ゴーグル

DRAGON(ドラゴン)のゴーグル「D1」をレビュー!着けた感じや使い心地など!

DRAGON(ドラゴン)のゴーグル「D1」をスキー場で実際に使って滑ってきました。

今回筆者はスノーボード試乗会で使ってきたのですが、値段がおさえられながらもDRAGONの良さが入ったゴーグルだなと感じました。

DRAGONはデザインの良さでも評判が良いですが、「D1」に関しても同じ事が言えるなと感じます。

また、機能性的にも良かったので、これで1万円台中盤の値段はありがたいなとも感じました。

そこで今回は、以前スノーボードショップでゴーグルやグローブなどのアクセサリー担当として働いていた経歴を持つ筆者が、DRAGON(ドラゴン)の「D1」を色々とレビューしていきます。

良かったら参考にしてみてください。

DRAGON(ドラゴン)のゴーグル「D1」をレビュー!

・今回レビューするのはこちらです。

フレームがあり、平面レンズを使用したLARGE FITの「D1」

LARGE FITとなっているので、かなり大きいのかなと思っていましたが、個人的には特別大きいとは感じませんでした。

着けた感じも、すごく大きいという感じもしなかったので、大きさ的にはミディアム/ラージといった感じでした。

ゴーグルを着けた時の視界は、ものすごく広いという感じはしなかったです。

フルフレームモデルという事と、すごく大きいというモデルでもないので、この辺りは当たり前かなと感じました。

とは言っても、滑っている時に気になるような狭さではありません。

滑っていてストレスを感じない広さを確保してくれていますし、視界を邪魔するような物はなかったです。

今回使った「D1」は日本正規品なので、スポンジの造りが「JAPAN FIT」になっています。

この「JAPAN FIT」のおかげで、鼻の高さが標準的な筆者でもしっかりとフィットしてくれました。

ゴーグルを上から見てみると、標準的なメッシュ生地が使われています。

この辺りは一般的なゴーグルと変わらないかなといった感じです。

ゴーグルのベルトを見てみると、バックルタイプになっていました。

DRAGONの日本正規品は、全てのゴーグルがバックルタイプになっているので、着け外しもやりやすいようになっています。

また、ベルトの裏面にはシリコンが付いているので、滑り止めの効果もありです。

滑り止めがある事によって、転んだ時にゴーグルが飛んで行きづらいので、この辺りも助かります。

「D1」は眼鏡対応の「OTG」モデルになります。

眼鏡を着けても使えるように、内側に切り込みが入っていました。

この切り込みが入っている事で、眼鏡のテンプルが圧迫されないようになっています。

ただ、個人的な経験ですが、眼鏡をして着ける場合には、入るのかを1度確認した方が良いかなとも考えています。

眼鏡のフレーム、テンプル、レンズのサイズは、物によってバラバラです。

ですので、物によっては入らないなんて事も起こります。

確実にはいるのかを、試してみたり、購入する前にショップで確認した方が良さそうです。

DRAGONには「スーパーアンチフォグ2.0」という、曇りづらくする技術がありますが、「D1」に関してもその技術が使われています。

・「スーパーアンチフォグ2.0」とは、DRAGONが独自で開発した曇り止め技術です。

内側のレンズに特殊な加工をすることで、曇りづらいようにしています。

※詳しくはDragon公式サイトでご確認ください。

もちろん、使う本人も曇らないように工夫する必要がありますが、このコーティングがされている事で曇りの軽減をしてくれます。

ちなみに、この日使った時はくもりませんでした。

オーソドックスなデザインですが、DRAGONらしいカッコよさがあるので、合わせやすいゴーグルだなと感じます。

視界やフィット感には何も問題なかったですし、使いやすいゴーグルだなと感じました。

スポンサーリンク

「D1」はヘルメット対応か?

DARGONの「D1」はヘルメット対応になっていました。

ヘルメットの上から着けても、ベルトが邪魔にならないようになっているので、着けた時のフィット感も問題なさそうです。

ただ、ベルトがバックルタイプになっているので、ヘルメット裏にある「ベルト止めストラップ」に入らない場合があります。

それと、ベルトの長さが短めだったので、人によっては着けた時の圧迫感を感じやすい場合もあると思います。

ちなみに、筆者がヘルメット無しで着けた場合、ベルトは結構伸ばして使いました。

もしもヘルメット裏のストラップに入らなかったり、圧迫感を感じた場合は、別売りですが「延長ストラップ」も展開しています。

「延長ストラップ」とはこちらです↓

これを着けることによって、バックルやベルトの長さの問題を解決する事が出来ます。

「D1」のレンズ交換は簡単?

DRAGON「D1」のレンズ交換は簡単なのかを実際にやってみました。

D1はマグネットやワンタッチで外せるレバーは付いておらず、レンズとフレームの凹凸を合わせて交換する標準なモデルです。

ですので、「誰でも簡単にレンズ交換ができるか?」と聞かれると、「簡単ではなく、少しコツが必要」というのが答えになります。

とは言っても、標準的な凹凸を合わせて交換するモデルなので、難しいという感じでもありません。

慣れてしまえば、レンズ交換は誰でも出来るようになります。

マグネットやワンタッチレバーと比べてしまうと、少し面倒くさく感じると思いますが、コツさえ掴めばすぐにできるようになります。

DRAGONの「LUMALENS J.SILVER ION(ジャパン ルーマレンズ)」をレビュー

今回使ったDRAGONの「D1」には、「LUMALENS J.SILVER ION」というレンズが付いていたので合わせてレビューしていきます。

「LUMALENS J.SILVER ION」はジャパン ルーマレンズの中の1つになります。

ルーマレンズ

「ルーマレンズ」とは、レンズ越しで見た時に、色のコントラストを上げてくれるDRAGONが独自に開発したレンズです。

色のコントラストを上げる事で、斜面の凹凸の影などを見やすくしてくれます。

※詳しくはDragon公式サイトでご確認ください。

ジャパン ルーマレンズ

「ジャパン ルーマレンズ」とは、日本人の瞳に合わせて造られた「DRAGON」が独自で開発したレンズになります。

「ルーマレンズ」をベースに、日本人に最適な明るさと、最適な色をもつレンズです。

※詳しくはDragon公式サイトでご確認ください。

この「ジャパン ルーマレンズ」の1つが、「LUMALENS J.SILVER ION」になります。

外側からの見た目はシルバーミラーがかかっていますが、内側から見ると、薄めのピンク色のレンズが使われていました。

この日の天気は、滑りはじめから曇っていて、途中から雪が降ってきた天気でした。

このような天気の日に使ったのですが、個人的には見やすかったです。

ミラーが結構強めな印象だったので、暗めに感じそうだなと思っていました。

ただ、レンズを見た時、色味が薄めなピンク色だったという事もあって、雪が降っていても普通どおり滑る事ができました。

むしろ、少し明るめなピンクだったので、個人的には好きな感じです。

晴れた時には、シルバーのミラーが光を反射してくれそうですし、色々な天気で使いやすそうだなと感じます。

DRAGON「D1」レビューのまとめ

DRAGONの「D1」を実際に使ってみて感じたのが、デザインの良さを持ちつつ、機能性にも優れている所が良いなと感じました。

視界の広さは十分ですし、「ジャパン ルーマレンズ」の見やすさもあるので、ゴーグルとしては使いやすいです。

ただ、眼鏡をする場合には確認が必要だったり、ヘルメットの上から着ける場合に延長ストラップが必要な可能性があったりするのはデメリットかなとも感じます。

とは言っても、この使いやすいデザインと機能を持ちながら、値段が1万円台の中盤というのは、ありがたい価格帯だなとも感じます。

ゴーグルの場合、2万~3万ぐらいするのが当たり前ですからね。

使ってみて使いやすさもありましたし、デザインも良いので、使って損はない良いゴーグルだなと感じます。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。DRAGONのゴーグルは今までいくつか使った事がありましたが、やっぱりどれもデザインは良いですね。

そのデザインの良さにプラスして、日本人に合いやすいスポンジだったり、レンズだったりが組み込まれているので、使っている人が多いのも納得です。

D1に関して言えば、DRAGONの良さがありながらも価格が抑えられているので、良いゴーグルだなと感じました。

ABOUT ME
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!