スケートボード

デカトロンのスエードで安いスケシューVulca500をレビュー!品質は大丈夫か?

デカトロン(DECATHLON)のスケシュー(スケートボードシューズ)、「OXELO(オクセロ)Vulca500ローカット」を実際に買って使ってみました。

このブログを書いている現在では値段が4,999円と、ほぼ5,000円で購入できるスケシューです。

通常のスケシューの場合、1万円以上するのが当たり前と言っても過言ではないので、この値段はかなり安いなと感じました。

ただ、やはり気になってくるのが品質です。

いくら値段が安くても、すぐに破れたり壊れたりしたら、話しにはなりませんからね。

そこで、スケートボード歴が10年以上の筆者が、デカトロン(DECATHLON)のスケシュー(スケートボードシューズ)、「OXELO(オクセロ)Vulca500ローカット」をレビューしていきます。

良かったら参考にしてみてください。

デカトロン(DECATHLON)のスケシュー「OXELO(オクセロ)Vulca500ローカット」をレビュー

・今回レビューするのはこちらです。

はじめに、今回レビューするデカトロンのスケシューの詳細を載せておきます。

・モデル名:OXELO(オクセロ)Vulca500ローカット

・素材:外側60% 牛床革(カーフスキン)40% 綿
    内側100% ポリエステル(PES)
    インソール100% 天然ゴム(NR)

・バルカナイズドソール

DECATHLON公式サイト調べ

1976年に誕生したフランスのアウトドア、スポーツメーカーの「デカトロン(DECATHLON)」。

そのデカトロンが展開しているオリジナルブランド、「OXELO(オクセロ)」のスケートボードシューズ「Vulca500ローカット」。

実際に履いてスケートボードで使った時の率直な感想は「悪くない」。

オーリーはもちろんの事、フリップなどのフラットトリックも普通にできましたし、ランプでのグリップ力も問題なかったです。

そんなデカトロン「Vulca500ローカット」を使った感想の結論を先に言うと、良かった所は次のような感じです。

【Vulca500ローカットの良かった所】

・使いやすいデザイン

・スエードで安い

・耐久性は良かった

・グリップ力は問題ない

・フリップガードが付いている

・ヒモが2本付き

・品質を考えたらコスパが良い

このような所が良いなと感じました。

とはいえ、次のような所がデメリットかなとも感じます。

【Vulca500ローカットのデメリット】

・クッション性が弱め

実際に使ってみて感じたのはこのような所でした。

そんな感じのVulca500ローカットについて、次の順番でレビューしていきます。

【デカトロン「Vulca500ローカット」レビューの内容】

※タップで読み飛ばしができます

・外観

・サイズ感

・スケートボードで使ってみた

・1ヵ月使った後

・デカトロン「Vulca500ローカット」レビューのまとめ

それでは順番に、デカトロン「OXELO Vulca500ローカット」について詳しくレビューを書いていきます。

スポンサーリンク

外観

デカトロンのスケシュー「Vulca500ローカット」の素材は、スエードとキャンバスで造られていました。

スニーカーのつま先周りと、かかと周りがスエード生地。

スニーカーの中間がキャンバス生地になっています。

スケートボードのトリックをする時、オーリーなどで傷が付きやすい所はスエードといった感じです。

この辺りはスケシューとしては良いなと感じました。

また、フリップ系で削れやすい「つま先」には補強もされています。

素材はソールと同じ感じの素材で、少し硬め。

硬めでありますが、薄めな感じなので履いた時の違和感はありませんでした。

「かかと」部分に関しては、しっかりとした感じで、フニャフニャに柔らかいという事はありません。

また、こちらにも補強がされています。

足の甲と靴紐の間に入っている「シュータン」には、薄めながら柔らかめのパッドが入っていました。

スケートボードをする時にはフィット感を大切にしたいので、これに関しても良かったです。

ただ、厚めのシュータンが好みの人ですと、物足りなさを感じるかなと思います。

個人的には、あまり厚すぎる物は好みでないので、これぐらいで十分でした。

スニーカーの裏側のソールは、特に言う事はないかなといった感じでした。

他のブランドと同じようなラバーソールで、グリップ力も良さそうです。

そして、外観の最後はインソール(中敷き)になります。

取り外しができるインソールは、薄めな感じですが、少しだけクッション性がある物が使われています。

手で触ってみると、少しフニフニとした弾力を感じました。

安いスニーカーに入っているような、ペラペラな感じではなかったです。

ちなみに、靴紐は予備の物が一緒に付いてきてくれます。

この辺りはスケシューっぽいなと感じました。

デザイン的にもスッキリとした感じですし、ゴツゴツしておらず、どんな人でも使いやすいデザインだなと感じました。

デカトロンのスケシューのサイズ感

続いては、デカトロンのスケシューのサイズ感になります。

今回筆者は、幕張にあるデカトロンの店舗で買ってきたので、履き比べて自分に合う物を購入してきました。

筆者が普段使っているスケシューのサイズは「25.5cm」になります。

そして、デカトロンのスケシューは、25.5cmを購入しました。

・普段履いているスケシュー:25.5cm
・デカトロンのスケシュー:25.5cm

購入する前、26cmも履いたのですが、個人的には少し大きい感じがしました。

筆者はスケートボードをする時には、出来るだけピッタリなのが好みになりますので、大きい26cmはすぐに「無しだな」といった感じです。

ただ、25.5cmでも、普段履いている物に比べると、ちょっとだけではありますが大きめな感じもします。

とは言っても、ヒモをキツメに締めると良い感じだったので、サイズ的には25.5cmで良かったです。

実際に滑ってみると、サイズ的には何も違和感なく滑る事が出来ました。

実際に使ってみました

デカトロンのスケシューを使って、実際に滑ってみました。

まず、初めて履いた時に感じた事は、硬めだなという所です。

硬さに関しては、どこのスケシューも同じように感じる事がありますが、デカトロンのスケシューも同じ感じでした。

馴染んでくれば良い感じになってくれると思いますが、他のメーカーと同様、はじめは少し硬めな感じがしました。

そして、はじめて滑った時は、3時間ぐらい滑ったのですが、やった事は次のような感じです。

・オーリーやキックフリップなどのフラットトリック
・カーブやレール
・マニュアル台

こんな感じで、いつもどおり滑った感じです。

そして、その滑った後の状態がこちらになります。

オーリーなどをすると傷付きやすいポイントですが、擦れた感じはあるものの、破れるといった感じはなかったです。

そして次に、キックフリップなどで削れやすい先端です。

こちらも擦れはありますが、ヒドく削れたといった感じはなかったです。

ですので、耐久性に関しては、他のメーカーのスケシューと同じぐらいかなといったところでした。

ただ、3時間滑っただけなので、今後はまだ気になるところです。

もちろん、ソールに関しても、削れたという感じはありませんでした。

そして、違う日にはランプにも行って使ってみました。

ランプで滑る時にはグリップ力が重要になってきますが、実際に滑ってみても普通どおりに滑る事ができました。

足へのフィット感も違和感はなかったですし、何も問題なく滑れました。

ただ、総合的に言うと、1点だけ気になったところがあります。

それがこちらです。

・クッション性はあまり良くない

滑っていて感じたのは、足裏にくる衝撃でした。

スケートボードは常に飛んで着地をしたり、ランプでトリックを失敗したらデッキから飛び降りたりします。

そうすると、足裏に衝撃がくるのですが、それが他のメーカーのスケシューと比べると伝わりやすいかなと感じました。

特に、「かかと」。

デカトロンのスケシューに入っているインソール(中敷き)は、クッション性がある物が入っていました。

ただ、それでは足りないかなといったのが本音です。

ちなみに、他のスケシューメーカーには、このようなインソールが入っている事もあります。

デカトロンのスケシューは5,000円なので、ここまで求めるのは贅沢すぎですけどね。

インソールは薄めですが、普通のスニーカーに入っているようなペラペラという感じでもないので、多少なりは衝撃を吸収してくれていると思います。

実際に、滑る事は普通どおりできましたし、我慢できないほどもなかったです。

ただ、滑っていて「もう少し厚めか、衝撃を軽減してくれるインソールが入っていればな」と感じました。

とは言っても、5,000円という事を考えると、十分な性能をもつスケシューだなとも感じます。

1ヵ月以上つかってみました

このブログを公開後、1ヵ月以上つかってみました。

主にやっていた事は、次のような感じです。

・フラットトリック
・カーブトリック
・レールトリック
・ランプ

このような感じで、ごく一般的な使い方です。

そして、この追記する前に滑ってた日数や時間は、次のような感じです。

・週2~3日
・合計10日以上
・3時間~5時間
・平均だと4時間ぐらい

時間に関していうと、その日によって変わってきますが、平均すると4時間ぐらいかなといった感じです。

そして、これぐらい滑ってみてみての耐久性は、良い方だなと感じました。

まずは、オーリーなどで削れやすい側面ですが、穴が開くという事はありませんでした。

そろそろシューグーを塗る頃かなと感じますが、1ヵ月使っても平気でした。

そして、フリップで削れやすい「つま先」です。

削れはしましたが、まだまだいける状態でした。

また、使い始めは硬めだなと感じていましたが、使い続けていくうちに馴染んでくれて、いつの間にか硬さもなかったです。

この辺りは有名なスケシューと同じかなと感じます。

1ヵ月使ってこの状態でしたら、許容範囲かなと感じます。

最後はソール面です。

ソール面の削れも特に激しいという事もなくて、グリップ力も問題ありません。

1ヵ月使ってみた結果、スケシューとしての耐久性は問題ないなと感じました。

デカトロン「OXELO Vulca500ローカット」のレビューまとめ

デカトロンの「OXELO Vulca500ローカット」のスケシューを使ってみて感じたのが、総合的に考えて、安くて使えるスケシューだなと感じました。

フラットトリックやカーブ、レールなどでも普通どおり使う事ができましたし、ランプでも問題なく使えました。

ただ、やはり衝撃の耐性に関していえば、もう少し頑張ってくれたらなとも感じます。

とはいっても、生地の耐久性に関していえば、他のメーカーとも変わらない感じですし、フリップのガードが付いているのも良いなと感じました。

スエードを使いつつも値段が安いスケシューですし、デザイン的にも使いやすいスケシューだなと感じました。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。値段の安さから、始めは「どうなんだろう」と気になりましたが、実際にデカトロンのスケシューを使ってみたら、意外と悪くなかったです。

この品質で、この値段はアリだなと感じました。

特に気なっていた耐久性も良さそうですし、ある程度は長持ちもしてくれそうです。

衝撃耐性については、しょうがないかなと言った感じですけどね。

ただ、やはり値段を考えると、消耗しやすいスケシューとしては使いやすいなと感じました。

ABOUT ME
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!