサーリンク

CHARGERはヘルメット対応?

「CHARGERはヘルメットに対応なのか?」という所ですが、ヘルメット対応として造られていました。

フレームから出ているベルトの感じは、このような感じです。

ヘルメットの上から着けても、ベルトの動きが邪魔しないようになっていたので、ある程度のヘルメットでしたら問題なく着けられます。

もちろん、ヘルメットの下に装着する場合でも問題なく使えます。

CHARGERのレンズ交換は簡単か?

CHARGERのレンズ交換が簡単なのか、実際に試してみました。

CHARGERは、マグネットやワンタッチでレンズが外せるタイプではありません。

ですので、「誰でも簡単に出来るか?」と聞かれると、「簡単ではない」というのが答えになります。

レンズの付き方は、フレームとレンズの凹凸を合わせて着けていく、いわば標準タイプの付き方です。

マグネットやワンタッチでしたら、誰でも簡単に出来ますが、標準タイプの場合ですと慣れが必要になってきます。

標準タイプの場合は少しコツがあるので、はじめはやりづらさを感じるかもしれません。

とは言っても、慣れてしまえば誰でも簡単に出来るようになります。

ちなみに、レンズ交換になれている筆者の場合ですと、5分以内で完了することが出来ます。

マグネットやワンタッチのように誰でも簡単に出来るという感じではありませんが、慣れてしまえばすぐに出来るようになります。

ELECTRIC「CHARGER」レビューのまとめ

ELECTRICのCHARGERを使ってみて感じたのが、フィット感の良さと、滑る分には十分な視界だなと感じました。

また、個人的にはデザインも好きな感じです。

視界に少し気になる点などはありましたが、軽量で使いやすいという所もあったので、総合的には良いかなと。

また、値段が1万円前後で買う事ができるという事を考えたら、性能的に見ても良いゴーグルだなと感じました。

高性能でなくても、ある程度の性能の良さがあるゴーグルを探している方でしたらピッタリなゴーグルだと感じます。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。CHARGERは見た目の良さで試してみましたが、デザイン的には惹きつけられる物がありました。

完全なる個人の好みですけどね。

この雰囲気があるゴーグルは今ではあまり見かけないですし、このローテク感が良いなと感じました。

とは言っても、スポンジが「ジャパンフィット」だったり、ELECTRIC独自のレンズ「ジャパンレンズ」も使われているので、性能に関しても良いゴーグルでした。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!